貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2010年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABSレポート・4

2010 - 02/26 [Fri] - 16:10

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)シンポジウムの最終回。
 今回は
 渡辺重夫氏(元A SEED JAPAN理事)
 小林邦夫氏(A SEED JAPAN 生物多様性プロジェクト)
 水野政義氏(外務省国際協力局地球環境課長)
のお三方によるディスカッションの模様をお伝えします。



 渡辺重夫(以下W):ABSのテーマ自体が複雑だから簡単に説明したい。FAOとかいろいろあるが、どんな国際制度が必要なのか?議定書を聞かれることがあるが、枠組みに関してどんな形を作るべきか?国内法の関係性を教えて抱ければいい。
 アクセスする条件の要素、その取得するプロセス上の配慮点取得プロセスについてどういう点に配慮するべきか。利益分配についてどう配慮するべきか。遺伝子資源の分配についてどう配慮するべきか。どういった形の国際条約が必要か?

 小林邦彦(以下K):ボンガイドラインの制定後、アクセスと利益配分はどうなっているのだろうか?

 水野政義(以下M)政府にはいろんな面があるが、日本は利用する側の方が多い。この会議では、いろんな要求・提案がなされているが、アクセスを改善させることに絞っている。各国に最低限守って欲しいということをEUが提案している。日本も遺伝子資源が豊富なのだが、現時点ではABSの国内法を作っておらず、自国で制限的に供給するという姿勢をとっていない。提供国の要求は日本からしてみれば「お願いします」とはなっていない。交渉の状況からいえば、テキストの中には国際条約のシステムはできてるが、日本としては受け入れがたいものがある。そのなかで今後どのようにすればいいのか?1年前より地に足の着いた議論ができている。いかにして提供国で事前違反をした企業にきちっとした対応をできるシステムをつくるのか?これには特許以外の手段も入っている。


 会場からの質問(以下Q):出所開示にやめているという事例が紹介されたが、その是非について議論されているのか?それがどういう争点になっていて、現時点でどうなっているのか?

 M:国内的にいろんな議論がある。今までの交渉は、どういうテキストにすべきかを議論していたので、理由付けについては議論されていないが、どんな提案が載っているのか説明したい
 開示すべき情報がソースなのか、提供国で事前同意をとったのかなどが争点になっている。出所開示をどこまで強くするのかを、行政機関に関するチェックポイントである。情報確認する時、出所開示義務を果たさない時に特許を認めない、後で虚偽と判断した場合は特許を取り消す、許認可、輸入を止めるなど考えられるが、そこで議論が分かれている

 Q:議定書の代わりになにがあるのか?それを作る時、遵守メカニズムを厳しいものにするのか?

 M:議定書で拘束力を作らない場合、どんなやり方があるのかは議論していないが、おそらく任意性格として、ボンガイドラインが考えられる。これは任意であると明示した上で合意したもの。COPで決定しますというのがある。違いは微妙だが、義務があるかどうかという違い。後で義務を負っているので承認をとるかとらないか。任意という性格を明示しないのもり、会議で約束すれば決定に縛られるので、政治的な拘束力を持った決定力があるなど、いろんなバリエーションが考えられる。まずは議定書を目指すという国が多い。

続きを読む »
スポンサーサイト

ABSレポート・3

2010 - 02/25 [Thu] - 10:22

 昨日に引き続き、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の様子を報告します。
 今回は、ドイツで知的所有権保護等の活動をしている、ヘルムート・メイヤー氏(Advisor of EED church  Development Service)の講演(要旨)です。

