貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2005年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山口・萩国際大、再生法適用申請へ 

2005 - 06/21 [Tue] - 21:30

 「自分はゴルフで入ったんで」
って、キミねえ、大学は「勉強」をするところで、「ゴルフ」をするところではないだろ?

 山口・萩国際大、再生法適用申請へ 定員割れ続き経営難

 記事にもあるとおり、この大学の前身は女子短期大学。4年制大学として発足する際、山口県と萩市から、それぞれ20億円の財政援助を受けての開学だった。
 だがこの大学は、開学初年度から定員割れになるなど、絶えず経営不安の問題がついて回った。開学したときに「国際」と「情報」関係の学科を設置したのは、これらの学科を名乗れば、受験生はやってくるだろうという安直な考えがあったのは否めないだろう。
 国内の学生集めもままならず、学校側は中国人留学生をかき集めるのに夢中になるという、地方の定員割れ大学にありがちなパターンに陥ってゆく。頼みの留学生も、失跡やビザで認められていない不法アルバイトも表面化し、地元住民からも「留学生とほとんど接点がない」「ゴミの区別などルールを理解しないまま日本に来た留学生が多く、地元に愛されていない大学」などと、評判は芳しくなかった。大学側は何をトチ狂ったのか、昨年からプロゴルファーを客員教授に招聘した「ゴルフ文化コース」を設置したが、逆に受験生の間からは嘲笑を買うだけだった。

続きを読む »
スポンサーサイト

いい年こいた大の大人が

2005 - 06/18 [Sat] - 20:58

 やっていいことと悪いことの分別がつかないなんて、なんて情けない!
 
 衆院本会議「酒気帯び」で一時混乱 会期延長の採決で

 会期延長だけでも十分な顰蹙モノなのに、酒を飲んで本会議出席とはねえ……呆れた。「酔っぱらい運転」ならぬ「酔っぱらい審議」ですか?「酔っぱらい運転」で人が死んだら、犯人には「重過失致死罪」での懲役刑が待っているけど、「酔っぱらい審議」では人は死なないもんねえ。まともな選挙民は呆れ返るだろうけれど、小選挙区制度では、自分の選挙区民の御機嫌さえ損ねなければ、議席の座は安泰だからねえ。まさか「憲法改正」などの重要な会議に、泥酔状態で参加するんじゃないだろうな。

続きを読む »

えひめリポート:愛媛大・講座「平和学」 

2005 - 06/16 [Thu] - 22:52

 平和を求める声は少しずつだが、教育の分野からも動き始めている。

 えひめリポート:愛媛大・講座「平和学」 平和、戦争知りたい世代/愛媛

 先日の新聞に、平和教育の記事が掲載されていた。私が平和教育について知ったのは、つい最近のことである。そもそものきっかけは、5年前にピースボートに乗船し、その時一緒に船に乗っていた伊藤武彦・和光大学教授から「平和の文化」なる概念を知ったことだった。そこで平和というのは、いろんな分野からアプローチできるんだということに気がついた。平和運動は政治だけの専売特許ではなく、環境、南北問題からとらえられるということも知った。
 今日本各地で、平和教育の目がまかれている。アンケートでは、学生達は驚きを素直に表現し、教育・情報に高い関心をもっていることがわかる。この授業がきっかけになって、問題意識に変化が生じていることもわかる。アメリカでは、あの忌まわしき「9・11」発生時にティーンエージャーだった人間を「911ジェネレーション」と呼ぶそうだが、日本でも9・11が発せいたときに中学生だった人間を「9・11中3世代」と呼ぶ教員がいる。この世代は、大人が思う以上に平和や戦争について知りたがっている学生が多いのだそうだ。彼らが大人になったとき、その思想はどう変化するのだろうか。

 

続きを読む »

こんなことをやっているより

2005 - 06/13 [Mon] - 23:09

 もっと他にやることがあるだろう。
 
 国会延長に野党反発、衆院議運委員長の解任決議案を提出

 「小泉が『郵政民営化』に固執するのは、他の政策では何も知恵がないからだ」とゲンダイがこき下ろしていた。「三位一体の政策」、道路公団、行政改革はすべて官僚や族議員に丸投げ、外交問題は中途半端で、熱しやすく冷めやすい日本人の悪癖がモロに出た。唯一夢中になっている「郵政民営化」問題だって、実施した外国ではすべて失敗に終わっている。民営化された結果、地方の郵便局は採算割れで次々と閉鎖され、地方在住者は思わぬ不利益を被ったからだ。

続きを読む »

ここまで追いつめられて

2005 - 06/13 [Mon] - 21:41

 まだ小泉は「靖国参拝」にこだわり続けるか?

 「近隣諸国への配慮必要」 靖国問題で奥田経団連会長

 経団連の奥田会長も、従軍慰安婦や強制連行といった歴史についての認識を近隣諸国と共有すべきだとの考えを示したが、小泉は先日行われた食事会で「商売人に政治がわかるか!」と絶叫したという。この食事会は、小泉が推進している「構造改革」とやらを支持していることを表明している財界人が集まって開かれたものだそうだが、小泉の発言がきっかけで、冷え冷えとした雰囲気になったという。どうも小泉は「空気を読む」能力が欠けているようだ。
 だがその小泉は、国会で東条英機らを「A級戦犯だと思う」と答弁している。だとしたら、なぜ彼は「靖国参拝」にこだわるのか?やっぱり「田中角栄」的なものを排除したいと思っているのか?

