貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2008年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過払い金を奪回せよ!

2008 - 11/29 [Sat] - 12:45

 私は10年近く前、サラ金から借金をした。
 それまで使っていたパソコンが故障してしまい、代わりのパソコンを購入する必要があったからだが、当時の私は「派遣労働者」で、通常のクレジット契約を結ぶのが極めて困難な状況だった。そのため、泣く泣くサラ金を利用したのである。
 その後「つなぎ融資」のために与信額を増大したため、今ではその返済のために汲々とした状態になってしまっている。
 「週刊プレイボーイ(以下WPB)・12月1日号」に「過払い金を取り戻せ」というタイトルの記事が掲載されていたので拝見したところ、サラ金会社のあまりの傍若無人ぶりに唖然とした。 
 雨宮処凛さんが著書「生きさせろ!」で「5年以上サラ金を利用した場合、過払い金が発生することがある」と書いてあったので、自分も過去の取引履歴を会社から引き寄せた上で、過払い金を請求してみることにした。
 その際、上記WPBの記事を参考に、下記の質問をこちらで用意した。
 1.御社は以前、貸出利率変更の申し出の際「変更には所得証明と過去分の金利支払いが必要」とおっしゃいましたが、会則にはそのことがかかれておりません。根拠となる会則と規定を教えてください。

 2.御社は以前「現在は過払いの返還は、法律に基づいて実施していません」とおっしゃいましたが、どの法律の第何条に基づいているのか教えてください。

 3.キャッシング契約では「個人対御社」の契約になっていますが、個人との和解に応じられないのは、どのような規定に基づいているのか教えてください。
 
 4.過払い金の精算後は、継続的な利用はできないのでしょうか。

 たまたま今回、私が持っているサラ金屋のカードが期限切れを迎えたので、カード更新のために訪問し、そのついでに「過払い金」について尋ねるという形にした。
 そして、その結果だが…

続きを読む »
スポンサーサイト

たらたら飲んで悪い?

2008 - 11/28 [Fri] - 11:05

 この人に「ノブレス・オブリージュ」の精神を説いても無駄なようだ。

 首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言

 「ノブレス・オブリージュ」どころか、自分より劣っている人たちを見下す、とことん卑しい精神しかない人間が、そもそも最高権力者になっていることが、この国にとって最大の悲劇だろう。何しろ、小さいころから、近所の人に「坊ちゃん、お名前は?」と聞かれるたびに「貧乏人とは口をきいてはいけないと教えられている」と返答したというから、彼のスノッブ精神は筋金入りといえよう。
 この男は、先日も「医師には社会的な常識がかなり欠落している人が多い」と発言し、山崎拓元副総裁はじめ、自民党幹部からも苦言を呈されていたが、さすがに今度ばかりは、党内若手からも「総理は漢字だけでなく、国民世論も読めない」とあきれ返る声が続出している。
 

続きを読む »

厚労省叩きは異常

2008 - 11/26 [Wed] - 12:59

 税金をたくさん払っているからって威張るな!

 トヨタ奥田氏「厚労省たたきは異常。マスコミに報復も」

 この人は以前も、格差問題について(間違っていたらごめんなさい)「貧乏人の嫉妬だ」などとの賜ったことがある。「自動車残酷工場」で期間工をこき使い、社長時代に会社の売り上げが落ちても「雇用確保」を口にしながら、今では派遣工の切捨てや下請工場押し付ける過酷なノルマとコストについては口をつぐむ。
 あげくの果てが今回の発言である。
 血も涙もないとはこのことだ。

続きを読む »

タチが悪い中華民族

2008 - 11/24 [Mon] - 11:29

 私の会社には、外国人が数名在籍している。
 国籍はフィリピン、ブラジル、中国。
 フィリピン人の方は、日本人と結婚して日本に帰化。
 ブラジル人と中国人は日系の人で、中国人は「在留孤児の方」という話を聞いたことがある。
 以前は台湾、韓国人も在籍していたが、退職してしまって今はいない。
 在日コリアンの方もいるかも知れないが、名前だけではわからない。まあ「在日」とわかってどうこう言わないけどね。

 過去には、もっとたちの悪い人間がいた。
 そいつは親が帰化した人間らしいが、詳しいことはわからない。思い出すのもいやなので、どこから帰化したかどうか忘れてしまった。ただ、中華圏の人間だということだけは覚えている。
 その人間、とにかく口のきき方が横柄だった。
 態度もでかい。
 おまけに自分勝手。
 「中華」という言葉には「自分たちが世界の中心である」という意味がこめられているという噂を聞いたことがあったが、その人間の行動は、まさに「中華」を地でいくものだった。

続きを読む »

