貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2009年10月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆくアキバ

2009 - 10/31 [Sat] - 09:45

 昨日、久々に秋葉原界隈をうろついてきた。
 私はクラシック音楽を聴くのを趣味にしている人間だが、クラシックに限らず、お目当てのCDがあると、真っ先に秋葉原に足を運ぶほどこの街が好きな人間だ。皆様もご存じの通り、この街は別名「電気街」といわれるほど、時代の最先端を行く家電製品のメッカとして知られ、’70年代~’90年代後半は、全国各地から最先端の家電を買い求める家族でごった返していた。
 しかし、’90年代末期になると客足は伸び悩んだ。コジマ、ヤマダ電機、ケーズデンキに代表される大型家電量販店が道路に面した郊外に進出すると、車を所有する家族連れは、一斉にそちらに流れてしまったからだ。秋葉原に根付き、一時期を気づいた大型店は時代の変化に対応できず、次々と消えていった。第一家電は破産し、個性的な形をしていたビルは、跡形もなく消えた。
 ラオックスは今世紀になってから経営難で苦しみ、今年から中国資本の傘下に入り、再生への道を歩んでいるが、その前途は多難である。私の地元にもラオックスがあり、かつては2階建てのビルを丸ごと使っていたのだが、売り上げ減少で賃料が払えなくなり、今は1階だけで細々と営業している。子の会社はかつて、秋葉原に本店の他、コンピューター専門店とオーディオを扱った店を扱っていたが、前者は閉店し、建物は朽ち果てる寸前の状態になっており、後者はパチンコ屋になってしまった。
 このほかにも、サトームセン、オノデンといった老舗の家電量販店も秋葉原から撤退し、パソコン専門店として一時代を築いたT-ZONEは、今は自製パソコンのための部品専門店になってしまった。新規・中古に限らずパソコン関係商品全般を扱うソフマップや九十九電機も、大手資本傘下に入って経営再建を目指す状態に陥っている。

続きを読む »
スポンサーサイト

苦境にある者の瞳は輝く

2009 - 10/29 [Thu] - 15:04

 ネット上で知り合った人間が、twitterでこんなことをつぶやいていた。
 「物質的貧困、精神的貧困 どちらにしても人間の本能が輝くチャンスなのであります」と。
 この話を聞いて、私は以前聞いたエピソードを思い出した。

 黒柳徹子が、取材でモザンビークを訪問したときのことだから、今から20年くらい前になるだろうか。 当時の現地は、長年続いた内戦が終結したばかり。
 政府軍・反政府ゲリラ双方がばらまいた地雷のために、各地で犠牲者のニュースが飛び込んできた。
 彼女は、当時の大統領に双眼鏡を送り
 「これで、地雷を見つけてください」
 といった。
 ところが、大統領は意外な言葉を返してきた。
 「いいえ、これで夢を見ましょう」

 「地雷を満足に見つけられない国の為政者が、何カッコつけてるんだ」
 そう思う人も多かろう。
 毎日のように、国内各地からは
 「地雷で足が飛んだ、手をなくした、命を落とした」という知らせが
 うんざりするくらい報道されているのだ。
 彼からすれば、その原因を作ったのは自分達であるということは重々承知している。
 人が死んだ。
 誰それが重い後遺障害が残るケガをした。
 まっとうな神経の持ち主だったら
 毎日毎日そんなニュースを聞かされていたら、本当に発狂してしまうだろう。
 最高権力者として、過酷な現実を目の当たりにしている彼にとっては
 「双眼鏡で、明るい未来を見る」時が,唯一気の休まる時間なのだ。

続きを読む »

鳩山首相所信表明演説

2009 - 10/27 [Tue] - 23:00

 さあ、これから論戦スタートだ!

