貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 企業・経済  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本航空「破綻」

2010 - 01/21 [Thu] - 12:20

 これは第二の「国鉄問題」じゃないのか?

 日航破綻 利用客ら「官僚・政治家にも責任」「安全を」

 日本国有鉄道(以下「国鉄」)と、日本航空(以下「日航」)には以下の共通点がある。
 ・労使とも「親方日の丸体質」がどっぷりしみこんでいること
 ・複数の労働組合が乱立し、内部でいがみあっていること
 ・事業単年度では「黒字」なのに、累積赤字が積み重なった結果、動きがとれなくなったこと

 日航は旧「三公社」と同じ扱いの会社であり、政府が経営面をリードしてきた。株式上場後も、監督官庁である運輸省(現:国土交通省)から天下りを迎えるなど、政府に頼っていたことは否めない。
メディアは経営陣の見通しの甘さを非難しているが、政治家と役人も、日航破綻の原因を作ったことは、紛れもない事実だ。
 昔「我田引鉄」という言葉があった。政治家が票欲しさのために、選挙戦で
 「私が当選したら、この地に鉄道を引きます」
という「公約」を掲げていたことから出てきた言葉だ。事業経営で一番重要視されるべき「採算」を度外視した新線が全国で建設された結果、国鉄は深刻な経営難に陥った。そこに複数の労組の対立、「親方日の丸体質」と糾弾された「お上が何とかしてくれる」という甘えの体質が絡み、国鉄は「民営化」されるに至った。
 政治家達は「国鉄」で少し学習したのかと思っていたのだが、少し前まで「道路、道路」とわめき立て、そして今度は日航である。詰まるところ、政治家達は鉄道・道路・航空といった公共交通機関を「利権」に変え、役人とタッグを組んで自らの懐を肥やす手段に変えてしまった。現実を見ようとせず、採算を度外視して「おらが街にも鉄道を!道路を!空港を!」と駄々をこねてきた地方の有権者(正確には「地方ボス」)も、立派な共犯者である。
 大体、日本には「空港」の数が多すぎる。いい例が関西だ。あんな狭い地域に関空・伊丹・神戸と3つも「国際空港」がある。国内でも静岡・茨城の両空港開業問題ですったもんだした。県サイドは「需要調査はきちんと行った」としているらしいが、どこまで需要予測をやったのかなり怪しい。静岡は開港直前の測量ミスで開港時期が延期になり、茨城空港は、乗り入れが決まっているのはたった1社だけだ。茨城県民の場合、北部の住民は福島空港、南部の住民は成田か羽田を利用するから、作るだけムダだといわれてた。それでも開港を強行するのは、知事のメンツがかかっているからだろう。
 民間なら、採算がとれるかわからない新規事業に首を突っ込むことはありえない。ヘタをすれば会社は倒産するし、倒産まで至らなくても、株主代表訴訟で訴えられる。しかし、元々が「政府資本」だったこの会社は、上場後も「ピンチになれば、政府が助けてくれる」という体質を変えることができなかった。 

