貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2009年03月13日  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養護学校の教育は正しい

2009 - 03/13 [Fri] - 16:40

 事情を知らない人間の「現場介入」ほどたちの悪いものはない。

 都議介入『不当な支配』 性教育授業
 七生養護学校訴訟 地裁が賠償命令


 七生(ななお)養護学校(東京都日野市)で行われていた「性教育」授業が、東京都教育委員会及び都議3人の行動は「現場への不当な介入だ」とした東京地裁の判決は、きわめてまっとうなものだと思う。
 事の発端は、6年前同校を視察した都議3人(ちなみにこの3人は、都議会きっての「極右派」としてつとに有名である)が教員に
 「こういう教材を使うのは、おかしいとは思わないのか」
と発言し、その年の7月に産経新聞が紙面で「過激性教育」などと報じたこと。この性教育に対し都の教育委員会は
 「学習指導要領を踏まえない不適切な性教育をした」と言う理由で教員を厳重注意処分とした。その後、この「性教育」に関わっていた教員は全員配置転換させられ、同校では現在「性教育」は行われていないという。
 この学校で「性教育」が実施されるようになったのは、1990年代後半、この学校に通っていた生徒同士が、学校内でセックスをしていたのが見つかったのがきっかけだったそうだ。さらにその後の学校側の調査で、当事者の一人が校内で、複数の生徒と男女関係を持っていたことが明らかになった。その事実を知って震撼した教員たちが、障害者にもわかるように教材やカリキュラムを工夫し、独特の性教育を行っていた。その内容が昨日の「NEWS23」で放映されていたが、私には
 「これのどこがわいせつなの?」
としか思えなかった。

続きを読む »
スポンサーサイト

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。