 クローズアップ2009:鳩山首相、所信表明 原稿作りも「政治主導」

 政権発足から1月が経過し、ようやく国会が開会した。本当はもう少し早く開会される予定だったのだが、最大野党・自民党の新総裁が未定だったことを含め、諸々の事情が重なって昨日にずれ込んだ。国会を開いて、早く自民党政権との違いを認識したいという国民は多く、何をモタモタしているんだという印象は否めない。
 鳩山首相は今所信表明演説を「戦後行政の大掃除」を位置づけ、「国政の変革に取り組む」事を明らかにした。演説時間は52分に及び、これは過去10年間で最長時間となった。
 政権交代に伴い、所信表明演説の作成方法にも変化が見られた。自民党政権時代は、首相官邸と各省の間で、政策分野ごとに「短冊」と呼ばれるペーパーが何度も往来しながら作成されたが、鳩山政権では、野党党首時代にスピーチライターとして起用した松井・官房副長官が首相の考えを取り入れて原稿を作成し、これに鳩山首相、菅副首相、平野官房長官が手に入れて作成したものである。内容が理念優先に走ったため、具体的な政策についてはほとんど触れていないという意見が、大メディアの間からも出ている。
 だが、それがなんだというのだろう。自民党政権時代は、選挙の時だけ「国民の皆様のお役に立ちます」などと調子のいいことをいって、いざ国会が開くと、国民が望んでいない政策を次から次へと強行してきた。国民には「上から目線」で応対し、票を差し出してくれる業界団体に媚びへつらい、アメリカに平身低頭、それでいて中国・韓国などと無用の軋轢を起こし、それ以外の外国は眼中にない。それが自民党のいう「政治」であり「外交」だった。
 だから、鳩山政権では「政治」も「外交」も、その概念をがらっと変えるはずだ…と思いたいが、その前途は早くも険しくなっている。沖縄・普天間基地の問題ではアメリカの恫喝、岡田外相が「普天間は県内移設」というため、政権内は早くもダッチロールの様相を呈してきた。鳩山首相自身は現在も「県外移設」の持論を崩していないが、自分自身の意見を貫き通すのが苦手と思われる首相だけに、和平・反戦派や地元住民の間からは、早くも不安の声が上がっている。

続きを読む »

希望の訓練受けられず

2009 - 10/25 [Sun] - 10:51

 長期的視点での「人材育成」を怠ったツケ…

 失業者 介護・医療に集中 希望の訓練受けられず

 記事と似たようなケースは、私も経験している。といっても私の場合は職業訓練校の入試で落とされたのだが。
 ハローワークは自前で、職業訓練のための施設を持っている。学費は無料で、設けられているコースは、各ハローワークによって異なる。事務系だと簿記、医療事務など、工業系だとボイラー管理、溶接工などである。期間はコースによって異なるが、大体1~2年ほど。資格取得を目指しているので、カリキュラムは朝から夕方までびっしり詰まっている。
 職業訓練校の入試には、ハローワークに求職願を出している人間なら、誰でも受験できるが、競争率はコースによって異なるものの、おしなべて数字は高い。私は以前医療事務の資格取得を目指していたこともあり、都内の訓練校の医療事務コースを、地元訓練校の簿記コースを受験したが、どちらも不合格だった。
 特に後者では、屈辱的な扱いを受けた。試験は筆記と面接という構成で、筆記試験は中学程度の学科試験だが、数学のできが悪くて難儀したことをお簿終えている。屈辱的な体験は、そこでの面接試験の時におこった。
 面接試験は、受験生1名対面接官2名という形式で行われる。私の順番の時、なぜか試験官の1人はいびきをかいて、竿をこいでいた。起きていた方の試験官から、志望動機などに対する応答があり、私はそれに一生懸命答えているつもりだった。信じられないことは、次の瞬間におこった。寝ていた試験官が目を覚ますと、さっきと全く同じ質問を繰り返し、同じ答えを要求したのである。私はあっけにとられ、体中の血液が頭に逆流するのを覚えた。普通だったら、職務怠慢で糾弾されるケースであるにもかかわらず、その試験官は何事もなかったかのように振る舞った。冗談じゃない、受験生は、将来をかけて試験を受けているのだ。その大事な「儀式」に、居眠りするとは何を考えているのだろう?先に私に質問した試験官も、困惑の表情を浮かべていた…私は落とされた。結局、簿記の資格は自腹を切って取得したが、その資格を生かす機会がないまま今日に至っている。

 

続きを読む »

