貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 看護 > 白衣の下には毒がある  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白衣の下には毒がある

2008 - 05/10 [Sat] - 12:47

 とあるSNSに設置されている「白衣の毒」というコミュニティー。
 このコミュニティーには、日本全国の看護婦が集合し、日々医師、同僚のみならず、患者やその家族に対する愚痴・不満・悪口罵詈雑言が寄せられている。
 私とて、看護婦の激務にはそれなりの理解があるつもりではある。日勤・夜勤の交代勤務に加え、医師、同僚とのやり取り、果ては患者やその家族との対応、本当にごくろうさまだとは思う。

 しかし、このコミュで書かれている書き込みを子細に見る限り、彼女・彼(こういう表現なのは、この仕事は圧倒的に女性が多いからだ)の人格を疑ってしまう。
 日々の激務で、肉体的・精神的に疲労困憊状態になっているのは理解できるとしても、彼らが吐く「毒」という名の悪口罵詈雑言の数々は、とてもじゃないが人格を疑われても仕方がないものばかり。常日頃の笑顔のかげで、こういう毒が吐かれているのだと思うと、私みたいな猜疑心の強い者にとっては、彼女・彼らと信頼関係を気付けないと感じる。
 病院という縦社会、複雑な人間関係、それらがもたらす強烈なストレス。
 晴れて「白衣の天使」となった者たちも、やがてこれらの空気に染まっていき、人格が破たんし、そしてセックスに走っていく。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。