 ヘルムート・メイヤー氏
 2001年からこの議論に参加している。ドイツでもこの分野について本を出版するなど、この問題について知ってもらいたいと思って活動している。特許のシステムとABSシステムは今バラバラになっているが,これをどうやって結びつけたらいいのかについて話したい。
 まず最初に「ニームの木」についてお話ししたい。これは、インドでは2000年以上も前から知られていた。この木について定義されたことに、インド人は驚き、激怒した。利用法については、2000年以上も議論されている。1990年にアメリカの企業が特許を申請し、4年後に認められた。この特許申請は2001年まで、様々な国から申請されている。95年、反特許運動が起きたが、これは初めてのことだった。反対申請は、バンダラ・シヴァ、リンダ・バラードら3人の有名の女性によって行われた。特許取り消しの理由は、新規性がない、倫理規定がないなど3つの理由だからだ。10年後に申請らが取り消されたが、地域性がないということで、伝統的な知識を違法に取得したとしても、そういうことは特許取り消しにならないということであり、それが現在も続いている。
 日本についても調べてみた。日本でも61個が申請され、34個が許可または申請中である。特許制度はバラバラなので、1つの国で許可が下りなくても、それが全世界中で認められないのが問題だ。 ドイツとスイスと南アフリカが関するケースを紹介したい。テンジクアオイの根を使ったクスリが、ドイツで売れている。このクスリの歴史は古く、イギリス人が結核になった時、南アフリカ人からテンジクアオイの根でできたクスリをもらった。そのクスリのおかげで病気が治り、イギリスに帰国した。そのクスリをイギリスで売り出した。その後スイス人の学者が研究・開発に成功し、ドイツの会社が販売していた。そのクスリは5年前には60億円を売り上げていた。問題は、ドイツの会社がその特許を申請したことである。わかっているだけで3つ特許が申請され、紛争になっているものもある。南アフカの伝統を利用していることがわかるような宣伝をしているため、南アフリカの人たちはこのことに反対する活動をしている。2年前、アフリカの団体とスイスの団体が特許取り消し申請をし、つい最近特許取り消しになった。様々な学者から宣誓供述書が提出され,それが力になった。

続きを読む »

ABSレポート・2

2010 - 02/23 [Tue] - 11:21

 読者の皆様、こんにちは。
 昨日に引き続き、生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)に関係するシンポジウムの様子を報告します。
 今回は、外務省国際協力局地球環境課長・水野政義氏の講演(要旨)です。
 私のメモを元にしているので、ところどころ不正確なところがあるかも知れないということをご承知ください。

 外務省国際協力局地球環境課長・水野政義氏
 遺伝資源への アクセスと利益配分(以下、ABS交渉)について説明する。外務省では環境のことを中心になってやっている。気候変動以外のことを担当する。COPで各国に対して日本の立場を主張している。
 この条約は1993年に発効した。生物多様性の保全、持続可能な利用、遺伝資源の利用から生じる利益の公正な配分を国際的にしっかり手当てしようというのが目的になっている。環境関係の条約は親条約があり、その下の議定書で細かいことが規定されている。カルタヘナ議定書が1993年に制定された。自然そのものに悪影響を及ぼさないよう、輸出国は輸入国の許可を求めるという内容だ。
 遺伝資源の利用公平配分についてこれに1条を割いている。遺伝資源は世界共通の財産という見方が一般的だったが、’70年代に起こった各国ナショナリズムがおき、各国は自国資源に関する権限は、その国に属することが規定された。これは画期的なことである。これを各国がどう使うのかは規定がないため、今問題が起こっている。
 第2項では、遺伝資源を利用する場合はアクセスを改善しなければいけないという、前文と全く違うことが書かれているために揉めている。そのためその国に対し、利益がしっかり確保しなければならない、持ち主と契約して欲しいということが定められ、事前に持ち主の事前の同意を求めなさいということを決めた。第7項で、利益を構成公平に配分するため、各国は何らかの措置を執りなさい、それは相互に合意する条件で実施することが書かれている。

続きを読む »