シモキタ初見参

2009 - 10/24 [Sat] - 23:52

 昨日、初めて「シモキタ」こと下北沢を訪れた。本当はくる予定はなかったのだが、新たに始めたボランティア先の仕事が早く終わってしまったので、時間が余ったのだ。そこは京王線沿線に事務所を構え、下北沢からも電車で5分以内にいけるので、いい機会だから、いってみようと思ったのだ。
 小劇団関係者が憧れるという「本多劇場」があることから、この街は「演劇のメッカ」という見方で捉えられがち。でも実際に街の中を歩き回ると、個性的な店が多いことに気がつく。他の街でたくさん見かける「デパート」「大規模ショッピングセンター」というものは、この街には存在しない。スーパーは2つあるが、どちらも食料品、日用雑貨を扱う店である。
 平日日中であるにもかかわらず、人の往来は激しかった。通りを行き交う人の多くは若者だった。目につくのは雑貨屋、洋服屋で、洋服屋は中古品を扱う店も目についた。値段はピンからキリまであるが、私の気に入ったデザインの服はあまり多くなかった。おそらく、今風の若者を意識した品揃えをしているからだろう。店員も、見た目は「ヤンキー」風の人たちが多かった。
 街の中を適当にぶらぶら歩いていると、知人が訪れたという「農民カフェ」を発見。ここは有機栽培の野菜を使った料理がウリだが、その分値段も高い。店員のかけ声が「いらっしゃいませ」ではなく「お帰りなさい」だったのには笑った。まるでメイドカフェである。
 もうひとつ気がついたのは、道路が複雑に入り組んでおり、ごちゃごちゃした印象を与えるということ。この街には再開発計画が持ち上がっているが、再開発で、これまでのごちゃごちゃした街というイメージを変えたいという再開発賛成派と、下北沢はごちゃごちゃしてなんぼという反対派が対立を続けている。この問題に下北沢駅の建て直し問題が絡んでいるため、両派の対立はにっちもさっちもいかない状態だ。ネット上でも論争が繰り広げられているので、実際はどうなっているのか確かめたかったのだ。

続きを読む »

日本の貧困率は最悪だ

2009 - 10/21 [Wed] - 22:56

 新政権の動きは鈍いなあ…

 主要国で最悪レベル、日本の貧困率

 昨日、長妻厚労相は「日本の貧困率」は15、7%だと発表した。
 この数字は「先進国」の中では最低だそうだ.そりゃそうだろう、今まで最低最悪の政権を支持していたのは我々国民なのだから。過去8年間、我々国民は為政者が唱える「自己責任」という概念を信じ(こまされ)、激烈な競争社会の敗者に冷たい視線を浴びせ、路上にへたり込む路上生活者に対し
「ちゃんとしないと、ああいう大人になるよ」
と子供に言い聞かせる大人達。自分はこんなに苦労した、だから子供にはあんな苦労はさせたくないという,親が子供を思う気持ちもわからなくはない。だがそんな殺伐とした感情からは、心の豊かな子供が育つとは考えにくい。「同じ階層」という名の仲間同士で結束し、自分と違った集団を排除し、仲間から外れることを極端に恐れる、現代の子供達。世間は
 「みんな違ってみんないい」
と一生懸命諭すが、同じ口で「頑張らないとホームレスになる」といっている大人がいるとしたら、「つながろう!」いっている人たちが、自分達と違う価値観の人間を排除しようとしている光景を見たならば、子供達はいったいどんな大人になるのだろうかと思うとぞっとする。
 さて「貧困」と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべるか?
 このブログを書いている私自身も、れっきとしたな「貧困者」なのだが、私が思い浮かべるイメージは
 ・家賃が払えない
 ・医療費が払えない
 ・学費が払えない
 ・食費にも事欠く
 ・服が買えない
 ・交通費や通信費が払えないから、交際範囲が狭まる
だろう。実際、自分が今置かれている状況でもあるのだ。

続きを読む »

「八ッ場」中止撤回声明

2009 - 10/20 [Tue] - 10:57

 自分のことしか考えていない知事達・・・

 ダムの必要性訴え  「八ッ場」 6知事視察
 前原国交相が「建設中止」と発表したダムは、全国で46を数える。
 平均して、47都道府県のどこかに、ダム建設中、またはダム建設を計画していたということになる。
 いっておくが、前原国交相はむやみやたらと「ダム建設中止」といっているわけではない。
 採算がとれない事業はしないといっているだけだ。
 民間では、ごくごく当たり前の論理である。