アホで馬鹿な総理

2008 - 11/22 [Sat] - 13:12

 この人の「暴言」のレベルは、かつてのブッシュ大統領を髣髴とさせる。

 『首相の言葉と思えぬ』 『気持ち理解してない』
 首相「常識欠落」発言 医師団体が反発


 その昔、自民党で幹事長として権勢を誇り、あまりに傲慢な態度から党内から「コンチクショー(金丸信元副総裁・竹下登元首相・小沢)」と影口をたたかれていた小沢一郎は、かつてこう言い放ったといわれている。
 「総理は軽くてパーがいい」と。

 それから約20年。
 われわれは、当時の総理大臣以上の「軽くてパーな」政治家を「総理大臣」として崇め奉っている人たちが存在する。
 「バカほど権力に固執する」と巷間言われるが、今の首相ほど権力欲の強い人間はいないと思う。
 権力欲以上に問題なのは、この男に知性が感じられないこと。
 今までも失言・暴言を連発し、ネット上では、麻生の「口の悪さを楽しむ」コミュニティが存在するのだが、もはやここまで来ると「口が悪い」というより「ただのバカ」である。

続きを読む »

年長フリーター固定化

2008 - 11/21 [Fri] - 12:14

 先日の厚生省元幹部を襲ったテロ事件と、この問題を結び付けて考えるのは「貧乏人の僻み」か?

 年長フリーター固定化 08年版青少年白書

 かくいう私も、白書の調査対象に入らない年齢になっているとはいえ、世間一般でいうところの「年長フリーター」の一人である。
 肩身狭いぞ~、「年長フリーター」というのは。
 いくらいっぱしの口を利いたところで、世間一般から(それも、特段金持ちではなくて「中流階級」に属している人たち)は
 「フリーターの分際で、税金も少ししか払っていないくせにえらそーに」
 だの
 「ろくな仕事もしていないくせに」
などと、好奇な目で見られる。
 冗談じゃない、こっちだって好き好んで、こんな状況に甘んじているわけではない。こんな屈辱的な状況から這い上がるべく、できることはすべてやった。それでも、悲惨な状況は変わらない。

続きを読む »

弁護士や医師と

2008 - 11/20 [Thu] - 21:45

 友達になれ、アメリカではそれが常識だ。
 その記事が掲載されたのは、20年来愛読している某夕刊紙だ。
 インターネットが普及し、特にあの忌まわしき「9・11同時多発テロ」発生以降、私はパソコン片手に今日はこの集会、明日はそちらの集会というように、興味がある集会に片っ端から顔を出し、その模様をパソコンに入力し、参加しているメーリングリスト(以下ML)に投稿しまくった。
 その結果、私の名前はネット上で展開される市民運動の世界において、多少は顔と名前が知られるようになった。旧知のNGO関係者以外に、医者や弁護士およびその卵とも交流を持つ機会が増えた。その冒頭で思い出したのが、この記事の言葉である。
 私に多少なりとも社会的な基盤があり、高度なコミュニケーション能力があったら、今みたいな惨めな生活は送っていなかっただろう。彼らと交際する動機の中に、彼らのおこぼれに少しでも預かりたい、女性だったら彼女たちの「彼氏」になり、あわよくば彼女たちの「専業主夫」になりたいという、卑しいスケベ根性があったことも事実である。実際、私がNGO活動に参加するきっかけになったのは、ある集会場で見たNGOのチラシに載っていた、女性弁護士の卵の顔写真を見たのがきっかけだった。
 しかし、世間は早々甘くなかった。

続きを読む »

NEWS23打ち切り?

2008 - 11/14 [Fri] - 22:48

 ついに「来るべき日」がやってきたということなのか?

 TBS「NEWS23」を来春打ち切り

 あくまでも一部マスコミの選考報道なので、TBSから正式に発表されたわけではない。
 日本のメディア界は深刻な「人材難」に陥っていると思う。筑紫氏が、積極的に後継者育成をしてこなかったツケが、こういう形で噴出している。
 彼の光景にだれがふさわしいのか、ちょっと思い浮かばないのが現状だ。

続きを読む »

健康診断

2008 - 11/12 [Wed] - 21:23

 職場で健康診断があった。
 わが職場では、健康診断は「義務」であって「権利」ではない。雇用者は労働者は必ず健康診断を受診させなければならず、健康診断を受診していない労働者を雇用してはならないという法律に基づくものである、というのが会社サイドの説明である。
 今年、初めて大腸検体(という名の「大便」)を提出した。今の会社に勤務して●年目で初めてである。
 なぜ大腸検体をやらなかったのかというと、答えは簡単。
 自分の大便を素手で掴みたくなかったからだ。
 昔の大腸検体は、肛門の中に容器を突っ込むだけでよかったのだが、今は自分の大便から直接検体を採取しなければならない。それも表面をなぞっただけではだめで、違う部分を何回もつかないとだめなのである。食事の時にそれを思い出しただけで、一気に食欲が減退する。それが嫌で、今まで大腸検査を避けてきたのだが、年が年なので、今回は提出することにした。
 だが今回の健康診断で、もう一つ苦痛なことがあった。
 それは……

