貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2009年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーデー中央大会’09

2009 - 04/30 [Thu] - 22:58

 さんざん「非正規社員」をいじめておきながら「連帯」を叫ぶ「連合」会長。
 これを「欺瞞」と言わずして、何を欺瞞という?

 連合会長「正規も非正規も連帯を」 メーデー中央大会

 昨日のメーデー中央大会(ただし「連合」系組合のみ)は、主催者側発表で36,000人が集まった。
 「メーデー」は本来、労働者の祭典として5月1日に開催され、外国では休日になっている。この日が休日・祝日になっていないのは、主要国では日本くらいらしい。そのため近年では、5月に一番近い祝日である「みどりの日」にメーデーを開催している。平日だと、労働者の動員が期待できないからだ。
 会場には「連合」が支援する民主党の小沢一郎代表や、政府代表として舛添要一厚生労働相も出席したが、この2人の発言内容は報道されていない。
 会場には「年越し派遣村」村長の湯浅誠氏も挨拶に訪れ
 「派遣村が示したのは、日本や世界のかたちがこれでいいのかということ。労組が労働者や市民と共にあるのかが問われている」
と訴えた。
 しかし、いくら労組の幹部が「連帯」を訴え、活動家が「このままでは『正社員』もつぶれる」とわめいたところで「正社員」と「非正規社員」との間に連帯感が生まれるかどうかははなはだ疑問だ。このことは、当BLOGの「職場」カテゴリに書かれた記事を読んでいただければわかると思う。

続きを読む »
スポンサーサイト

清水由貴子自殺

2009 - 04/29 [Wed] - 17:15

 死んでから「SOS出してほしかった」といわれても…

 「自殺」清水由貴子が発したSOS 日本社会に届くか

 清水由貴子が芸能界を引退したのは2年前。
 「芸能活動をしながら、老いた母親の看護はできない」
というのが、引退の理由だった。
 彼女の母親は、長年糖尿病を患っていた。近年はその合併症で失明し、昨年は自宅で転倒したの原因で自力歩行が困難になり、福祉事務所から「要介護5」の認定を受けていたという。住んでいる自治体の介護サービスを受け、最近は自宅でケアマネージャーを交え、今後の介護プランを相談していたという。
 とはいえ、家に引きこもって一日中「介護」をしても、先立つものがなくてはならない。芸能界引退後の彼女は、俗にいう「ハケン」で生計を立てていたそうだが、死の直前にはその仕事を辞めていた。
 「介護疲れで心中」というニュースが飛び込んでくる度、関係者や識者はしたり声で
 「相談してほしかった」
と口々に言う。だが死ぬ側にしてみれば
 「あんたらなんか、私らの苦労は何もわからないのによく言うわ」
というのが本音である。
 

続きを読む »

足元を見ない会社

2009 - 04/26 [Sun] - 18:18

 先週末は、私の会社の給料日だった。
 明細書と一緒に、社内報も渡されるのだが、今月の社内報には、私の会社のとある地区の事業所が、不景気のために撤退すると書いてあった。
 理由として、主要取引先の事業がその地方で苦戦を続けており、先方が提示する条件では、私の会社では採算がとれないため、今後は取引先が、自力で事業を進めた方が採算がとれると判断した旨の文章が掲載されていた。
 私自身、うちの会社がそこから撤退することは、以前から知っていた。撤退理由として、我々の会社の事業所がミスを連発したため、怒った取引先が
 「これじゃ、自分たちがやった方がいい」
といいだしたからと聞かされていたからだ。
 おそらく我々の仲間が、その地区でミスを連発して、取引先の信頼を失ったために撤退を余儀なくされた、というのが本当のところだろう。

続きを読む »