 昨日、報道ステーションで「八ッ場ダム」のことを取り上げていた。
 メディアは一様に「地元住民はダム建設に賛成している」と報道するが、昨日の報道では、反対派の声主しっかり伝えていた。ムラ社会故に社会での孤立を恐れ、今までおとなしくしていただけの話だ。
 それにしても、国土交通省の言いぐさには怒りを覚える。
 「総事業費は4,600億円を想定していますが、その範囲内で治まるかどうかはわかりません」
だと?
 民間会社で、プロジェクトチームのリーダーが、取締役の前でこのセリフを言ってごらん。
 よくてリーダー更迭、最悪の場合はチーム解散、責任者は左遷、解雇だってあり得るのだぞ。
 経営陣だって、ただでは済まない。
 採算のとれる見込みがない事業に、多額かつ長期にわたって資金投入したら、株主代表訴訟で業務上横領または背任罪で訴えられ、会社だって倒産・破産に追い込まれる。
 「事業資金」4、600億円は、もとを正せば、我々が汗水垂らして稼いだ「税金」なんだぞ、税金!
 霞ヶ関の住人(ちなみに、彼らは自分達のことを「霞ちゃん」というそうだ)はいまだに
 「国家は破綻しない」
と信じているようだが、夕張みたいに、地方自治体だって破綻するのだ。
 国が破綻しないだなんて、誰が言い切れる?

続きを読む »

TwitterとNHK

2009 - 10/18 [Sun] - 10:05

 NHKが、16・17の両日、ニュース番組でtwitterを3回にわたり特集した。twitterがテレビに登場するのは、8月に放映されたテレビ東京の「ワールドビジネスサテライト」以来である。番組の構成は、ユーザーがtwitterを使う様子を紹介しつつ、昨日の「ニュースウォッチ9」や今朝放映された経済ワイドビジョンeでは、一昨日えびすで開催されたイベントの様子を紹介していた。
 しかしその取り上げれられかたは、お世辞にも好意的な物だとはいえない。今朝放映された「ビジョンe」では、twitter創設者のスピーチが放映されていたが、このイベントに参加していたtwitter利用者は、自分のページに
 「なんでわざわざ初見の人が沢山いると思われるNHKの報道で『ツイッターは役に立たないが、楽しければいい』っていうプレゼンのスライドを抽出して表示するんだろうか」
と、露骨にNHKの報道姿勢に反発していた。図々しいことに、NHKの取材クルーは、このコメントを寄せた人間(NHKは、彼を取材して放映している)に、
 「今度遊ぼうね~」
と声をかけたそうだが、今考えると
 「オレたちが取材してやったんだから、なんかあったら付き合え!」
というニュアンスがプンプン漂ってくる。
 キャスターのまとめ方も最低で、「ニュースウォッチ9」のキャスターは、
 「自分はtwitterをやったことがないのでよくわからないが、正直どこが面白いのかよくわからない。海外のネットの世界にはウソの情報が流れているから、外ではウソが流れている。正確な情報かどうかを見極める必要がある」
と言い放ち、今朝の「ビジョンe」のキャスターも
 「こういうものでしかつながれないというのは少しさびしいですね」
というニュアンスの発言をしていたことで、twitter利用者は反発している。ネット・コミュニケーションについて、故・筑紫哲也は10年くらい前に
 「便所の落書きのようなもの」
と表現してネチズンの反発を買ったことがあったが、メディア関係者のネット・コミュニケーションツール及びネットメディアに対する見方は、今も全く変わっていないのだ。

続きを読む »

B・A・D2009

2009 - 10/15 [Thu] - 14:44

 本日10月15日は「ブログ・アクション・デー」なのだそうだ。
 これはいったい何をするのかというと、10月15日を目指して、世界中のブロガーが、一つのテーマについて記事を書くというプロジェクト。こちらのサイトによると、今年はテーマが絞れなかったらしく、日本に「なんかいいテーマはないか」と相談メールが来たそうだが、今年は「気候変動」をテーマにすることに決まったそうだ。テーマがテーマだけに、最初はどういう切り口で書いたらいいのかわからなかったのだが、自分の体験から得た範囲内で語ってみたい。

