貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 戯言 > いじめられっ子には  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめられっ子には

2008 - 12/19 [Fri] - 13:37

 救いの場が必要だ。
 自分の体験から、これだけは言える。

 私の場合、昼休みには必ず図書室にこもっていた。
 そこが校内で一番安全なところだと、子供心にわかっていたのだろう。
 もともと「活字」の世界が好きだった私は、そこでいろんな本を片っ端から読んだ。
 高校の図書室は、通っていた学校が学校だったので、思わず「これが図書室かよ!」といわずにいられないほど騒々しく、時に先生の怒鳴り声も聞こえたが、自分の世界にこもっていた私はちっとも気にならなかった。
 
 

 高校生になると、美術館の展覧会めぐりに夢中になった。
 乏しい小遣いをどうやりくりしたのかわからないが、ちょっと小金がたまると、美術館に通ったものである。カタログを買うようになったのは、アルバイトで金銭的な余裕ができてからだが。
 美術館にいると、不思議と気分が落ち着く。
 常日頃感じているイライラも悩みも、どこかに吹き飛ぶ。
 
 本当だったら、何もかも放り出して美術館に逃げ込みたい。
 だけどWP層の私にはそれができない。
 それでも時間とお金をやりくりして、美術館めぐりをしている。
 
 どんなに追い込まれた状況下でも、精神的なゆとりはいつも持っていたいものだ。
 でないと、本当にどうにかなりそうだ
 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。