貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 看護 > 世の中そんなに甘くない  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中そんなに甘くない

2009 - 01/28 [Wed] - 21:14

 先日、ある患者団体に連絡を取ってみた。
 自分が参加するメーリングリスト(ML)で自分の窮状を訴えたことは、すでにBLOGに書いたとおりである。
 私の窮状に対し、その人はある組織を紹介してくれ
「そこに相談してみればどうか?」
といってくれた。

 母より一足先に帰宅し、連絡先となっている番号をダイヤルする。
 ところが、様子がおかしい。
 何回かけても、電話がつながらない。
 「業務が終了したのか?」
と思ったが、時間はまだ平日の夕方だ。

 リダイヤルを繰り返すと、今度はFAX音がなった。
 「ピー」という音の後、やっと先方と話をすることができたのだが…

 その組織は、会員制をとっている。
 「会員にならないと、相談に乗ってもらえないのですか?」
と聞くと、先方はそうだといったが、事情を聞いてあげるというので、こちらの現状を詳しく話した。
 一通り話し終わった後、先方は、私が住んでいる地域に、会員で活動している人がいるから、紹介しますといった。
 こちらは「お願いします」といった。

 それから一週間…
 先方からは、何の連絡もない。

 こちらが「会員になりたいから、資料を送ってくれ」といえばよかったのか?
 「会員でないと相談できない」といいながら、なぜ先方はこちらの事情を聞いてきたのか?

 想像するに
 おそらく私の訴えは、電話を受けた段階で、地区担当の人間に握りつぶされたとしか思えない。

 同じころ、母は駅前で1枚のチラシを受け取った。
 そのチラシは観劇を旨とする団体で、県内最大のNGOだと書いてあった。
 入会金と月々2,000円の会費(年間で24,000円!!)でお芝居を見ませんかというもの。
 自分の生活でカツカツなのに、そんな余裕がどこにある?

 ちなみにこの団体と、私が相談した団体は、昨今「蟹工船」ブームに沸くあの政党を支持している。
 こんなところにも、この政党を支持している連中の欺瞞性が垣間見える。

 ちなみにその団体、年会費は安いが、その団体が発行する機関紙を購読するのが入会の条件だ。
 現実には、その金を払えない人は大勢いる。
 彼らにも「組織維持」の大義名分があるだろうが、それにこだわる限り、新規支持獲得には広がらないだろう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。