 バブル経済絶頂期だった1990年の秋、日本は異常気象に見舞われていた。
 朝はひんやりとした空気が流れ、午前中はセーターを羽織っていても、日中になるとセーターを脱ぎ、さらに長袖シャツの腕をまくらなければならないくらい気温が上昇した。当時は「地球温暖化」という言葉はまだなく、生態系の異常を伝える記事も読んだ記憶がない。このままでは「地球はヤバい」という声はぽつぽつと聞こえていたが、せいぜいエネルギーの無駄遣いをやめましょうというスローガンを聞いた程度で、環境のために行動をしているという人の話は、ほとんど聞いた記憶がない。夜になっても熱気が残り、家ではクーラーを入れていた。驚くべきことに、我が家では11月までクーラーを入れていたのだ。11月までクーラーを入れていたというのは、後にも先にもこの時だけだが、それだけ当時の気象が異常だったということだが、その年の異常気象は、地球温暖化の前兆だったのかも知れない。 

続きを読む »

激動のルーマニア’89

2009 - 10/14 [Wed] - 10:14

 9月20日に開催された、前朝日新聞記者・伊藤千尋氏のトークショー「奇聞総解」。
 最終回の今日は、日本から帰ってきてベトナムへの取材旅行、’89年におこった激動の時代のヨーロッパについて語って戴きます。

 中南米から帰ってきた時にできた雑誌がAERAだった。日本のタイムを目指したが、雑誌編集は未経験で、長い記事を書いたことがなかった。当時の編集長が好きにやろうという方針だったので、ベトナムに行ってみたい、あのベトナムがなぜアメリカに勝てたのか、北から南までインタビューしてベトナム戦争に取材したいと思ったら、企画が通ってベトナムに取材することになった。事前準備・取材活動・記事をまとめる作業に各2週間かけた。
 戦争終結で、兵隊は皆失業者になり、賠償金はアメリカからもらったわけではない。当時の軍隊は皆会社になった。部隊長が社長になった。資本主義なんか経験していない。なにを作ろうかというので相談したら、ギターを作ろうということになった。夜ギターを弾きながら「頑張ろう」と団結していたのを思い出し、ギターを作ったけど売れなかった。考えてみればそれは当たり前で、これから社会復興しようというのにギターなんか売れるわけがない。それだったら、自分達の服を縫っていたで消耗品を作ろうということでシャツを作った。売れたが国内ではあまりお金にならない。金を持っているところに売ろう、なにをやったら売ろうというので調査のために派遣し、現地を見て下した結論が「高級家具を作ろう」だった。当時のタイは好況で、ルイ14世風の家具を作ったら売れるだろうとなった。政府が復興したわけではない。自分達で自分の経済を立て直した。
 現地でも、ベトナム戦争で被害にあった家族に取材した。一生懸命答えてくれたけれど、ところどころ言葉に詰まるところがあった。それを見て、記者としての初任地である長崎のことを思い出した。
 思い出して他人にしゃべるというのは、被害者・犠牲者にとってはつらい作業だ。何度も何度も同じことを聞かれる側は、その度につらい、思い出したくない記憶を蘇らせなくてはならない。それは、聞かれる当人にとってはとてもつらいことだ。長崎の被爆者も毎年8月になると、メディア各社から原爆について同じことを聞かれる。これでは、答える方だってイヤになる。当時は、そのことに気がつかなかった。

続きを読む »

GD TOKYO10・8

2009 - 10/11 [Sun] - 10:52

 最近、環境保護運動で注目を浴びている団体に「greenz.jp」という団体がある。ぱっと見はNGOと勘違いされがちだが(私もそう思っていた)、この団体は環境NGOではなく、環境ビジネスを展開している会社が運営し、、世界中の環境問題に関する話題を紹介しているする環境メディアである。
 この団体が毎月企画・主催するイベントに「Greencafe Tokyo(=以下gd)」というのがある。毎月環境に関わるテーマを設け、関係者を呼んで自分の活動をプレゼンしてもらい、プレゼン活動の後は、、主催者が用意した料理を食べながら交流会をする、というものである。
 gdには興味は以前からあったのだが、諸々の都合で参加できず、今回が初参加。今回は「農2.0」というテーマで、従来の農業とは違ったコンセプトで農業に参加している、4人の若手ビジネスリーダーの説明会が開かれた。直前まで日本国内を引っかき回した台風18号の影響で開催が危ぶまれたが、天候が回復したので、無事に開催することができた。
最初にステージに立ったのは、千葉で野菜栽培・販売ビジネスを手がける「株式会社とれいす」の春山佳久氏である。台風18号のために、千葉の農場が壊滅状態になったという報告があった。
 彼の会社は、「矢西栽培・販売」に特化しており、説明会でも自分の仕事は、野菜の消費量を上げることが自分達の使命だといっていた。以前はスーパーに直接卸していたのだが、最近の不況でスーパー自体が事業縮小傾向にあるため、最近は方針を転換して、お客様のいるところに売り場を設け、そこで商売をすることにしたそうだ。
 最近は、メタボ対策に力を入れる企業が多くなってきたので、企業にもターゲットを向けているのだそうだ。というのも「メタボ対策」というヤツで、社員の一定数が「メタボ」と認定されたら、会社は加盟している健保組合から罰せられるのだそうだ。そのため、全社を挙げて「メタボ対策」に取り組んでいるところが急増しているそうである。これらの企業に務める社員の多くは、身体にいい野菜に対する要望が多いこともあり、「とれいす」側も「オフィス野菜」と銘打った野菜を売り込んでいる。ここ最近はリピーターの顧客も増えており、旬の野菜を要望するお客様も多いことから、来月からはそれらの要望を取り入れた営業展開をするそうだ。