続きを読む »
スポンサーサイト

叩かれる社会起業家

2009 - 12/21 [Mon] - 10:30

 元IT企業経営者で、今は病児保育のNPO代表である駒崎広樹氏が、自分のブログで「東洋経済」の特集記事に言及している。先週の同誌特集はアラウンド30歳の逆襲」というタイトルで、社会を変革させる可能性のある若手経営者・社会活動家を多数紹介している。
 「稼ぐが勝ち」で一世を風靡した堀江貴文・元ライブドア社長に代表されるように、数年前まではIT業界が、社会から注目されていた。ところが同氏のスキャンダル、拡大する一方の階層格差に起因する社会情勢の悪化に伴い、若者の多くはNPO法人の経営など「社会起業家」を目指すようになった。
 しかし、この傾向について、かつてメディアで「ITベンチャーの旗手」と持ち上げられた経営者の一部からは、彼らを非難するコメントを出している。簡単に言えば
 「社会起業家が増えているというが、その前にすべきことがある」
 「もし仮に景気がよければ、社会起業家にはならず、今も外資金融やベンチャーに在籍しているはず」
 「自己の満足という点で、それ(マッキンゼー→ボランティアなキャリアの人)は長続きしない」
というのが彼らの主張である。
 私個人はというと、ボランティアの世界にビジネスの論理が入ることに抵抗を感じる人間である。NGOが会員収入以外に物品販売をすることに抵抗を感じないのに、会社、それも営利目的を標榜するNGO・NPOに胡散臭さを感じるのは「ビジネス=過酷なノルマ=常軌を逸した営業活動」というイメージが、私の頭の中に刷り込まれているからかも知れない。社員達は「社会に貢献する仕事をしている」と思っているのかも知れないし、そう思わないとこういう活動なんかできないとわかっているつもりなのだが、その活動が有意義なことをやっているのかを判断するのは、あくまでも当事者ではなく「世間」であり、世間に認知されない活動は「自己満足」に陥りがちである。
 これは「社会起業家」同様、世間に急速に広まりつつある「環境ビジネス」にも言えることである。先日の記事でも書いたのだが、先日お台場で開かれた東京エコプロダクツに出かけて、その雰囲気に違和感を持った。そりゃ、環境に関心を持つ会社が増えるのは、私も嬉しい。しかし、ブースに出展している企業の中には、パワハラや過剰なノルマを社員に強いて、会社の労働環境を悪化させたり、裁判沙汰になっている会社も複数あった。実際ブースで活動している人たちを眺めてみると、彼らの多くは派遣会社からやってきたバイト、モデル事務所からコンパニオン、それに会社のインターンといった、安くこき使える人たちを大勢見かけた。彼らの姿がなくならない限り、エコ活動をやっているから,これまでの悪行は水に流そう、目をつぶろうという雰囲気には、私は明確に異議を唱え続けるだろう。

続きを読む »

社会起業家バッシング

2009 - 12/02 [Wed] - 10:45

 元IT企業経営者で、今は病児保育のNPO代表である駒崎広樹氏が、自分のブログで「東洋経済」の特集記事に言及している。先週の同誌特集はアラウンド30歳の逆襲」というタイトルで、社会を変革させる可能性のある若手経営者・社会活動家を多数紹介している。
 「稼ぐが勝ち」で一世を風靡した堀江貴文・元ライブドア社長に代表されるように、数年前まではIT業界が、社会から注目されていた。ところが同氏のスキャンダル、拡大する一方の階層格差に起因する社会情勢の悪化に伴い、若者の多くはNPO法人の経営など「社会起業家」を目指すようになった。
 しかし、この傾向について、かつてメディアで「ITベンチャーの旗手」と持ち上げられた経営者の一部からは、彼らを非難するコメントを出している。簡単に言えば
 「社会起業家が増えているというが、その前にすべきことがある」
 「もし仮に景気がよければ、社会起業家にはならず、今も外資金融やベンチャーに在籍しているはず」
 「自己の満足という点で、それ(マッキンゼー→ボランティアなキャリアの人)は長続きしない」
というのが彼らの主張である。
 私個人はというと、ボランティアの世界にビジネスの論理が入ることに抵抗を感じる人間である。NGOが会員収入以外に物品販売をすることに抵抗を感じないのに、会社、それも営利目的を標榜するNGO・NPOに胡散臭さを感じるのは「ビジネス=過酷なノルマ=常軌を逸した営業活動」というイメージが、私の頭の中に刷り込まれているからかも知れない。社員達は「社会に貢献する仕事をしている」と思っているのかも知れないし、そう思わないとこういう活動なんかできないとわかっているつもりなのだが、その活動が有意義なことをやっているのかを判断するのは、あくまでも当事者ではなく「世間」であり、世間に認知されない活動は「自己満足」に陥りがちである。
 これは「社会起業家」同様、世間に急速に広まりつつある「環境ビジネス」にも言えることである。先日の記事でも書いたのだが、先日お台場で開かれた東京エコプロダクツに出かけて、その雰囲気に違和感を持った。そりゃ、環境に関心を持つ会社が増えるのは、私も嬉しい。しかし、ブースに出展している企業の中には、パワハラや過剰なノルマを社員に強いて、会社の労働環境を悪化させたり、裁判沙汰になっている会社も複数あった。実際ブースで活動している人たちを眺めてみると、彼らの多くは派遣会社からやってきたバイト、モデル事務所からコンパニオン、それに会社のインターンといった、安くこき使える人たちを大勢見かけた。彼らの姿がなくならない限り、エコ活動をやっているから,これまでの悪行は水に流そう、目をつぶろうという雰囲気には、私は明確に異議を唱え続けるだろう。

