貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > 2010年04月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アースデイ2010

2010 - 04/25 [Sun] - 10:30

 先日、日本最大の環境系イベント「アースデイ東京2010」に行ってきた。前日の関東は、実に41年ぶりの積雪という事態に見舞われ、客足がどの程度伸びるか心配されていたが、初日の昨日は、天候の回復とともに順調に来場者数が増えた。
 さて、ここでアースデイの歴史をざっとおさらいしてみたい。
 アースデイは1970年、ウィスコンシン州選出のG・ネルソン上院議員が、4月22日を"地球の日"であると宣言したことがきっかけになって誕生したイベントである。当時の米国はベトナム戦争の真っ最中で、国内はベトナム戦争に反対する学生があちこちで反対行動やデモ行進を行い、警官隊と衝突して逮捕者が出るなど、激動の日々であった。カシアス・クレイがムスリム(イスラム教徒)に改宗して「モハメド・アリ」を名乗り、戦争反対の意志を貫いて徴兵拒否宣言をしたため、チャンピオンベルトを剥奪され、それを不当としたアリが裁判闘争を起こしたのも、ちょうどこの頃である(なお、アリのこの訴えは裁判所から「良心的兵役忌避者」と認定され、無罪が確定している)。
 ネルソン議員の呼びかけに呼応し、全米中の学生のとりまとめ役になったのは、当時米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏である。こうして開かれた1970年のアースデイは、全米で参加者が2,000万人以上が参加し、地球への関心を表現するアメリカ史上最大のユニークで多彩なイベントとなったのである。
 日本でアースデイが開催されたのは、2001年4月である。イベントは明治神宮と代々木公園でおこなわれれたが、新宿パークタワーでは、ブロードバンドを使って、初めて広くインターネット発信された。初めての開催にもかかわらず、来場者数は8万人を超えた。その後もアースデイは認知度を高めていき、4回目の開催になった2004年の大会は、芸能人が多数参加したことも会ってか、来場者数が10万人を突破した。そして、その後も入場者数は毎年のように10万人を超える、日本最大の環境イベントにまでなった。
 今年のアースデイは「愛と平和の地球の祭典」をメインテーマに、参加グループ424グループ、テント数275張り、参加イベント121、参加ボランティア637人という、史上最大の規模で開催された。参加団体も、当初は環境系が中心だったのだが、近年はグローバルかを反映してか、国際交流団体や地域保全のために活動する団体などの団体が目立つ。今年の例だと、マイクロファイナンスの普及を目指すNGO、山口県祝島(いわいしま)に建設予定の上関原発に反対する市民グループ、下北沢再開発反対を訴える市民団体、宮下公園が「ナイキ宮下パーク」に反対するグループがブースを出展しており、会場内はかなり賑わっていた。
 私がこのイベントに足を運ぶのは6年ぶりである。そのときは反戦・経済のグローバル化についてのシンポが多数開かれており、私が会場に行ったのは、それらのシンポが目当てだった。内容は充実していたが、そのシンポを聴いていた人はさほど多くなかったこと、パネラー(女性です)の一人が、私を指さしてやたらとはしゃいでいたことは、今も記憶に残っている。あの時もお客さんは結構多くて、ブーステントも多く出ていたけど、その当時は環境系団体がメインで、国際交流団体はさほど多くなかったと記憶している。