続きを読む »

燃える中南米

2009 - 10/07 [Wed] - 10:47

 伊藤千尋・前朝日新聞記者のトークショー・9月20日に開かれた「奇聞総解」の第4回目。
 今回は、中南米の独裁政権と戦う、たくましい民衆のことをご報告します。
 ニカラグアのゲリラ取材のあとに向かったのは、隣国のエルサルバドルだった。そこは厳しかった。街中には死体がゴロゴロ、政府側はもちろん、反対派も片っ端から殺される。インタビュー相手が1ヶ月後には殺されているというのは日常茶飯事。国民全員、目が血走っている。内戦は、人々の心を荒廃させる。
 -ここで、伊藤氏の新著に掲載されている、エルサルバドルでのエピソードを紹介したい。内戦終結後、伊藤氏はエルサルバドルを訪問した際、現地で停電にあった。彼はとっさに、地面に這いつくばった。なぜか?実は内戦中、政府軍は夜闇に紛れて、反政府ゲリラに攻撃を仕掛けた。銃撃を防ぐため、住民は銃弾を聞くと、とっさに地面にうつ伏せになった。伊藤氏の行動は、’80年代のエルサルバドルではごく当たり前の行動だったのだ。内戦は通うに、人々の心を荒廃させる。
 1992年、エルサルバドルの内戦は終わった。政府軍は縮小され、警察組織は一度解体し、新たに再編成された。反政府ゲリラは、左翼政党として再出発した。2009年3月、エルサルバドルでもついに、左翼が政権の座に就いた。「反グローバリズム」の勢いは、エルサルバドルのようなアメリカの影響が強い国をも巻き込んだのだ。
 続いて訪問したのはチリだった。その時、チリは当時軍事独裁国家だった。一般的には「9・11」は2001年の事件をさすが、チリで「9・11」というと、クーデターが起きた日をさす。選挙で合法的選出された社会主義政権を、CIAが裏で軍部を操って資金を出し、計画を練ってクーデターを起こし、当時の亜じぇんで政権を打倒した。合法的に選出された我々の政権を、アメリカは軍事クーデターで崩壊させた。自分達が他人の国でそんなことをやっておきながら、2001年の「9・11」であんな目にあったと被害者ずらするんじゃない、というのがチリ人のホンネだそうだ。

続きを読む »