続きを読む »

パワハラ自殺@佐川

2009 - 07/04 [Sat] - 10:26

 この企業にとって、この程度の不祥事は氷山の一角だ。

 「自殺原因はパワハラ」佐川急便社員の遺族が労災申請へ

 佐川急便における勤務実態の過酷さについては、いろんなところで語られてきた。上司によるパワハラ、集団暴力、女子社員に対するセクハラ、強姦…それらの多くは、ことをオーバーに伝えているのだろうと思っていた。しかし、どうやらこれらの事実は本当らしい。
 5年前、わたしは某運輸業者の短期アルバイトをしていた。そこで佐川勤務経験者に出会い、彼の話を聞いたのだが、彼が話してくれた佐川の内部は、想像以上にひどいものだった。
 佐川のリーダーはこん棒を手にしていて、動きの遅いアルバイトは、リーダーに容赦なく叩かれる。時には荷物が飛んでくる。言葉での「いじめ」もひどいらしい。社員は見て見ぬふりか、積極的に「いじめ」に荷担している。
 職場環境のひどさは、アルバイターの間ではつとに有名だから、応募者はほとんどいない。会社側もそれを重々承知していて、募集広告は佐川関連の派遣会社(3社あるそうだ)の名前で掲載される。もちろん派遣先に「佐川」の文字はない。
 勤務時間は、募集広告では8時間で残業は任意と表示されているが、実際は残業を断ろうものなら「手メー、ふざけんな!」という雰囲気なのだそうだ。そのためほとんどのアルバイトは、朝9時から夜9時までの12時間労働を強制されている。社内に流れる空気がささくれ立っているため、契約期間内に逃亡するバイト・社員も多い。以前、佐川の研修施設に潜入取材した写真週刊誌の取材陣が、施設内を全裸で走り回る社員の様子を掲載したことがあった。本来だったら労働基準監督局の査察が入っても当然の事例なのだが、裏からどんな圧力がかかったのか、役所の査察が入ったという話は聞こえなかった。 

続きを読む »

コンビニ割引制限不当

2009 - 06/23 [Tue] - 10:25

 「食べ物を粗末にしちゃいけないよ」。
 経営陣は、親からそう教わらなかったのか?

 公取委:セブンイレブンに排除命令へ 見切り販売制限で 

 見切り販売:制限不当、セブンに排除命令 加盟店主「大量廃棄、胸痛んだ」

 この世には、粗末にしてはしてはいけない物がある。
 ひとつは命。
 もう一つは食べ物。
 私の高校時代のクラスメートは、よく私をいじめて楽しんでいた。
 だが、そんな彼にも尊敬すべきところがあった。
 彼は、私によく言っていた。
 「米」という文字は、お百姓さんがかける八十八の手間を経て作られている。米粒のひとつたりとも、捨ててはいけない」。
 彼の言いつけを守ったわけではないが、私は持参した弁当をペロリと食べる子供だった。
 
 食べ物について、もう一つ思い出がある。
 学生時代、マクドナルドでアルバイトをしていた。
 昼のピークが終わる度に、たくさんのハンバーガーが捨てられていた。
 パートさんの一人が
 「どうせ捨てるのなら、私にください。それができなければ、困っている人に分けてあげてください」
と店長に懇願したが、店長は困った顔をして
 「気持ちはわかるのだが、会社の規則で、それはできないんだよ」 