BLOG開設1周年

2009 - 04/25 [Sat] - 10:30

 本日、このBLOGのを設してから一周年を迎えた。
 BLOGというものを知り、使い始めたのは’04年頃だったと思う。
 周囲と同様、情報告知にはHPを使っていたのだが、更新の手軽さもあり、次第にBLOGの利用頻度が増えていった。
 今使っているメインシステムは6番目であり、これまで使っていたシステム遍歴は以下の通りである
 JUGEM(2004年3月の数日間だけ)
 MT(2004年3月~8月頃) ※バージョンアップに失敗し、過去ログごと廃棄
 ameba(2004年9月~12月)
 ゆびとま(2005年1月~3月)
 MT(2004年3月~10月) ※2004年とは違うサーバーを利用。
 FC2(2008年4月~)
 ※以上とは別に、サブBLOGとして「はてな」「北国tv」「Janjan-blog」を使っていた時代があった。 
 
 私がBLOGデビューしたのは、BLOGツールとしてMTが全盛を迎えていた時代である。
 「MTを利用した記事は、検索エンジンで上位になりやすい」
という傾向もあり、私も読者ほしさでMTを使っていた。だが、そのMTもひと頃の勢いはないようだ。MTの新バージョンが登場したときにライセンス問題が原因でと聞くが、詳しいことはわからない。その是非を巡って利用者同士で論争が巻き起こり、嫌気がさしたユーザーは他のBLOGに乗り換えてしまったと、風の便りに聞いた。

続きを読む »

ATOK2009導入

2009 - 04/24 [Fri] - 14:56

 昨日から、ATOK2009を導入した。
 私のパソコンの文字入力ソフトは「IME-2003」だが、日本語変換能力は、ATOKに比べると格段に落ちる。ATOKの製造元・ジャストシステムの勢いがあった頃、IMEの日本語変換能力を茶化す内容のテレビCMが流れたほどだ。
 実は、10年以上前からパソコンを使って以来、文章作成にはほとんど「一太郎&ATOK」コンビを使っている。学校で初めて使ったワープロソフトが「一太郎」だったこともあるが、ATOKの日本語変換能力がすばらしいからでもある。
 しかし4年前にパソコンが故障してからは、ネットにつなげない日々が続いた。
 ネットカフェの存在を認知するのも世間から遅れ、インターネットでBLOGを更新していたときも、ネットカフェのパソコンの日本語変換能力の悪さに苦労した。
 高騰するネットカフェ代より少しはましだろうと、イーモバイル導入を条件に購入した100円パソコンにも、ATOKはインストールされていない。インストールしたくても、私のパソコンにはCD-ROMがない。せめてATOKをダウンロードできればいいなあと思ってネットを検索したら、やってきたんですね…ATOKが。

続きを読む »

改正産活法成立

2009 - 04/23 [Thu] - 10:40

 救済の対象になるのは「大企業」だけか?

 改正産業活力再生特別措置法が成立

 こちらのBLOGによれば、この法律の最大のメリットは
 ・事業再生するときに、新会社が営業許可などの許認可をそのまま継承できる
 ・新会社が不動産を引き継ぐ場合の不動産取得税などの軽減
があるそうだ。
 早速、半導体産業最大手のエルビーダメモリ、オーディオの名門・パイオニアがこの法律を使っての再建を目指しているという。
 パイオニアは日本で最初にレーザーディスク(今のDVDの元祖)やカーナビゲーションシステムを開発して脚光を浴びたものの、同業他社が仕掛けた低価格競争に苦戦を強いられ、最近は業績が伸び悩んでいた。
 エルビーダメモリも、近年は主力製品であるDRAM(記憶保持動作が必要な、随時書き込み読み出しメモリー)の価格下落による収益悪化に苦しみ、会社側は「新たな資金調達制度ができたことは歓迎」(2009年4月23日・東京新聞)としている。

続きを読む »