中川元財務相死去

2009 - 10/06 [Tue] - 10:43

 酒とのつきあいが上手だったら、もっと違った評価を下されていたのだろうが・・・

 【中川昭一氏死去】循環器系に異常 体内にアルコール成分も 解剖で判明

 この一報が飛び込んできた時
 「まさか自殺したんじゃ?」
と思った人は多かったに違いない。
 なぜなら、彼の父も同じような死に方をしていたから…

 彼の父・中川一郎氏は、その豪快な性格から「北海のヒグマ」といわれ、自民党ニューリーダーの一人に数えられ、将来の自民党候補と目されていた。
 ところが、総裁候補として出馬した’82年の総裁選で、予想だにしなかった大敗を喫すると、急速に勢いをなくし、’83年2月、彼はホテルの一室で死んでいるのを発見された。遺族は当初「急性心筋梗塞」と発表していたが、私は家族に
 「あんな豪快そうな人は案外気が小さいから、ひょっとしたら『自殺』だったりして」
といった記憶があるが、本当に死因が「自殺」だと知ったときのショックは大きかった。側近だった石原慎太郎(現都知事)によれば、中川氏はお人好しで、その性格を巡って彼ととっくみあいのけんかをやったこともあったという。また意外にも神経が細かく、ゴルフ場の片隅に咲いている花を採ってきては、自分で育てることもあったそうだ。
 父が持っていた「気位高くて繊細な」性格は不幸にも、息子にも遺伝した。
 「朝4時に起きて、政策を一生懸命勉強していた」(秘書)
という努力家は、長じて「自民党有数の政策通」として認知された反面、酒癖の悪さも再三にわたり報道された。遊説で訪れた先の牧場で、絞りたての牛乳にたばこを突っ込んだという傲岸不遜な振る舞いに、有権者は苦々しい思いを抱きながらも「地元のためになるなら」と我慢してきた。それが、国内外に恥をさらした、あの忌まわしき「もうろう会見」で、全てが暗転した。

続きを読む »

菅家さんに面会・謝罪

2009 - 10/05 [Mon] - 10:52

 この一件も「政権交代」効果?

 【足利事件】検事正が菅家さんに面会 直接謝罪へ

 検察のトップは、やっと菅家さんに頭を下げる気になったようだ。
 おそらくはこれも「政権交代」が交代したからかも知れない。しかし、あまりにも行動が遅すぎる。
 本来なら、無実の人間に「罪人」のレッテルを貼り、17年間も不当に刑務所にぶち込んだことについて、責任を取って辞任するべき案件である。
 警察は6月に、菅家さんに謝罪しているが、その模様がマスコミに公開されたのは冒頭だけだったし、当時の警察関係者は、インタビューに対して回答拒否、審議を担当した検察関係者に至っては
 「あの時点では、ベストを尽くして審理した」
と開き直ったコメントを発表した。
 それが無実の人の名誉と自由を、17年間も奪ってきた人間のやることか!
 本件に関しては、今日菅家さんが不起訴になった2つの女児殺害事件(いずれも未解決)の取り調べの様子を録音したテープなどの開示をめぐり、裁判所、検察側、弁護側が協議するそうだ。だがこの期に及んで検察側は、録音テープを非公開にしてくれと主張しているらしい。自分達の失敗を公にすることが、そんなに屈辱的なのだろうか?失敗から学ぶ要素は多いのに、自分達に都合の悪いところはとことん隠し通し、永遠にクサい物に蓋をしてしまえという魂胆なのか?
 こんなところで引き合いに出して恐縮だが、セクハラ・レイプなどの性犯罪で受けたトラウマに苦しんでいる女性よりも、自分達のほうがよっぽど苦しんでいるとでもいいたいのだろうか?だとしたら、彼らの心根はとことん腐っている。

続きを読む »

高学歴ワーキングプア

2009 - 10/04 [Sun] - 10:28

 ある意味、彼らも日本の文教政策の犠牲者だ。

 高学歴ワーキングプアとは何か

 その昔、地域で優秀な男の子が東京大学に合格すると、周囲は
 「末は博士か大臣か」
とこぞってはやしたてた。博士というのは、そのくらいステータスが高かった。
 それから100年あまり、「博士」になったばかりに、世間から除外されるというケースが急増している。
 なぜ、こんな状況になったのだろう?それは、文部科学省が実施した教育政策に原因がある。
 1991年、当時の文部省は
 「世界をリードするような研究を推進するとともに、優れた研究者や高度の専門能力を持った職業人を養成するための拠点として、大学院を充実強化していくこと」
を狙い、「世界的水準の教育研究の推進」を目指して「「大学設置基準問等の改正」を実施し、国家を挙げて終始・博士を養成するプロジェクトを始める。その結果、修士・博士の数は20年前の3倍になり、数字の上では目標を達成できたかに見える。
 しかし、その実態はあまりにもお粗末としかいいようがないものである。 
 こちらのサイトをみると、現代の「博士」がいかに虐げられ、精神的に追い詰められているかということがよくわかると思う。もとのサイトはほとんどひらがなで書かれて、いささか読みにくいので、自分なりにまとめてみると、今の「博士」が置かれた状況が理解できた。
 