続きを読む »
スポンサーサイト

公共サービスの危機

2010 - 04/16 [Fri] - 16:50

 シンポジウム「民主主義の貧困~渋谷区はどこに行くのか?」の最終回。
 この回では、労働・ジェンダー問題を担当している竹信三恵子・朝日新聞編集委員の講演を掲載する。彼女からは、公務員業務の民間委託が抱える問題について、鋭い指摘がなされた。
 私は労働担当だが、社内の組織改編で、労働グループが経済グループに吸収された。
 この問題に興味を持ったのは、公務労働の問題を扱ったからだ。仕事が増えているのに定数は増やせない、税金が足りないから公務員の数が少ないという自治体が増えていて、そこではパート社員が増えている。官製ワーキングプアというのは私が作った。この問題については私も本当は書きたいが、同僚が書いているので勝手に書けない。
 杉並区で公務員の委託があった。お金がないからパートを雇っが、3年で契約切れになる。仕事に習熟した時に期限切れになる。取材先でその話をしたら人事権を握っている人が怒り出した。本当はプロが関わるのだが、それは面倒くさいので安い職員で済ませようという動きが出た。委託してしまえば委託先に全部押しつけられるのが流行っている理由だ。
 民間委託が広がったのは、国からの地方交付金が少なくなったからだ。景気が悪いから税収が減る。非正規化、委託化が進み、清掃業務も委託になっている。
 1999年にPFI方法という法律が制定された。運営リスクを民間にかぶせて、行政のリスクを減らせる点が本来のメリットのはずだが、日本ではあらゆる自己の責任が民間に移転されていないケースが多い。最低賃金意外に規制がなく、民間業者はリスクは行政、コストは労働者にかぶせる場合が多く、利益は民間、リスクは行政、コスト働き手と言った運営の仕方が問題になりがちだ。
 仙台では委託会社が破産した。競争入札で経営が成り立たなくなり、1,000人の職員が失業して問題になった。儲からないけど役所の仕事を付き合えばいいと思って仕事をしていたが、結果的に倒産してしまった。役所がコスト減を図るために、民間に委託しているだけという事例も多い。

続きを読む »

twitterへの反撃

2010 - 04/15 [Thu] - 13:57

 昨年秋、「週刊ダイヤモンド」が大規模なtwitter特集を掲載したのがきっかけで、店頭に並んでいる週刊誌もこぞってtwitter関連の記事を掲載している。それらの多くはtwitterを褒めそやし、ヘビーユーザーを自認する私ですら「おいおい、いくら何でもそれは褒めすぎでしょ?」と言いたくなる。先鞭を切った「週刊ダイヤモンド」は、週刊誌にもかかわらず増版出来を重ね、未だに一部大書店では、同誌のtwitter特集掲載号が店頭に並んでいる。同誌では表紙・特集記事のトップページに利用者のアイコンを掲載しているが、この雑誌を買ったアイコン提供者はどのくらいいるのだろう?
 これだけ各誌が「twitter万歳!」的な特集を組んでいると、どこかがtwitterに批判的な記事を組むのではないかと思っていたのだが、案の定というべきか、4/12日発売の「週刊ポスト」(小学館)が「twitterを疑え!」という特集を組んできた。小学館は極右隔週誌「SAPIO」で、twitterを批判するコラムを掲載していたが、今回はWEB関係者ら4人に、twitterについて語らせている。彼ら4人に共通しているのは、twitterの存在意義を認めつつも、一部ユーザー間で広まっている「twitterで世界は変わる」という見方には明確に異議を唱えている、ということである。
 まず最初に出てくるのは、「WEBはバカと暇人のもの」の著者・中川淳一郎氏(WEBデザイナー)である。彼は前述の「SAPIO」に寄稿し、そのなかでtwitterを「うんこなう」「かれーなう」に代表される「暇人による暇つぶし駄文の垂れ流し」と表現し、多忙なビジネスマンが、首っ引きで書き込む余裕なんかない、ネットの前に張り付いているのは間違いなく暇人であると決めつけている。
 中川氏は名前こそ出さないものの、勝間勝代神田敏昌津田大介広瀬香美の各氏らを「ツイッター・エバンジェリスト(伝導師)」と命名する。中川氏は、彼ら「twitter伝導師」達に、辛らつな言葉を浴びせかける。曰く、彼らは口々に「twitterには可能性がある」いいつつ、彼らの著作物の内容は似たようなことばかり書くだの、曰くオバマ・米国大統領が、twitterにおけるコメントは、オバマ陣営のスタッフの書き込みだったと言うことには誰にも触れていないではないかと、だの。彼ら「伝導師」をかばうわけではないが、彼らが書いているのはtwitterの「入門書・解説書」であり、書かれる内容が似通ってくるのは仕方がない。しかし、中川氏はそのことに触れず、一方的にけなすのみである。
 また中川氏は、ネットほど知名度や才能が露骨に出る世界はない、一般人はいくらなにを書いても「一般人」のまま、知名度が上がることはあり得ないから、つぶやけば友達が増えるわけではないという。その例として、彼は多数のフォロワーを獲得しているのは、現実世界でも名前が売れている有名人でないと、twitterの恩恵を受けられないと主張する。あげく、有名人でなくてもtwitterを有効活用できるのは、せいぜい風俗嬢じゃないかと言い出す始末である。
 だが、ネットやtwitterというのは、彼が言うほど「バカと暇人のもの」なのだろうか?