続きを読む »

アプレシオ破綻

2009 - 06/09 [Tue] - 10:48

 この業界にも、淘汰の波が押し寄せ始めたようだ。

 ネット複合カフェ展開の「アプレシオ」再生法申請

 4年前の秋に自分のパソコンが故障して、私はネット世界との接続手段を失った。そのため、管理していたML(メーリングリスト)やコミュニティの世話もできなくなった。同時に仕事も収入手段もなくしたので、この時期は公私ともイライラが募っていた。
 「ネットカフェ」の存在自体は、その時点から知っていた。だがその頃は手元不如意だったので、当時都内の某駅にあった「10分500円」のネットスペースで、当時管理していたML・コミュニティの認証手続きをするのが精一杯だった。
 「ネットカフェ・デビュー」を果たしたのは、翌年春のことである。運良く今の会社に拾ってもらい、安定した収入手段ができたからである。当時は1時間350円の格安ネットカフェを使っていたが、時期に別のネットカフェを見つけ、そこに常駐するようになった。理由は、最初に使っていたネットカフェは禁煙席がほとんどなく、そのため禁煙席は終日人であふれかえっていた。気管支が弱く、たばこの煙が最大の的である私にとって、ネットカフェに禁煙席があるかどうかはまさに「死活問題」だった。
 当初のうちはネットサーフィンだけが目的だったが、映画の世界に目覚めるようになると、近所のレンタルショップで映画のDVDを借り、ネットカフェで映画を見るようになった。ネットカフェを利用することが多くなり、今のBLOGを開設した。父が亡くなる以前の当ブログの記事は、すべてネットカフェから更新したものである。

続きを読む »

環境に優しく人に厳しく

2009 - 05/28 [Thu] - 13:44

 gremzを導入してから、かれこれ2ヶ月がたとうとしている。
 一時期は葉が4枚あったが、気がついたらまた3枚になっていた。
 その代わり、先週に比べて高くなっているのがわかる。
 そして、新たな芽が芽吹きそうな予感。
 
 知人のgremzは、植樹から2ヶ月後に「大人の木」になり、今は2本目を育てている。
 その人の仕事は「環境ライター」で、BLOGに掲載している記事もほとんどが環境ネタ。
 gremzは環境保護キャンペーンに賛意を示す人たちが参加しているので、環境ネタを取り上げるBLOGに貼り付けられている木が早く成長するのは当然。

 ここ最近「環境保護」を盛んに口にする企業に、私はうさんくささを感じる。
 特に、テレビCMでばんばんと「全国展開!」と叫んでいる某大手電器量販店。
 この会社は社員を安い値段でこき使っておきながら、その同じ口で「地球環境保護」を訴えている。
 「地球環境保護」を訴える前に、自社社員の労働環境を守れと突っ込みたくなる。
 だってこの会社の社長、社員にはいったん22時でタイムカードを切らせ、それ以降の残業分については一切残業代を払わないのに、自分の子供が事故死したとき「将来の社長候補だったから、その分の慰謝料を払え」と裁判を起こしたほどの強欲者。裁判所がそんなむちゃくちゃな訴えを聞き入れず、普通の損害賠償扱いしたのは当然のこと。

続きを読む »