「理念」と「行動」の乖離

2009 - 04/21 [Tue] - 18:28

 知人のメールは続く。
 私のBLOGを読んで、彼女はチャップリンの映画「モダン・タイムズ」を思い出したそうだ。
 残念ながら、私はこの映画をまだ見ていない。
 この映画は、資本主義という制御不能な巨大歯車に飲み込まれていくシーンで終わるそうだ。
 彼女はその映画の中に「人間性の回復」を訴え、社会と決別して新天地へ旅立っていく主人公の姿を見る。
 機械は生産性の向上に貢献したが、同時に人間性の劣化を招いた。
 人間性の劣化を防ぐのは労働組合の役割のはずだが、今の労組が本来のつとめを果たしているとはとても言い難い。
 労働運動が抱える最大の問題点。
 それは「理念」と「行動」が、どうしようもなく乖離していることだ。

続きを読む »

生活苦が壊した友情

2009 - 04/20 [Mon] - 21:09

 あるMLで、こんなやりとりがあったのでご紹介する。
 九州のある地方都市在住の知人が、雨宮処凛の講演会を開いた。
 講演自体は盛況で、当初予定されていた質問を割愛するくらいに盛り上がった。
 雨宮女史は講演の中で
 「貧困においこめば、自衛隊は魅力的な就職先になる(中略)。戦争を起こしたい財界や政府によって意図的に格差がつくられるのだ」
と語ったが、私もこの意見に同感。
 以前
「反戦運動は食えるやつがやることだ」
と話した人の記事を読んだが、海外のように、日本で反戦運動やNGO活動が盛り上がらないのは、食える国民が増えて、お上にたてつく輩が増えないように、意図的に政財官学の「知的エリート層」が、格差とその拡大を容認しているんじゃないかと勘ぐりたくなる。
 ところが、この講演会にいちゃもんをつける人間がいた。

続きを読む »

安心社会実現会議

2009 - 04/18 [Sat] - 10:56

 誰のための「安心」?
 自分たちで「安心」をぶっ壊しておいて「安心社会実現」とは笑わせる。

 「安心社会」へ有識者会議新設 政府、中長期方針を策定へ

 今、日本のあちこちで「安心」という概念が、音を立てて崩れている。
 治安が。外交・国防が。教育が。福祉が。医療が。平和が。そして政治が。
 麻生=与謝野からすれば、何とかしなければというわらをもすがる思いで立ち上げたのだろうが、こういう会議を立ち上げれば何とかなるという考えが浮かんだ時点で、この政権はもう終わっている。
 自分たちで「安心」の概念をぶっ壊しておきながら「安心社会を実現するための会議」を立ち上げる。
 笑うしかない。
 何しろ、今国民が一番望んでいるのは「政権交代」である。
 だが、国民の一番の希望がかなう見通しは、今のところない。
 「自分の悪口ばかり書くから新聞は読まない」というこの国の最高権力者に、下々の意見に耳を傾ける意思を感じない。

続きを読む »

世襲制限に異論続出

2009 - 04/17 [Fri] - 16:05

 どいつもこいつも、自分の利権しか考えていない。

 世襲立候補制限に異論続出 自民役員連絡会

 このテーマでBLOGを巡回していたら、こちらのBLOGに興味深いデーターが掲載されていたのでご紹介する。

・現役衆議院議員(1986年当時)
      全議員数 世襲議員数  世襲率
 自民党  302人    128人  42.1%
 社会党   89人       6人    6.7%
 民社党   26人      6人  15.4%
 公明党   56人       0人      0%
 共産党    26人      0人      0%
 その他    13人      6人  46.2%
 総合計  512人    144人  28.1%

 
 そして、現在の議員構成
 
自民党  304人    124人  42.1%
 公明党   31人       2人    6.5%
 民主党  113人      26人    6.7%
 共産党     9人      1人  11.1%
 社民党    7人      0人     0%
 その他    16人      9人  56.3%
 総合計  480人    162人  33.8%

続きを読む »

森田健作釈明会見

2009 - 04/16 [Thu] - 16:12

 現在も「オレは男だ!」と思うのなら、非を詫びて辞任したらどうだ?