続きを読む »

有識者の危機感@宮下公園

2010 - 04/12 [Mon] - 10:18

 シンポジウム「宮下公園~TOKYO SHIBUYA」の第5回目。
 今回は植松青児氏(みんなの宮下公園を守る会)、稲垣永史氏(プロスケーター)、ピーター・バラカン(ブロードキャスター)各氏の話を掲載する。

 植松氏
 2日前(3月24日)に、本来なら工事主体のナイキによる説明会があるはずだったが、ナイキの社員は、説明会場に姿を見せず、渋谷区の公園化と東急建設の人間だけがやってきた。この件について東京新聞が記事を書いたが、ナイキと渋谷区のトリックに欺されている内容の記事で落胆した。
 結論から言えば、この計画はストップとリセットにつきる。この計画は進んでいるので止めなければならない。この計画には正当性がないと思っているので、ゼロから考えたい。
 最初は、プロセスの問題がある。普通は区議会による予算承認があるが、民間のカネを使うからその必要はないといっている。宮下公園は人口の公園だ。それが古いから整備しようという話は結構だが、マスタープランを出して同意しないと話にならないはずだ。そのあと公募→コンペ→整備という流れになるはずだがが、たたき台になるマスタープランが出ておらず、公募もない。実際は、企業のいうまま選定をしている。本来はコンペなしで計画を進めるはずだったが、2社出てきたのでコンペをやってナイキを選んだ。本来なら他の会社に声をかけるのが筋だが、他社には声をかけていない。 2つめ。改修という名の言葉はまやかしだ。緑地公園を改修するとなぜスポーツパークになるのか?改修されたら緑の公園になるはずだが、なぜかスポーツパークになっている。渋谷区は緑の公園を捨てた。別の機能の公園にしてしまおうというのが渋谷区の計画だ。スケボー等の新設するのは「区民の要望だ」といっている。
 問題3.本当に区民の要望を集めているのか?ドックランとか緑地公園というニーズもあるのに、スケボーだけ選んでしまった。その要望は区だけで決めていいのか?そのプロセスがあったら納得するが、実際は違う。一昨日突っ込んだら、今の公園はいい状態じゃないだろ?と言う答え。これは答えになっていない。公園設計の問題を運用・利用状況の問題にすり替えている。
 決定方法は「コンペ」の形をとっているが、ナイキに決めたのはコンペではない。区がやろうとしていることは「改修」といいながら、別の公園に造りかえようとしている。大事なことは、開かれた議論で決めるべきだ。区のやり方は、お金のある人のいうとおりのやり方である。リセットしたら、恣意的に排除されている人の要望を派除しないことだ。
 区はホームレスを不法滞在者と切って捨てたが、彼らはあるプロセスを経て講演に住み着いている。それはハウジングプアだ。彼らの多くは派遣切りにあい、ここに住んでいる。区は彼らに対してきちんと対策をしていないし、単に不法滞在者として切り捨てるのではなく、ちゃんと聞き入れなければいけない。31日には緊急デモをやる。

続きを読む »

お粗末な渋谷区の現状

2010 - 04/07 [Wed] - 10:20

 シンポジウム「宮下公園~TOKYO SHIBUYA」の第4回目。
 今回は、映像放映に引き続いて行われたディスカッションの様子を送る前に、前回のシンポジウムでパネラーとして発言し、今回たまたま観客席にいた渋谷区オンブズマンの堀切氏の発言を先に紹介したい。彼は、今の渋谷区の置かれた現状をあますところなく紹介してくれた。この話を下敷きにした上で、パネラー達の話を見た方が理解が深まると判断したからである。