ドライバーは次期社長

2009 - 05/23 [Sat] - 10:20

 社員は生活苦で苦しんでいるというのに、いい気なものだ。
 
 トヨタ次期社長がレース出走へ ドイツ「24時間耐久」

  豊田「次期社長」は国際C級ライセンスを保持し、これまでにも国際レースへの経験がある。本人は
 「レースでは極限状態の車の性能が分かる。音やスピード感など感性に訴える車のワクワク感も伝えられる」
と話しており、今回のレース参加も 「車を操る楽しさを世界に発信したい」気持ちからだという。大手自動車メーカーの経営最高首脳が、世界的な自動車レースで自らハンドルを握るのは珍しい。
 自動車会社の社長、しかも創業家の「御曹司」が自らハンドルを握ることで、社員の士気を高めようとする狙いはわかる。だが、今回の決断はタイミングが悪いと思う。
 まず第一に、いまトヨタが置かれている状況である。今年の決算発表で、創業期以来の赤字転落を記録した。社員もボーナスをカットを受け入れ、期間工や派遣社員は軒並み「契約切り」の憂き目にあっている。本人は今回のレース出場を、「宣伝」という仕事であり「道楽ではない」と思っているかもしれないが、社員はどう思うだろうか。
 また、豊田氏の現在の肩書きは「次期社長」である。これはトヨタの株主総会で、社長就任を承認されていないからだ。株主総会での社長就任承認前に、彼自身の身に何かあったら、周囲はどうするつもりか。

続きを読む »

改正産活法成立

2009 - 04/23 [Thu] - 10:40

 救済の対象になるのは「大企業」だけか?

 改正産業活力再生特別措置法が成立

 こちらのBLOGによれば、この法律の最大のメリットは
 ・事業再生するときに、新会社が営業許可などの許認可をそのまま継承できる
 ・新会社が不動産を引き継ぐ場合の不動産取得税などの軽減
があるそうだ。
 早速、半導体産業最大手のエルビーダメモリ、オーディオの名門・パイオニアがこの法律を使っての再建を目指しているという。
 パイオニアは日本で最初にレーザーディスク(今のDVDの元祖)やカーナビゲーションシステムを開発して脚光を浴びたものの、同業他社が仕掛けた低価格競争に苦戦を強いられ、最近は業績が伸び悩んでいた。
 エルビーダメモリも、近年は主力製品であるDRAM(記憶保持動作が必要な、随時書き込み読み出しメモリー)の価格下落による収益悪化に苦しみ、会社側は「新たな資金調達制度ができたことは歓迎」(2009年4月23日・東京新聞)としている。

続きを読む »

春闘は死語になった

2009 - 03/20 [Fri] - 10:48

 既存の労組は全部解体して、一から出直してほしい!

 クローズアップ2009:総崩れ09春闘 
 8年ぶりベア要求→世界不況が直撃
 


 春闘、ねえ…(ため息)。
 今から30年前の春闘は、もっととげとげしかったし、緊迫感や悲壮感も今とは比べ物にならなかった。
 私鉄労組はこの時期、自分たちの要求を通すためにはストも辞さずという強硬姿勢を全面的に出して、経営陣と伍していた。私が高校時代に利用していた私鉄は、労組幹部が過激派とつながっていたこともあり、他の労組が妥結しても、なか自分たちの要求を下げなかった。だからこの時期が待ち遠しくてしょうがなかった。ストがあれば、学校が「臨時休校」になるからである。今から見れば、なんとも不謹慎な考えではあった。
 その雰囲気が変わったのは、’89年に「連合」(日本労働組合総連合)が発足してからである。
 「連合」は社会党を支持する「総評(日本労働組合総評議会、官公庁が中心)」と、民社党を支持する「同盟(全日本労働総同盟、自動車産業・電力・鉄鋼・流通産業が中心)」、中立的立場の「中立労連(中立労働組合連絡会議)が合流して発足した。発足当初、メディアは「日本最大のナショナルセンター(労働組合)発足」などと書いていたが、私はこの動きを苦々しく思っていた。というのも「連合」は、活動方針に「労使協調主義」を掲げる「同盟」が主導して発足したからだ。
 「同盟」は、その活動方針に「自由にして民主的な労働組合」を掲げていたが、その実態は「自由にして民主的」とはかけ離れていたことは、労働界に詳しい方ならご存知かもしれない。この組合は会社側と一体になって、組合員の思想信条の自由を奪い、選挙のときは会社側に都合のいい人間を支援するよう、組合員に強要した。自分たちのいうことを聞かない人間は「共産主義者」のレッテルを貼り、殴る蹴るの暴力も辞さなかった。共産党は「同盟」の活動について「会社ぐるみ選挙で、労働者の思想信条の自由を奪った」とブックレットで非難していた。

続きを読む »

 | HOME |  »

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。