ABSレポート・1

2010 - 02/22 [Mon] - 10:51

 19日、国際環境青年NGO「A SEED JAPAN」(以下ASJ)が開催した環境シンポジウム「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の交渉議題"遺伝資源への アクセスと利益配分(ABS)"を追う!」が、東京都内にあるYMCAアジア青少年センターで開催された。広報部ブログでは事前予約が必要なことが書かれており、私がこのイベントを知った時は申し込み締め切りを過ぎていたため、当日の飛び込み参加が可能かどうか不安だったが、幸いなことに当日でも申し込みを受け付けてくれたので、会場に入ることができた。
 定員は200名ということだったが、実際に集まった人は会場定員の約半分。そのうちの1/3はメディア関係者であり、当シンポの主催団体であるASJ関係者の姿も目立ったから、実際このシンポに参加した一般参加者は、会場の半分弱といったところだろうか。
 このシンポのテーマである「生物多様性条約(以下ABS)は1992年5月に採択され、翌6月に開催された国連環境開発会議(「地球環境サミット」(リオデジャネイロ))で、気候変動枠組条約とともに署名解放された。
 この条約の目的は
 ・生物の多様性の保全
 ・生物多様性の構成要素の持続可能性な利用
 ・遺伝資源の利用から生ずる利益の公正で衡平な配分
の3つから成り立っている。この条約は1993年12月に条約が発効し、全世界中で190カ国と欧州委員会が条約を締結しているが、アメリカは「遺伝資源の利用」を懸念して本条約を締結していない。
 この条約については、各国が保有する遺伝資源への国家主権を認めたことを画期的だと評価する意見がある反面、規定のほとんどは、自然保護の関心が高い「先進国」と、遺伝資源の利用と利益配分への関心が高い「途上国」の間での妥協の産物という声が多く、義務内容が不明確のために実効性という点で疑問視されているのが実情だ。
 日本では3次にわたって「生物多様性国家戦略の策定」(第1次は1995年、第2次は2002年、第3次は2007年)に基づき、2008年6月に「生物多様性基本法」を制定・交付・施行した。

続きを読む »

父の一周忌

2010 - 02/20 [Sat] - 10:13

 父の命日である昨日、墓参りに行ってきた。
 父の眠る墓地は、「東北地方随一」といわれる北の地にある。
 大げさに書いてみたけど、交通網の進歩というのは恐ろしい。 
 私が小さい頃には、父の実家に行くには特急で4時間かかったが、今は新幹線で1時間半ほどしかかからない。だが目的地に早く着くようになった分、旅情というのがなくなったとまではいわないまでも、度の雰囲気を味わうことができなくなってしまった。
 当時の特急列車は「エル特急」という名で1時間おきに運行されており、各列車には食堂車が連結され、私も食堂車の名物メニューを味わうのを大変楽しみにしていた。だが新幹線の開通で食堂車つきの「エル特急」は廃止された。このことを残念に思う鉄ちゃん(鉄道ファンのこと。最近急増中の女性鉄道ファンは「鉄子さん」という)も多いだろう。
 私が最初にそこを訪れたのは、9歳の時である。
 その時は,駅前を「チンチン電車」と呼ばれる市電が、所狭しと走っていた。ところがそれから半年も経たないうちに、市内電車は全路線が廃止になってしまったので、子供心にがっかりした記憶がある。
 私が大きくなるにつれ、この地に住む親戚とは次第に疎遠になっていった。
 大人になってからかの地を訪れたのは、祖母と叔父が旅立った時だけである。

続きを読む »

『祝の島』座談会・2

2010 - 02/10 [Wed] - 10:21

 「祝島座談会」第2回目。
 今日は、映像放映に引き続いて行われた、座談会の様子をお送りします。
 私のメモを元にしているので、ところどころ行き違いがありますがご容赦願います。