 堀切氏
 この問題については、ほとんどの渋谷区住民は関心がない。地形の問題もあるが、渋谷区は外来者がほとんどで、住民はかなりすくない。北部の住民は新宿に近いので、新宿に買い物に行く。外来者が渋谷に買い物に行く。渋谷区の人口は19万人ほどだが、人口の2/3は北部(代々木、初台、幡ヶ谷など)に、1/3が南部に住んでいる。そういう地形なので、行政側には都合がいい。部長級の人で渋谷区在住の住民ほとんどいないから、この問題は彼らにとってはどうでもいい話だと思っている。自治体としての体をなしてない。
 ストップ&リセットは絶対できると思う。オンブズマンはPTAで活動していた人が中心で、行政の揚げ足をとる期間ではない。我々が本気で活動した活動は成功しているから、本気で活動したら止められる。なぜなら、来年は区長選と区議会選挙があるだからだ。
 今年の人事異動で、部長級で過去に問題を起こした人は、当たり障りのないところに移動になった。おそらく、来年選挙が終わったら元に戻る。環境アセスメントをしないのは渋谷区の専売特許だ。身近な問題を取り上げないのは、自分達が住んでいないからだ。区長自身からしても横浜に住んでいる。区長の自宅は高台にの高級住宅街で、目の前が公園だ。自分自身が出稼ぎだから関係ない。ああかわいそうだなと思っていてもそれで終わり。自分が止めても関係ない話だと思っている。
 区長は「渋谷区の財政は厳しい」といっているが、実は渋谷区はお金持ちだ。お金がない自治体のまねをしただけだ。民間委託の件についても、これはいいことだと他のまねをしている。宮下公園をネーミングライツでナイキに委託する一方で、404億円かけて区の設備を立て替える。区長のトップダウンとノリで全てを決めてしまうのだ。決定事項に、法的な根拠がないまま決めてしまうことが多い。だからいざ裁判となった時、裁判所から聞かれても答えられない事が多い。それを防ぐには、区長と議員を変えるしかないから、絶対に今度の選挙に行って欲しい。

続きを読む »

宮下公園に迫る危機・3

2010 - 04/02 [Fri] - 13:42

 シンポジウム「宮下公園~TOKYO SHIBUYA」の第3回目。
 引き続き、シンポに先立って放映されたドキュメンタリー映像の後半についてご報告したい。
 
 NBAブームが大流行し、マイケル・ジョーダンの名前が知れ渡るようになった1998年。日本中では、ナイキのスニーカー及びバスケットシューズが爆発的に売れた。足への衝撃を和らげるために、空気クッションを入れた「AIRシリーズ」が大ヒットしたからである。私自身、当時のアルバイト仲間から「ナイキ製の靴は楽でいいよ」と言うことを聞いていたので、お金を貯めてナイキの靴をゲットした。確かに楽だった。あとでその靴は「バスケットシューズ(略称バッシュ)」とわかったというオチがついたのだが…。
 だがその一方で、日本人はこの会社の正体を全く知らなかった。この会社は自社工場を持たず、全ての製品を外国の工場で作らせる、世界でも初めての会社なのだそうだ。ナイキが持つ体質について、児童労働の撤廃・予防に取り組むNGO・ACE(エース)職員・白木朋子さんによると、この問題が出てきたのは1988年頃。契約工場での不当搾取問題に起因する、労働者のストライキと児童労働が欧米メディアで報道され、その流れを引き継ぐ形で「ナイキボイコット」キャンペーンが展開されていく。しかしナイキ側は一連の抗議に対し、委託先の工場で起きている問題だから我々には関係ないという態度をとり続け、消費者の怒りに火を注いだ。抗議行動は1997年にピークを迎え、抗議活動は13カ国に広がったそうだ。
 この問題を突き詰めると、委託工場が成り立っていけるだけの資金をナイキが支払っていないこと、納期を厳しく定めていること、デザインの決定権がなく、労働者をこき使うだけこき使うなど、ナイキが委託先を奴隷のようにこき使っているのが最大の問題点だと、白木さんは指摘する。1997年というと、日本国内でもやっと「グローバル化」という言葉が使われ始めようという時代だが、ナイキはそれ以前から、海外で現地の労働者を不当に搾取しているということになる。
 ナイキはサッカーボールも作っているが、工場では子供達が大勢使われている。サッカーボール1つ作って、子供達の手に残るのは15~30セント、靴一足作るのに15ドルかかるが、人件費として渡るのは12%ほど。いかにこの会社が労働者を不当に搾取しているのがわかるだろう。日本に入ってくるナイキ製品は中国、インドネシア、ベトナムなどだが、そこの工場で安くこき使われている労働者に思いを至らせる消費者はいるのだろうか?
 コンサルタントの吉沢恒男氏は、ナイキについて
 「『企業のイメージ=ブランドイメージという考え方なので、ブランドが悪い=会社が受け入れられない』という考え方をしている会社。だから10年後にどういう立場にいるのか(を判断する)のは非常に難しい。変化が多い会社なので、そのときそのときで変わっているブランドだと思う」
とかたる。実際日本から撤退、或いは縮小傾向にある分野もあるそうだ。