 森田健作知事、告発に「OK連発」釈明会見

 記者会見での彼の表情、身振り手振りを見て、気がついたことがある。
 どこかの国の最高権力者にそっくりであるということを。
 記者の質問には軽いトークで記者の気勢をいなすなど、余裕のあるところを見せようとしていたが、質問には微妙に核心をずらして答えていた。
 自民党籍を残していたにもかかわらず、選挙ポスターで「完全無所属」を名乗っていたことについては
「ある候補は推薦を出した政党と政策をすりあわせていたが、私は自分で政策を考えたから。私の考えに賛同する人は同志。(支援者に)自民党が多かったのは事実だが、一部の民主党の方からも支援を受けた」。
 自民党支部長だった件については
 「知事選出馬表明と同時に支部の解散手続きを始めたものの、手続きが煩雑で遅れていた」。
 献金を受けた当時(2005、2006年の2年)、外国人や外国法人の持ち株比率が50%を超えていたディスカウントストア大手の「ドン・キホーテ」から受けた献金が、当時の政治資金規正法に違反するとの問題では「献金は返した」
としつつも、詳細は言葉を濁した。
 ただ「ドン・キホーテ」からの企業献金については、現在外国人・外資系企業の企業献金廃止が撤廃されたことから、こちらの訴状は却下されるという見方も出ている。
 本人が「一部の民主党の方からも支援を受けた」というのなら、なぜスパッと自民党を離脱しかなかったのか?
 本人は、落選したときのリスクを考えたのだろうが、それだったら強気な発言は慎むべきだろう。
 

続きを読む »

グリムスの枝が3本に

2009 - 04/15 [Wed] - 21:46

 「グリムズ」を導入して2週間近くが経とうとしている。
 木はまだ小さいけれど、今は枝が3本出るまでに成長した。
 単なる「BLOGパーツ」とバカにするなかれ。
 グリムスの木は、書いた記事が多かったり、環境関連の記事を書いたり、記事の中に環境関連の言葉が入っていると、成長のスピードが速くなるのだそうだ。また、記事を書かずに放ったらかしにしたままだと、枯れてしまう可能性があるという。時間の経過とともに背景の図柄も変わり、夕方になれば背景が夕暮れの景色になり、夜になったら星がきらめくなど、なかなか凝った作りである。場合によっては、思わぬサプライズもあるという。
 そういえば、ここ最近非常に暑い。
 昼は日差しが強烈だし、夜は蚊が部屋の中を飛んでいる。
 おいおい、まだ4月だぞ。
 去年に比べたら、気温が上がるスピードが速くないか?確かに、平安時代は4月は「夏」になっているけどね。
 地球温暖化の影響を感じるのは、そんなときだ。

続きを読む »

生まれて初めての手術

2009 - 04/14 [Tue] - 19:41

 先日、生まれて初めて「体にメスを入れる」という体験をした。
 長年、私を苦しめてきた膿瘍を除去するために。
 
 こいの症状が出たのは、20年くらい前だろうか。
 体のある部分に膿瘍ができ、膿が出てきた。
 近所の医師の診断は「不完全痔瘻(じろう)」。
 しばらくその医者に通ったが、薬を塗ったガーゼを傷につけるというだけの治療。
 医者の治療法に納得がいかず、いつのまにか治療を中断した。
 傷から膿が出る度に市販薬を塗り、しばらくすると症状が治まるということを繰り返す。
 家族からは「医者に診てもらえ」といわれたが、医療ミスが怖くてそのままにしておいた。
 私の地元に、肛門科がなかったことも、医者に行かなかった理由の一つ。
 父の件が一段落つき、思い切って隣町にある大病院を受診した。
 下された病名は「痔瘻」ではなく「毛巣洞(もうそおうどう)」。
 この2つは症状がよく似ているので、痔瘻と誤診されやすいのだそうだ。
 痔瘻は肛門科だが、毛巣洞は形成外科の担当だといわれ、そちらに行ってくれといわれた。
 形成外科で受診した際、担当医から入院した方がいいといわれ、父の49日後に手術したいという希望を出したが、ER検査を受けた結果、入院の必要なないといわれた。

続きを読む »

