貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 中山前国交相が出馬へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山前国交相が出馬へ

2008 - 10/17 [Fri] - 10:32

 彼はいったい、いままでどんな「教育」を受けてきたんだろう?

 中山氏が不出馬撤回の意向 宮崎1区、自民党県連は反発

 一連の問題発言で、国民の痛烈な反発を浴び、大臣辞任&次回選挙不出馬表明に追い込まれた中山氏。少しは反省していたのかなと思っていたら、とんでもなかった。
 彼の不出馬表明を受け、自民党宮崎県連は、公認候補者の選定作業をすることになった。
 後任の公認候補者選出は公募制で行われ、おととい締め切られ、ただいま選考作業の真っ最中。
 一時は東国原知事の名前も取りざたされたが、知事としての勤めを全うしたという発言で、彼が出馬する可能性が消えた。その矢先の「出馬表明」である。
 

 鹿児島ラ・サール→東大法学部→大蔵省(現:財務省)という出世コースを歩み、妻は入省同期の中山恭子・拉致問題担当秘書官、さらに子供も公務員という、絵に描いた「エリート一家」に属する彼にとって、われわれ「下々」の声なんか一顧だにしない、ということなのだろうか?
 ご当人はお忘れになっているかもしれないが、彼が引き起こした問題発言&不出馬騒ぎで、所属する自民党宮崎県連は、多大なる迷惑をかけた。お詫びの言葉もなく「候補者がいないなら俺が出る」とはいったいどういう了見をしているのか?
 宮崎一区の有権者の皆さん、こんな人間を当選させてはならない。当選させたら、見識が問われることは必至である。今回の彼の行動・発言は、有権者をあまりに愚弄したものだからだ。
 彼は一連の問題発言で「教育」について盛んに語ってこられたが、人の批判をする前に、自分の人生を振り返って、今までどんな「教育」を受けてきたのか、内省する必要があるだろう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。