続きを読む »

宮下公園に迫る危機・2

2010 - 04/01 [Thu] - 15:56

 シンポジウム「宮下公園~TOKYO SHIBUYA」の第2回目。
 続いては、シンポに先立って放映されたドキュメンタリー映像についてご報告したい。
 
 冒頭で、桑原敏武・渋谷区長の発言。
 「この渋谷ってのは、若者の街。こういうふうにいわれていますけれど、現実はスケートボードを駅前の広場でやる。道路の歩道の中でやる人が多くて、歩行者にとって危険である。そのときに場所としては宮下公園しかないと思った。その一方でナイキさんの方から、タイムリーにご提案をいただいた」

 歩行者にとって危険なのか?
 場所は宮下公園しかないのか?
 ナイキの提案は、タイムリーだったのか?
 ドキュメンタリーは、真相を赤裸々にあぶり出していく。

 画面は、ホームレスとその支援者、彼らを追い出そうとする役人のやりとりが出てくる。
 区側は彼らを追い出そうとするが、ナイキとのやりとりを問われ「守秘義務があったから報告が遅れた」と平然と口にする。ホームレスなんか邪魔だと言わんばかりの対応である。
 反対運動に関わっている人たちが口にするのは、野宿者達は社会・家族と縁が切れている人たちだと言うこと、これはスケートボード愛好者も同じで、彼らもまた街の中から排除されている。「排除されている」という関係では共通しているのだが、敵対する形に持って行かれているのがきわどいところであると支援者は指摘する。また、改修後の宮下公園は全面フェンスが張られる予定だが、管理強化によって安心がなくなってしまうのではないかという声も上がっている。
 それではなぜ、宮下公園がナイキパークになることに反対の声が上がっているのか?きっかけは、渋谷区にスケートパークが欲しいという、一区民の要望だった。
 2005年、渋谷区に「スケートパークを作ってもらおう会」というのが発足する。「スケート」の代表である佐野和俊氏によると、この団体は10人くらいの同好会的な団体で、名簿もないという。そもそもの趣旨は、佐野市がお世話になった学校に恩返しをしたい、青少年育成のためにスケートパークが欲しいので、区に協力していただきたい」ということで、区議会議員に陳情に行った。その陳情に応対したのは広瀬誠議員(公明党)で、広瀬議員も恵比寿付近でのスケートボーダーの状況を見ていたので、佐野氏との面会に応じた。その結果、2007年の予算でスケートパークを作ることが決まったことを、佐野氏は広瀬議員から知らされる。ところが、議事録を見る限り、それが予算が付いた形跡がない。
 佐野氏は広瀬議員と連絡を取りながら、言われるまま要望書を渋谷区に提出したのだが、佐野氏は説明会で見た設計図を見て驚いたという。彼が要望したのは「青少年の育成に役立つ」施設だったのだが、実際に目の当たりにしたのは、明らかにプロスケーターの手が加わった「お金持ちが趣味で自分の庭に作るような」感覚の公園だったからだ。どうやら、設計チームの中にナイキと仕事をしているスケートボーダーがいて、彼が中心になって計画を練ったらしい。Our-PlanetTVでは、その中心者に取材を申し込んだのだが、「ナイキの許可がないと回答できない」という理由で、取材を断った。

続きを読む »

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。