ランキング復帰

2009 - 04/13 [Mon] - 16:55

 最近、当BLOGをBLOGのランキングサイトに再び登録した。
 信じられないかもしれないが、以前運営していたBLOGでは「平和」ランキング部門でトップ10入りを果たしたこともある。といっても、はるか以前の話であるが。
 ランキング復帰に伴い、当BLOG内で人気のある記事を表示するパーツも導入した。
 ちなみに、当BLOGで過去一番受けがよかったのは、こちらの記事である。

 というわけで、今後も当BLOGをよろしくお願いします。

指定休が変更になった

2009 - 04/12 [Sun] - 20:34

 今週、社員から言われたこと。
 「休みの日を変更してくれませんか?」

 前の部署にいたとき、私の休みは木・金の2連休だった。
 ところが、今いる部署の休みは、それとはまったく異なる。
 異動してきた時は、前の部署の休みでよかったのだが、今月から体制が変わり、トータルで担当人数が2人減ったため、人のやりくりができなくなったのだ。
 今の会社に入って以来、ずっと木・金休みだったので、いまさら休みの日を変えられるのは嫌だった。
 だが「人がいない」と泣きつかれ、不承不承合意せざるを得なくなったのだ。
 だが、こっちとしては納得いかない。
 今の体制になるとき、人が少なくなるのはあらかじめわかっていたはず。
 どこから人を移動させるなどして、対応できたはず。

続きを読む »

両陛下金婚式

2009 - 04/11 [Sat] - 09:43

 政治的にはいろいろあるのは承知しているが
 「平和主義者」「護憲論者」の現天皇の姿勢は、もっと評価されるべきだと思う。

両陛下、きょう結婚50年 二人三脚で“平成流皇室”

 「私の記憶は、3歳から始まります」
 天皇陛下はこの言葉で会見を切り出した。そして、自分が戦争で苦労したことを切々と語った。
 天皇・皇后両陛下の幼少時代は、日本が戦争をしていた時代と重なる。
 終戦で、疎開先からの日光から帰京した、当時12歳の陛下の目に入ったのは、空襲のために焼け野原と化した東京の姿だった。
 皇后陛下も、口に出してこそいわないが、戦火の苦しみはそれなりに味わっているはずだ。
 天皇陛下は以前の記者会見で、日本が忘れてはいけない日が4日あると述べている。
 6月21日(沖縄戦終了)
 8月 6日(広島原爆忌)
 8月 9日(長崎原爆忌)
 8月15日(終戦記念日)
 両陛下はこの日になると、犠牲者のために黙祷を捧げる。
 子供たちにも、そのように言い聞かせてきたという。
 そんな両陛下だから、即位時の記者会見で日本国憲法の精神を評価する発言をしたのは、お二人にとってはごく自然なことだった。

続きを読む »

続・定額給付金申込書

2009 - 04/09 [Thu] - 11:05

 定額給付金の申込書を改めて読み返した。そして、間違いを一つ見つけた。
 説明書には「預金通帳のコピーを添付」と明記してある。私は「通帳の表紙のコピー」と思っていたのだが、改めて読み返してみると、コピーするのは通帳の「表紙」ではなく「最初の見開き」だったのだ。
 改めて見開きをコピーして、ふと疑問が浮かんだ。
 私が記入した銀行口座通帳の見開きには、口座残高案内のフリーダイヤルと、個人番号が記入してある。
 役所が、これを悪用するのではないかという疑念がある。
 聞いてみたところで「やりません」といってくるだろうが、どうだかねえ。

続きを読む »