 博士が100人いるとして
 ・医学博士は16人
 ・希望通りに「大学の先生」になれるのは14人
 ・ポスドク(有期で、給料をもらいながら研究をする博士)が20人
 ・8人が民間企業に就職、11人が公務員
 ・7人が「研究者」として見切りをつけ、他の分野に転身
 ・16人が無職
 ・8人が死亡(おそらく自殺)・行方不明

続きを読む »

東京五輪招致失敗

2009 - 10/03 [Sat] - 10:31

 かくして、一首長の野望は潰えた…

 東京五輪招致失敗で慎太郎都知事窮地…消えた3億円経済効果

そもそも、彼はもともと「五輪誘致」には積極的ではなかった。なぜ「五輪、五輪」とわめき立てたかというと、彼の目玉政策だった「新銀行東京(←この名前だって、およそ文学者とは思えにネーミングセンスのなさだが)」問題で立ちゆかなくなり、目先をそらすために「五輪誘致」を掲げた、というのが真相である。
 それにしても、恐るべき「KY(この言葉自体も、死語になりつつあるようだが)」ぶりである。2年前のオリンピックが北京、1回おいてまたアジアで開催する、しかも競争相手が、これまで一度もオリンピック開催実績がなかった南米から出ている。それを考えれば、よほどのことがない限りアジア開催の可能性はゼロだったと判断できたはずである。だがこの歪んだ老権力者は、己の野望で「五輪誘致」に突っ走り、結果として国民の血税をムダにした。
 それに、この男ほど「五輪精神」からかけ離れた男はいない。フランス語を
 「数を数えられない言語」
とバカにし、障害者のことを
 「生きている価値があるんですかね」
と嘲った。どちらも、彼が以前から持っている「レイシズム(人種差別主義)」がひきおこしたものである。そう言えば
 「社会で最も役に立たないのは『ババア』である
といって、フェミニストから顰蹙を買ったこともあったっけ。「フランス語」と「ババア」発言では裁判になったが、権力者の意向にやたらと弱い、この国の「裁判官」という名の「司法官僚」は、この老醜権力者に対して「無罪」を言い渡した。そうそう、思い出した。ガラパゴスかどっかに視察旅行という名の「お大尽遊び旅行」にいった際、「公私混同だから、旅行費用を返還せよ」と市民団体から起こされた訴訟でも、この国の「司法官僚」は、石原無罪の判決を言い渡していたっけ。

続きを読む »

横浜フォトジャーナリストフェスティバル

2009 - 10/02 [Fri] - 13:25

 昨日、9年ぶりに横浜に行ってきた。お目当ては、日本で唯一の写真月刊誌「DAYS JAPAN」が主催している「DAYS 国際フォトジャーナリズムフェスティバル」である。
 「DAYS JAPAN」は日本のフォト・ジャーナリズムの第一人者広河隆一氏が
 「人々の意志が戦争を止める日が必ず来る」
 「一枚の写真が国家を動かすこともある」
をコンセプトに、2005年に創刊された雑誌である。だが、その道のりは決して平坦なものではなかった。
 私は編集者の学校に通い、2年あまりという短い期間だが、印刷会社で働いた経験がある。その経験から言えることは、写真雑誌は採算のとれない雑誌だということだ。理由を細かくいうと専門的になってしまうのだが、雑誌に限らず印刷物というのは、4色(赤・青・黄・黒)の組み合わせで出てきている。カラー写真をカラーの紙面に掲載する場合、前述の4色に「分解」しなくてはいけないのだが、これが結構時間がかかる。それに取材費やらなにやらで諸々の費用がかかるため、よほどの大資本がバックについている写真雑誌でも、採算を取るのは極めて難しいというのが現状だ。写真週刊誌の草分けだった「FOCUS」が休刊(実質的には「廃刊」)に追い込まれたのも、発効部数低下に加え、取材費・材料費等で累積赤字がかさんだから、とも言われている。
 「DAYS JAPAN」は大資本がバックにつかず、広河氏の熱意だけで動いているが、創刊当初からたえず資金難の問題がついて回った。
 「6,500人の定期購読者がいます。あと1,000人増えたら安定します」
と広河氏自身が訴えたのは、創刊から2年あまり経った’06年6月のことだ。それでもこの雑誌は、多くの心ある読者、支援者、そして広河氏の熱意によって、何とかここまで続けることができた。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。