 映像終わり。ここから座談会

 内藤(以下:N)
 このイベントで話すのはこれがは2回目で、前回は殴り込みみたいな形で来た。前回は永六輔が出ていたが、(彼は高齢なので)舞台で倒れた時に備えて待機していた。
 島の中では、普段は暮らしに溶け込むような格好をしている。纐纈さんも、島内では目立たないようにしていた。
 余命というのは医者の言うことを真に受けてはいけない。あくまでも統計でしかない。そのおばあちゃんは余命1ヶ月といわれながら、結局10ヶ月生きながらえた。その様子を見て「うらやましいな」と思った。

 纐纈(以下:H)
 死にゆく患者を支える中で、人が最後の時を迎える仕事ををしているということが伝わってきた。映像を見ていて感じたことは島の人たちの生き様に強烈な者を感じている。

 N:最初祝島という文字も知らず、どこにあるのかわからなかった。映像は言葉以上にインパクトがあるが、それだけがリアリティーではない。命は自分が困ったり傷ついたりしないことには学べない。私は地理がわからない。学会で高知に行った時に祝島のことを聞かされ、現地訪問のお誘いに対し。軽い気持ちでOKした。原発建設予定地に上陸したので、そこでなにが起きているのかわかった。
 段々畑のあるところは歩くと1時間以上かかる。坂を転げるとそのまま海に落ちる、そんなところばかりだ。みんなでいいなあ。そこで亡くなりたいと望めばできる状態になっている。子供が来られないと決まっていたら、子供がこちらに来ることができる方法を、今から考えないと間に合わない。
 知らない、なにかを作り出すという世界がそこにある。輸入品に頼って生きているが、原発の問題が反対していることを誰も知らない。そこに現代社会の危うさがある。命に触れるということを何らかの形で考えて欲しい。

 山秋(以下:Y)
 今からなら何とかしていける。纐纈さんが無関心への怒りがあるといっていたが、それだけで映画を作っているわけではないと思う。そこまで粘り強くやっているところには、そういう物のつながりが希薄な首都圏の人間関係に物足りなさを感じているのかな?地元の人たちとの交流で印象に残ったことを教えて。

 H:怒りもあるが、島の人が本当に好きになり、いろいろ知りたくて共感したくて、それを撮影という手段を用いて、島に通い続けた。年末年始に「寅さん」を見たが、そこで展開される世界には、たとえ悪人とか裏切りが入ってきたとしても、全体として他人の暖かさ、つながり、信頼感があり、神経の1本がゆるみ、常に安心してみられる。寅さんと祝島の人は感覚が似ている。絶対的な安心感がある。いろんな人がいるが、それぞれがいいと認め合いながら暮らしている。そうでないと、厳しい環境では生きていけない。自分がその空間にいることが嬉しい。突き詰めて考えていけば、命と命の実感がある。島の住民はコメディアンみたいだ。

 N:原発のデモは安否確認かと思うほど静かだ。世間話をしながら「エイ、エイ、オー」と叫ぶ。警官はその様子をじっとみている。それが28年も続いている。

続きを読む »

『祝の島』座談会・1

2010 - 02/07 [Sun] - 10:05

 今年の夏、上関(かみのせき)原発建設問題で揺れる祝島(いわいしま・山口県)の風景と、その地で暮らす人たち日々を扱ったドキュメンタリー映画「祝(ほうり)の島」という映画が公開される。それに先立ち、1月28日にスペースカフェ・ポレポレ坐(東中野)で『祝の島』座談会の第3回目が開催されたので、その様子をご報告したい。今日は、座談会に先立ち公開された映像の様子を、かいつまんでご報告する。なお発言は要旨であり、私のメモを元にしていることを最初にお断りしておく。

 出演者
 纐纈(はなぶさ)あや:映画「祝の島」監督
  
 ゲスト
 内藤 いづみさん(在宅ホスピス医) 

 司会進行
 山秋 真(ライター)

