貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 看護 > 院内感染?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内感染?

2009 - 02/07 [Sat] - 15:26

 昨日、看護師長さんが父の病室にやってきた。
 父は、ここしばらく微熱が続いていたので、検査をしてみたところ、細菌に感染していたことがわかったという。
 「ほかの患者さんに感染してはいけないので、これから個室に移動します」
と師長さんはいい、すぐさま父は個室に移された。

 院内感染?
 何じゃ、そりゃ?
 母と2人、一体どこが悪かったのかと思案しあう。
 ほどなくして、主治医がやってきた。
 鼻から病原菌が検出されたので、これからしばらく治療を行いますという。心配した母が
 「私たちからうつったのでしょうか?」
と質問すると、主治医はそうでないから心配するなと答えた。

 主治医が去ってまもなく、担当看護師がやってきた。
 「明日からは病室内に入る時に、服の上に使い捨てコートとマスクを着用して下さい」
といわれた。
 面倒くさいなあ。
 それは母も感じていたらしく
 「次から次へと、面倒くさいことが起こるわねえ」
とぼやいた後、
 「ええい、開き直ろう。なるようになれ、だ」
といった。

 それよりも、気になるやり取りが耳に入った。
 師長さんと、医者とが何事かやり合っている。
 彼らに悟られないよう耳をすますと、聞き捨てならない言葉の数々。

 「担当は○○先生?」
といった後、医師の笑い出す声が聞こえる。
 われわれをバカにしているのか、それとも主治医の陰口をきいているのか?
 今日、父を担当する看護婦と何事かやりあっていたが、どうもわれわれをバカにしている雰囲気。
 
 認知症患者は、お宅らにとってそんなに厄介者か?
 ムカつく。
 ご大層な理念を掲げていても、現場の認識は所詮そんなもの。

 「医師=尊大って思ってる限り仲良くなんかなれないじゃん… 」
 某SNSコミュニティにこんな書き込みがあったが、先方がWPを見下す態度をとり続ける限り、上記の思いはぬぐえない。
 同じコミュニティには、こんな書き込みもあった。
 「女医はWPを見下すというが、女医は相手の収入に依存しませんから打算的恋愛はしない傾向があります。つまりワープアだろうが関係ありません。自分を磨いて下さい。」

 自己の生活で手一杯の人間が、どうやって「自分を磨け」というのか?

 これでは「ひがむな」というのが無理だろう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。