貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2005年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙っていても権力は腐る

2005 - 08/21 [Sun] - 21:35

 権力の怖さを知っている人間は、ほんの一握りである。
 
 宮城・浅野知事が4選不出馬の意向 22日に正式発表へ

 どんなに優秀な権力者でも、月日が流れるにつれて初心を失い、どんどん腐っていく。
 人間が腐っていく前に、権力からの撤退を決断した浅野知事は、それなりに称賛に値する。
 この潔さを、他の政治家達も見習うべきだ。

スポンサーサイト

御巣鷹山に集まった

2005 - 08/12 [Fri] - 19:44

 遺族の願いは天に届くか?
 
 日航機事故20年 遺族ら慰霊登山、社長「安全誓った」

 1985年8月12日、乗員・乗客520名と共に御巣鷹山頂に消えた、東京発大阪行き日航機123便。犠牲者520名は、航空史上ワースト記録である。
 原因は、ボーイング社の修理ミスが指摘されている。実はこの日航機、墜落事故を起こす7年前に伊丹空港で「しりもち事故」を起こしていた。その時の故障箇所が、大々的に当時のニュース番組でに報道されたので、その時の様子ははっきり覚えている。機体はボーイング社に送られ、故障箇所を新しく継ぎ足した。継ぎ目には支え板をあて、2列のリベットで固定したはずなのだが、左翼側の1mほどがなぜか支え板が縦に二分され、リベットは1列分しか働いていなかった。そこに余分な負荷がかかったことから、リベット穴は7年が係で拾う亀裂を広げ、当日飛行中に亀裂破断を起こしてしまう。噴流が尾翼内の操舵油圧パイプを破壊し、機体は操縦機能を失ってしまう。機長は32分にわたって操縦を続けたのだが、18時56分に御巣鷹山尾根に墜落した。
 捜査に当たった群馬県警は、事故の原因をボーイング社の修理ミスと断定し、ボーイング社に事情聴取を再三試みた(ように記憶している)。だがボーイング社は群馬県警の調べに対し「ボーイング社の修理は完璧である」という返事を書類で提出しただけで、詳しい調査を拒んだ。そのため、真相は今もアイマイのままである。アメリカでは飛行機事故が起こった場合、罪を問わない限りに徹底的に原因追及を求められるのだという。原因追及が中途半端に終わったのは、飛行機事故に対する日米国民の考え方の違いが指摘された。

続きを読む »

指導力不足教員、最多の566人 文科省調査

2005 - 08/09 [Tue] - 21:25

 この教員にして、この政治家ありといったところか。

 
 指導力不足教員、最多の566人 文科省調査

 しかしまあ、よくもこれだけデキの悪い先生がいるなんて驚きだ。ここまで来ると絶句である。そうだ、高校の入試問題で合格点に達しなかったという、アホみたいな教師が大阪にいたな。その教師、免職になったけれど。わいせつ行為は問題外だが、授業だの子供と上手く接するだなんて、最低限教師に必要な資質じゃなかったっけ?私が高校時代の蛍雪時代(イヤ、学研「高2コース」だったかな?) の付録には教員に必要な資質について「わがままな人はやめた方がいい」と書いてあった。指導力不足と認定された教員は、やっぱりどこか性格的に欠陥があったからだろう。そうすると、採用面接でどこを見たの?と突っ込みを入れたくなるのだが。
 「日の丸・君が代」に対する忠誠にこだわりすぎるからだ。
 

続きを読む »

サイは投げられた

2005 - 08/08 [Mon] - 21:09

 さてさて、面白い展開になってきた。

 反対125、賛成108 反小泉感情、解散回避上回る

 小泉(とその一部側近グループ)「だけ」が他の重要法案をほっぽり出して、連日法案通過のためにシャカリキになってきた「郵政関連法案」。 衆議院では可決したものの、青票(反対票)との間はわずか5票差。執行部は危機感を持ち、反対派は気勢が上がった。反対派のボルテージは、当初「郵政反対」を掲げながら、執行部の説得(という名の「圧力」)と自分の信念、さらに所属派閥の板挟みに苦しんで自殺した国会議員が出たことで、ますます上がることに。執行部はあの手この手の手段で参議院議員への懐柔工作を続けたが、亀井派の有力幹部にして中曽根康弘・元総理を父に持つ中曽根弘文議員が「郵政反対」を明示したことで、ほぼ大勢が決まった。
 そして今日13時から開かれた、参議院本会議。賛成・反対派の最終討論の間も、議場内はヤジと怒号がひっきりなしに飛び交った。そして投票。賛成票(白票)は108票に対し、反対票(青票)は125票。予想以上の大差で否決された。法案の採決が衆議院と参議院でわれた場合は、本来なら両院協議会を開き、法案の扱いを審議する。協議会での審議が決裂した場合、衆議院が改めて法案を可決するか(数字のレベルが上がるが、具体的な数字は失念)、ある程度の時間が経過すれば、法案は衆議院の議決でもって承認される。だが小泉は参議院での多数派工作が難航すると「郵政法案への反対票は、倒閣運動と見なす」「郵政法案が否決したら、衆議院を解散する」などと、ことあるごとに反対派を挑発してきた。反対派はますます態度を硬化させ、今日の議決結果へとつながった。
 

続きを読む »

一議員の自殺は

2005 - 08/03 [Wed] - 21:45

 政局に影響を与えるのか?
 
 森前首相「郵政解散は軽率」 派閥会長を辞任の意向

 自殺した議員は、農林水産省の官僚から議員になった人間だが、当選までに2回落選を経験している。当選したのは、中村喜四郎の有罪が確定し、その補欠選挙でのことだった。 彼は郵政民営化には反対していたが、本会議では賛成投票をしている。彼に対するプレッシャーはものすごかったらしく、最後には後任を外すとまで言われたらしい。選挙基盤が脆弱だったその議員は、派閥をとるか党をとるかで迷ったあげく、自ら死を選んだ。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。