続きを読む »

私も小泉は大嫌いだが

2005 - 06/11 [Sat] - 21:49

 いいことをやれば、素直に褒めることも重要なのではないか?
 
 クール・ビズ国会まだら

 クール・ビズとは、今年発行した「京都議定書」の精神を生かすため、政府が推進する「省エネルギー政策」の一環として、夏の間だけ「上着・ネクタイなし」で職務に就こうという運動である。
 実は似たような運動は、20年以上前にあった。’80年に起こったオイルショックがきっかけになって、日本各地に「省エネ」という言葉が広まった。当時の通産省は「省エネルック」と名付けた服装を公開し、自動車エンジンも「省エネ使用」、テレビの深夜放送も自粛する動きが広まったが、自動車エンジンをのぞき、その動きは夏の終わりと共にウヤムヤになってしまった。  
 その後は’93年、当時熱病のように日本中を蔓延した「政治改革」の声に乗って登場した羽田・新生党党首(当時)が「省エネスーツ」として、半袖スーツで該当に登場したことがあったが、世間はその姿を珍奇な目でみるだけで、そのスーツの価値を認めることはなかった。

続きを読む »

河野衆議院議長の行動は

2005 - 06/07 [Tue] - 21:19

 小泉の靖国参拝問題が、のっぴ切らないところまで来てしまったことを意味している。
 
 河野衆院議長、小泉首相に靖国参拝自粛求める

 小泉の靖国参拝に端を発する日中関係のゴタゴタは、とうとう河野洋平衆議院議長が出てくるという、異例の事態になった。三件の長が、一国の最高権力者を諫める行動に出るのは、前例がないことだが、事態はそこまで切迫しているということである。
 周囲の諫言を聞き入れず「戦没者を追悼してどこが悪い」と開き直り、就任以来、毎年のように靖国神社への参拝を繰り返してきた小泉。中国・韓国両政府は無論のこと、両国国民からも反発の声が噴き出し、中国で起こった「反日デモ」の原因にまでなったのはご承知の通り。中国サイドは、国民や国会議員が靖国に参拝するのは勝手だが、最高権力者が靖国に参拝するのは我慢ならない、と言う姿勢を長年とり続けてきた。それは、靖国神社には東条英機ら、7人のA級戦犯が祀られているからに他ならない。以前靖国神社には、首相や天皇画毎年のように参拝していた。ところが、’78年に靖国神社にA級戦犯を合祀しているのが発覚すると、歴代首相はもちろん、昭和天皇も参拝をしなくなった。首相の参拝は、’85年の中曽根と’96年の橋本の二人だけだ。

続きを読む »

小学校からブログ発信 「交流広がる」導入増加

2005 - 06/06 [Mon] - 21:11

 小学校もBlogを活用して、ネットワークを構築するところが増えてきたことは驚きに値する。

 小学校からブログ発信 「交流広がる」導入増加

 Blogの利用人口が、全国で350万人を超えたという。HPと比べて更新が簡単なBlogは、インターネット初心者にとっては、敷居が低いツールである。だが数年前までは設置が難しく、インターネットに詳しい専門家のためのツールと思われていた。
 Blogの最大の利点は、先にも書いたとおり更新の簡単さにある。HPの場合、新しい記事をアップする度に他のページを修正する必要があるが、Blogは新しい記事を更新すると、自動的にすべてのページが更新されるため、速報を流す場合には圧倒的に有利である。そのため、新しいコンテンツとしてBlogを導入する人、自分のサイトをHPからBlogに乗り替える人も増えてきた。
 Blog自体は今世紀に入ってから登場した、インターネット上のコミュニケーションツールだが、登場した頃は「知る人ぞ知る」という存在で、認知度が高まったのは2001年に発生した「9・11」以降である。その頃から初心者にもあつかえるBlogツールが登場し始めたが、Blogが急激に普及し始めたのは、Movable Type(以下MT)が登場してからである。記事についてコメントできるコメント欄、関連記事を書いたことを告知するトラックバック機能を標準で装備したMTは、インターネット上のコミュニケーションに革命を起こしたと言っても過言ではない。
 日本では2003年後半頃からBlogの認知度が高まり始め、昨年から急速に普及し始めた。サーバーインストール型のスクリプトはひと頃に比べてあつかいやすくなったとはいえ(特にインストール時)、一般人にとってはまだまだ扱いにくいところがある。また、独自スクリプトの普及が先行し、プロパイダーが提供するサービスが後発になるのは、インターネットでは極めて珍しいケースといえる。
 

続きを読む »

右翼代表の中曽根元総理ですら

2005 - 06/03 [Fri] - 21:57

 今の日中関係は「異常だ」と感じているということだ。
 
 中曽根元首相、靖国参拝取りやめ求める

 20年前、中曽根は現役総理としては最後初めて、靖国神社に公式参拝した。だが中国をはじめとするアジア諸国の反発を買い、それ以降からは靖国神社には参拝していない。靖国神社に参拝しない理由を、彼は翌年の国会本会議できちんと説明しているのに対し、小泉は国会で説明理由を求められても、逆にノラリクラリと質問をはぐらかし、誠意のかけらすら見せない。
 河野衆議院議長は「昨今の日中、日韓関係の急速な悪化は看過できない」と、議長公邸で海部、宮沢、村山、橋本、森の歴代首相5人と会談をもった。河野議長はそこで「日中関係の悪化の原因の一つに首相の靖国参拝がある」ことを明らかにし、歴代首相もその意見に同意した。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。