貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 事件・災害 > ビデオ店放火殺人  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオ店放火殺人

2008 - 10/03 [Fri] - 12:59

 犯人がやったことは許しがたい。
 だが、この事件を生んだ背景について、メディアはもっと突っ込むべきだ。

 1万円貸してと知人に土下座
 ビデオ店放火の小川容疑者


 時間が経つにつれて、この容疑者もまた「時代に翻弄された人間」と思えるようになった。
 高校を卒業し、人をもうらやむ会社に就職し、家庭を持ち、自宅を購入するなど、順風満帆の人生を送っていた容疑者。
 ところが会社をリストラという形で追い出され、再就職もうまくいかず、家庭も崩壊、自宅も出て住居を転々とし、ギャンブルにのめりこんで借金で首がまわらなくなり、最後にヤケになって事件を起こすという人生は、絵に描いた「転落の構図」そのものである。
 これらのトラブルや不幸が積もりつもり、容疑者の精神状態は悪化の一途をたどっていった。
 こんな事件があるたびに、識者が発するお決まりのコメントに
 「誰かに相談できなかったのか?」
というのがあるが、他人に相談できないからこんな事件が繰り返されるのである。こういうコメントが出ること事態、他社への思いやりがない証左といえるのではないか?

 私も時折、ネットカフェを利用する。これらの多くは、狭いスペースにブースをぎりぎりまで配置しているが、有事のことは思いつかなかった。
 ネットカフェがあるビルの多くは、通路も入り口も狭いところが多いし、非常口もわかりづらい。また、従業員のほとんどは、安全教育もされていないらしい。これでは、火災があったときに非常に不安である。
 ネットカフェは、夜間時はその料金の安さから「ワーキングプアの最後の砦」と見られているふしがある。事件が起こったビデオ喫茶も「ホテルより安い」ことを売りにしていた。
 おちおちネットもできないなんて、なんていう世の中になったのか?
 本と、この国はどこか狂っている…。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。