貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 戯言 > ネットカフェ住民の敵は  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットカフェ住民の敵は

2009 - 02/06 [Fri] - 10:06

 風邪をひいている人である。
 はっきりいって、迷惑この上ない。

 父を見舞った後の帰り、近所のネットカフェでBLOG記事の更新をしていた。
 気がつくと、どこかで
 「ゴホッゴホッ」
という音がが耳に入ってきた。

 いやな予感がした。
 この近くに、風邪をひいている利用者がいるのではないかと。
 不幸な予感は的中した、
 通路を隔てた隣の席に、その客はいた。

 席を立つ音が聞こえたので、どんなヤツか確かめてみたくなった。
 聞こえないように、そっとブースの扉を開ける。
 相手は、いい年こいたおじさんだった。
 風邪をひいているにもかかわらず、マスクをしていない。
 迷惑この上ない。
 注意したところで
 「俺の勝手だ!」
といわれるのは目に見えている。

 風邪ひきなのに、それでもネットカフェを利用したがる。
 まあ、自分もそういう性格だから、人のことを言えた義理ではないけどね。

 ネットカフェ利用者にとって、風邪引きは敵である。
 ネットカフェで、加湿器を設置したり、空気循環に配慮しているところは極めて限られる。
 隣が、風邪引きだったら悲惨だ。
 自分が、長時間パック利用者だったらもっと悲惨だ。
 長時間パックの場合、途中で切り上げても、残り時間分は返金されないのだから。

 「ビデオ個室を使えばいいじゃん」
という声もあるだろう。
 だがビデオ個室の場合、前に使っていた人間が風邪引きだったら、一発でアウトだ。
 逃げ場がないのだから。

 なぜここまで神経質になるのかというと、父ががん患者だから。
 がん患者に、風邪をうつすのは許されない。
 ましてや、今の父は大部屋にいる。
 ほかの患者にうつしてしまったら、目も当てられない。

 今の我が家は、一瞬でも気を許せない状況にある。
 家族が風邪をひいたら、病院にはいけない。
 院内感染だなんて、しゃれにならない。

 がん患者の家族が今、一番恐れていること。
 それは「風邪をひく」ということなのだ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。