貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 社会問題 > できるか「池袋中華街」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できるか「池袋中華街」

2008 - 12/06 [Sat] - 12:51

 
 挨拶も抜きに、いきなり「自分たちのコミュニティを作りますから」と言われてもねえ…
 
 「池袋中華街」構想に「待った」 地元商店街が反発
 
 東京新聞(12月4日付夕刊)にこの記事が掲載されたが、なぜかWeb版には掲載されなかったので、上記の記事を紹介した次第である。
 最近、池袋北口近辺に中国製品を扱う店が増えたそうだ。ここに住む中国人が増えたからだそうだ。店ができるから人が増えるのか、人ができるのか店が増えるのか、まるで「鶏が先か、卵が先か」というパターンである。
 誰かがある場所に定住すると、その人は親類縁者、知人友人を誘う。中国人が多くすむようになると、中国人コミュニティーができる。
 巷間中国人は「金・地縁・血縁」しか信じないといわれているが、歴史書を紐解けばわかるように、中国の歴史は内乱と戦争の歴史ともいえるのではないか。孔子や孟子などができたのも、それだけ中国社会のモラルが恐ろしく低かったからともいわれている。

 中国人がかの地に定住してコミュニティーを形成する分には構わないが、そのためには「常日頃から、地元住民と付き合いがある」のが前提条件。だが彼らは中国コミュニティーの閉じた空間だけで生活し、地元と共生しようという姿勢が見られないようだ。自動車学校、飲み屋、果ては保育所まで、全部中国語だけで用が済んでしまう。だから「池袋中華街構想」に対して、地元商店街から反対の声が起こるのだろう。
 報道されている範囲内では、地元商店街と中華系住民との間に、常日頃からどの程度の付き合いがあるのかどうかはわからない。ただ、地元から「反対」の声が巻き起こるということは、あまり深い付き合いがないのだろう。
 中華系住民と地元商店街の間では、何回か会談がもたれたらしいが、結論は平行線のまま。今月も会談の予定が合ったらしいが、直前になってキャンセルになったそうだ。
 反対の背景には、いつまでもとまらない「中国怖い」イメージの流布もあるのかもしれないが、中華系住民は、そのイメージ払拭に力を注いでいるのだろうか?本気で「中華街」構想を実現したいのなら、積極的に地元住民と溶け込む姿勢があると思うのだが。
 案の定、ネット上ではウヨ厨房たちが「反中」スタンスでこの記事を取り上げているが、私はこれらのスタンスと一線を画すことを明言しておく。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。