オーマイニュース閉鎖

2009 - 04/05 [Sun] - 13:05

 「JanJan」はおろか「日経」にもなれなかった「オーマイニュース」。
 「孫正義」ガスポーンサーになった時点で、失敗は明白だった。

 「OhmyNews」閉鎖へ 「市民参加型」ニュースサイト、2年半で幕

 先行するインターネット新聞「JanJan」に続けとばかりに、鳥越俊太郎氏を編集長に迎え、ソフトバンクをメーンスポンサーに華々しくデビューしたインターネット新聞「OhmyNews(以下オーマイ)」が、今月で撤退することになった。
 このBLOGでは2回にわたってオーマイの記事を取り上げ(「オーマイニュース敗退」、「オーマイニュース」リニューアル」)、このメディアが抱える問題点を自分なりに取り上げた(つもりである)。そして今回、危惧していたことが現実になってしまった。
 そもそもこの新聞、コンセプトからしてあいまいだった。
 「JanJan」が成功したのは、この新聞がNGO活動やNGOが主催するシンポジウムのレポートなどを積極的に掲載するなど、既存メディアとの違いを明確にしたことである。ところが「オーマイ」は、最後まで確固たるコンセプトを確立できなかった。正式オープン前から編集サイド内部で内紛が勃発し、オープン後もゴタゴタが絶えず、そのせいか広告収入も伸び悩んだ。
 だが「オーマイ」はそれでも、自分の立ち位置を模索して奮闘していたようだ。
 JanJanは「市民目線からの記事」をモットーに、NGOの記事を積極的に掲載しているが、「オーマイ」は、地方からのニュースを積極的に掲載していたそうだ。だから「オーマイ」は「地方発」のニュースに重きを置くコンセプトを前面に打ち出し、「権力を監視する」のはJanJanなど先行ネットメディアに任たほうがよかったかもしれない。


 

続きを読む »

グリムス導入

2009 - 04/04 [Sat] - 21:06

 本日「グリムス」なるものを導入した。
 何でそんなものを導入したのかというと、特に理由はない。
 ただ単に、知り合いが運営しているBLOGに貼り付けてあるのを見た。
 それだけ。

 私は基本的に「天邪鬼」なので
 「他人がやっているから」
という理由でブームに乗っかったりしない。
 自分が納得する理由がないとダメな性分なのだ。
 そしてこの「グリムス」には、それだけの理由がある。
 

続きを読む »

調子狂うなあ

2009 - 04/03 [Fri] - 13:21

 朝から、気勢をそがれることがあった。
 おかげで、調子が狂ってしまった。

 このBLOGがお世話になっているプロパイダーが、本日メンテナンスを行った。

 FC2内ネットワークのメンテナンス

 本来だったら、今回のメンテナンスは早朝15分間の予定だった。
 ところが、朝8時過ぎになってもまだ終わらない。
 私がアクセスした9時過ぎも、画面には「メンテナンス中」の文字が出ていた。
 10時過ぎになってやっとログインできたと思ったら、今度は「DB作成不能」の表示が。
 心の中の風船が
 「ぷしゅー」
と潰れるのを感じた。

続きを読む »

バカが跋扈する会社

2009 - 04/02 [Thu] - 17:24

 バカだバカだと思っていたけれど、ここまでバカだとは思っていなかった。
 当然、うちの会社の社員のことである。

 私の会社は物流業で、通信販売の商品を扱う部署に所属している。
 うちの部署の特徴は、ゴールデンウィークや学校が長期休暇になると、荷物量がピーク時より減る。
 そのため、閑散期は人件費削減で、パート社員は40分程度、決められた時間より早く帰る日が設定される。
 さらに荷物量が少ないと思われるときは、ラインをいくつか停止する。
 ラインが動かないから、仕事のないパート社員も出てくる。そういう場合は、有給休暇をとらせるなり、指定日休暇に変更するなりして、パート社員(希望者のみ)を休ませることにしている。
 ところが、昨日は出勤する社員の数を読み違え、人数が規定より足りないという失態を演じた。
 アンケートをとった時点で、必要人数と休む社員の差異がわかっているはずなのに、である。
 おかげで、久しぶりにライン業務に入ることになった。
 社員に泣きつかれたのである。
 首を立てに振ったはいいが、持病の悪化が心配になった。
 でも、まあいいや。
 頼まれるということは、それだけ私がアテにされているということでもある。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。