貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 看護 > 天使が悪魔になったわけ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使が悪魔になったわけ

2009 - 01/06 [Tue] - 22:37

 昨日、母が病院に父を見舞うと、父はひげをそっている最中だったそうだ。
 「明日床屋さんに行くのに、なんでひげなんかそっているの?」と母が質問しても、父は例の調子で「いいんだよー」の一点張り。
 本当は父は、外出して行きつけの床屋に生きたい。病院内にも床屋があるのだが、父に言わせればその床屋は「高くて汚い」というのだ。父のことだから、おそらく悪魔たちに「病院の床屋はいやだ」とか何とか、文句を言っているのだろう。
 文句を言うのは勝手だが、父は言い方が横柄で高飛車なところがある。家族ですらそう思っているのだから「赤の他人」にとってはなおさらだろう。
 何かなければいいな、と思っていたら案の定だった。
 いやな予感は的中した。

 今日母が病院に行ったら、父は
 「床屋には行かない」
 と言い出した。
 母が
 「どうして?」
 と聞くと、父は
 「看護婦たちがごちゃごちゃいって決めたんだろ」
 と答えたそうだ。
 ははあ、また悪魔たちは父に何かいやなことを言ったんだな。

 病院に限らず、医療界の人間関係はきわめて閉鎖的で、世界も狭い。だから、いやな患者のうわさはあっという間に広がる。
 父が通いで抗がん剤を打っていた時も、父は悪態をつきまくっていたらしい。
 その結果がこんな扱いになったのだと、私は思う。
 今まで散々、看護士達を「悪魔」呼ばわりしていたが、向こうにも向こうなりの理由があるのだ。
 彼女たちだって人間だから、いやな患者の看護を引き受けざるを得ないときもある。
 おそらく、復讐の時機をじっとうかがっていたのだろう。
 それが今だったというだけの話だ。

 父の不運は、癌転移と認知症の進行が同時だということ。
 外科に入院していたとき、母が担当看護士に「認知症と癌の治療を同時にしてくれる病院はありませんか」と聞いたそうだ。
 看護士の答えは「ありません」だったそうだ。
 耳は遠い、認知症の進行は止まらない、悪態はつく。
 誰だって、こんな患者の看護なんか引き受けたくないだろうなあ。
 「営業用スマイルの達人」看護婦が増えるわけだ。

 ああやれやれ。
 看護婦と家族のイライラ、フラストレーションはこうしてたまっていく…。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。