 映像公開の前に、纐纈さんから挨拶があった。

 初めて祝島にやってきた時、強烈で、明るくて、痛快で、加わっただけで元気になってしまった。あの時のうれしさは忘れられない。きちんとした映画を作ろうということで、映画制作がはじまった。
 島の人が対峙にしているものがなんなのかをを知りたい、映像を記録したいという気持ちから撮影を開始。現地で自炊しながら撮影していた。クランクアップは昨年12月で,今は編集中、今年12月に公開したい。一人でも多くの人に見てもらおうと、4月26日にイベントがあるので、その時にお披露目したいと思っている。
 この座談会は原発だけでなく、いろんな事を楽しく話す場を設けたいという気持ちからはじまった。今日は地域で最期を迎えるというテーマで話を進めたい。島に通い始めて、すごく大きなことに気がついた。祝島の住民は高齢者が78%で、ここ最近は急カーブで高齢化が進む。祝島は30~50歳代の層がほとんどいない。それは仕事などで島の外に出てしまうからだ。自分達の代で島の営みの連鎖が終わろうとしている、それが原発以前に大きなことだ、街自体が元気だったら原発誘致ということにならなかったのではないか。内藤泉さんが祝島に来ることになって、今回の座談会につながった。
 この映像は、祝島のジジババの映像満載である。私が惹かれた島の姿が伝わればと思う。

続きを読む »

小沢幹事長続投へ

2010 - 02/04 [Thu] - 14:33

 この一ヶ月間の騒ぎはなんだったのか?

 小沢幹事長続投へ 4億円不記載、4日不起訴処分

 今回の小沢氏の献金疑惑は、どこがどう問題なのか、悪い頭をいくらひねっても理解できない。
 そりゃ、企業献金が悪いことは、誰が見てもわかる。
 戦後の大型疑惑といわれた「ロッキード事件」だって,動いたといわれる金額は5億円。
 30年以上前とは経済価値が異なっているとはいえ、今回騒がれている4億円だって、決して小さな金額ではない。
 私が違和感を感じるのは、ロッキード事件の中心人物・故田中角栄氏が国会の最高権力者だったのに対し、今回の小沢幹事長は、検察が「疑惑があった」と(勝手に)騒いでいる当時は「野党」の党首だった。地元では「大物」かも知れないが、野党党首に業界で「大手」といわれている会社が,多額の献金をするかどうか、ちょっと考えてみればわかると思うのだが。
 小沢幹事長の「4億円」を問題視するのなら、それ以前に取りざたされていた二階敏博氏の疑惑も調査するのが筋というものだろう。ところが検察は、二階氏の疑惑は形だけの捜査をやっただけで、略式起訴して捜査を追えてしまった。何とかの一つ覚えのように、連日「小沢」「小沢」と連呼するメディアが、二階氏の疑惑を追及しなかったのは不可解である。
 メディアはしばしば小沢氏のことを「豪腕」だの「口べた」だと評するが、本当にそうなのか?メディアが彼のことを嫌っているのは、小沢氏が当時の細川政権下で記者会見を「サービスだ」と言い放ったために、メディアがこれに反発したからだ。しかし、独立系メディアやネット上では、この評価に異を唱える人が目立つ。その証拠に、小沢氏はきちんと準備された質問には、丁寧に応対するそうだ。ある外国人ジャーナリストは、小沢幹事長について
 「きちんとした質問には、理路整然と答えてくれる人」
と述べている。
 小沢幹事長がメディア,特に新聞に代表される大メディアを嫌っているのは、今のメディア関係者は、ほとんど勉強していないで質問することが多いからだろう、と勝手に想起してみる。実際、先日某ニュース番組で報道された小沢幹事長の記者会見の映像はひどかった。「疑惑」とされる4億円は金庫の中にあったものだと答えた小沢氏に対し,テレビ局の報道記者は「どんな金庫ですか?」と質問したのには呆れた。これには小沢氏も苦笑いするしかなかったのだが、おそらく内心では「こんちくしょー」とでも思っていたに違いない。マスコミがバカな質問をする→呆れて回答しない→メディアはバッシングに走る→ますます質問に答えなくなる、という悪循環である。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。