続きを読む »

ぼったくりメーカー

2008 - 11/11 [Tue] - 16:00

 本日、我が家のテレビが「復旧」した。
 テレビのあることの、なんと心地よいことか!
 特に我が家はラジオも使えないので、テレビが見られないということは、即死活問題(特に気象情報がわからない)にかかわるのである。
 修理自体は、電気工事に通じるものだったらお茶の子さいさいという感じ。

 で、その値段を聞いて仰天した……

続きを読む »

筑紫哲也氏死去

2008 - 11/08 [Sat] - 13:02

 また一人、偉大なジャーナリストが旅立っていった…

 筑紫哲也氏死去 ニュースキャスター

 私が彼の名前を知ったのは中学生時代だが、その当時は雑誌メディアに関心がなかったこともあり、彼の「人となり」をよく知らなかった。その頃「進歩的文化人」と言われている人々は、「朝日ジャーナル(以下「朝ジャ」)」「世界」を読むのが当たり前と言われていて、彼が編集長を務める「朝ジャ」は、若者のの心をつかむ記事を連発して、ジャーナリズムの世界では有名人だった。
 私が筑紫氏の存在を意識するようになったのは、’89年10月にスタートした「筑紫哲也 NEWS 23」を見るようになってからであろう。TBSは新たなニュース番組を立ち上げるにあたり、筑紫氏にキャスター依頼をしたが、彼は朝日新聞を「円満に退社」することにこだわった。筑紫氏のニューヨーク転勤がきっかけになり、円満退社に向けた準備が整い、TBSの意向を受け入れる形で番組がスタートした。
 しかし、私がこの番組の熱心な視聴者ではなかった。名物企画「多事総論」についても「ああ、何かまた言ってるな」という感じにしか捉えず、BGM風に聞き流すことが多かった、というのが正直なところだった。

続きを読む »

論文応募は組織的?

2008 - 11/07 [Fri] - 11:49

 60数年前の亡霊が、いまだしぶとく生き残っていようとは…

 論文応募 トップの意酌み組織的?

 この田母神(たもがみ)俊雄・前航空幕僚長は、今年名古屋高裁で「自衛隊のイラク派遣は違憲である」というという判決が下されたとき、記者会見で「そんなの関係ねぇ」と発言して、顰蹙を買った人間である。自衛隊の仲間をかばっての発言だと思っていたら、いまだにこのような歴史認識の人間が政府、それも自衛隊トップとしてふんぞり返っていたことは、旧日本軍のゆがんだ歴史認識が、今も強く残っていることを示している。

続きを読む »

BLOG復活

2008 - 11/05 [Wed] - 20:17

 というわけで、今日からまたBLOG記事を更新していく。
 半月以上更新していなかったのは、ずっと病気で臥せっていたからである。
 
 以前から気になっていた、肩のこぶ。
 これが破裂し、化膿し、熱が出て仕事や、日常生活に差しさわりが出たのである。
 熱が出たとき、風邪を引いたのだと思っていた。医師にその旨伝えたが、点滴をしただけ。
 ところがシャワーを浴びてとこについた翌日、再び高熱に襲われたのである…
  
 

続きを読む »

小室哲哉容疑者を逮捕

2008 - 11/05 [Wed] - 12:48

 「驕れる者は久しからず」という格言は、現在も生きていた。
 
 小室哲哉容疑者を逮捕 著作権絡み5億円詐取 借金穴埋めか

 類まれなるセンスを駆使し、TMネットワーク(以下TMN)の中心人物として、’80年代後半~’90年代前半の音楽シーンをリーとしてきた小室哲哉。安室奈美恵、TRF、GLOBE、元「愛人」だった華原朋美らプロデュースするアーティストは軒並みヒットチャートの常連となり、一時期は彼が手がけたミュージシャンがチャートの上位5位を占めたり、レコード大賞を4年連続で受賞するという「快挙」を達成したこともあった。
 私が彼の名を知ったのは、今はなき貸しCDレンタルショップ「友&愛」でTMネットワークのCDを借りたことがきっかけだった。そのサウンドを耳にして「ダンサブルでおしゃれなエレクトロ・ポップ音楽」という印象を持った。実際ほどなくして、彼の音楽は、クラブ音楽シーンを席巻するようになる。
 小さい頃にYMOサウンドに慣れ親しんだ私にとって、彼の音楽は抵抗なく理解できた。当時の彼らのサウンドを「テクノ音楽の新たなる進化」と思った人も多いに違いない。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。