貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 教育問題 > ヤンキー先生退職  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤンキー先生退職

2005 - 02/16 [Wed] - 19:06

 ヤンキー先生が来月限りで、勤務している学校を退職することになった。
 彼が生徒としてお世話になり、教師として赴任していた北星学園余市高等学校は、プロテスタント系ミッションスクール・北星学園の系列校。かれこれ20年近く前から「落ちこぼれ救済」教育に全校を上げて取り組み、不良生徒受け入れに実績を残してきた。そもそものきっかけは、地域の過疎化に起因する生徒数減少対策で、何か特色を打ち出したいという学校側の狙いからだが、その評判は口コミで全国に伝わり、その道で走らぬものはない学校になった。義家先生も、そうやってやってきた生徒の一人だ。

 教え子がこれだけ有名になったのだから、先生もさぞ鼻高々だろうというのは素人考えで、実際の吉家先生は学校内で浮いていたようだ。一番の原因は、他の教師との収入格差。教師の仕事の合間を見て開催される月数回の講演活動、本の出版、著作物のドラマ化・漫画化、雑誌のコラム連載などで、昨年の収入は推定3,500万の「大金持ち」。
 PTAや寮のOBの一部から「学校そっちのけで講演活動をしてカネを稼いでいる」などのやっかみの声が上がり、同僚からも「講演・執筆活動をすべてやめなければ、教師集団の一人としてやっていけない」と非難され、嫌気をさしたようだ。
 ヤンキーとして「落ちこぼれ救済学校」に編入学という形でやってきて、そこの教師達の努力で見事に更生して大学に進学し、進学先で教員免許を取得し、母校に教師として戻ってくる。これ以上のシンデレラ・ストーリーはあり得ないと思うのだが、この話が教師・OBのやっかみ・嫉妬の類で閉じられるというのは、何とも皮肉なことであり、残念なことだと思うのだ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。