貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> メディア > 真相は薮の中か?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真相は薮の中か?

2005 - 01/18 [Tue] - 22:18

 4年前にNHK教育テレビで放映された「戦争をどう裁くか」シリーズの「問われる戦時性暴力」を巡って、新たな事実が発覚した。この番組は、旧日本軍の軍隊による性暴力、従軍慰安婦などの問題を扱っているVAWWネットJAPANが、当時の日本軍の罪状を裁判形式で告発した様子を、番組として放映したものだが、実際放映されたものは、主催者側が驚くほど内容を改変されていたため、怒った主催者がNHKと製作会社側を訴えた。その事件がきっかけになって結成されたのが「メキキネット」である。東京地裁での第一審では、製作会社側のみ責任を認めてNHKの責任がないという判決だったため、原告・被告側双方が控訴して争っている。
 ところが先週末の朝日新聞に「安倍(晋三)、中川(昭一)両氏が事前に検閲した」という内容の記事が朝日新聞に載ったために、永田町は上を下への大騒ぎになっている。この記事を書いたのは憲法九条の問題を中心に追いかけている記者だが、両議員は事前検閲したことを否定している。中でも悪質なのは安倍で、彼はこの報道がなされた直後に出した文書コメントでは「主催者側の意図通りの報道をしようとしているとの心ある関係者から情報が寄せられたため、事実関係を聴いた」といったのだが、後日出演したニュース番組では「(NHK幹部が)予算の問題で訪れ、むこうが番組について説明したいと切り出した」といいだした(以上15・16日付の東京新聞より)。

 これに反発したのか、当該番組のディレクターが記者会見を開き「政治家の圧力があった」と涙ながらにこれを告発した。ディレクター氏によれば、番組放映を巡って中川・安倍両氏から報道局幹部に圧力がかかったらしく、結果として番組内容を変更せざるを得なくなったという。このことに関してNHKは「政治介入は事実無根」としてこれを否定している。ディレクター氏は局内の倫理委員会にも申し立てをしたが、なしのつぶてだったために「職を賭して」告発することを決意したという。この件に関して、当時の幹部達はいまだに口をつぐみ、マスコミの取材にも応じていない。カットした4分間の画面を公開せよという声が出てくるのは当然だ。この部分を付け加えて改めて報道しない限り、問題の部分は見えてこないからだ。
 安倍はあちこちのマスコミで言いたい放題いっているが、その内容は事実がごっちゃになってきた部分も散見されてきた。安倍はこの番組について「北朝鮮からの工作員が混ざっていた。拉致問題が問題視されている中、北朝鮮を被害者の立場にすることで、拉致問題を沈静化させるための謀略」と発言したらしいが、この番組に収録された「女性国際戦犯法廷」が開かれたのは2000年12月、番組として放映されたのは翌年1月であり、事実誤認も甚だしい。安倍としては「北朝鮮憎し」でこのような発言をしたのだろうが、北朝鮮を政治利用しようとしているのはどちらだろうか。
 ジャーナリスト・斎藤貴男氏はこの件で「齢50歳にして、いまだに父親の威光を振りかざしている」といってこれを非難しているが「親の威光」云々は別にして、彼が国会に跋扈する二世・三世議員が持っている歴史認識のお粗末さに、憤りを持っているのは明らかなのは、この発言からもうかがえる。
 それにしても、この件ではネット上にも他人事としか思えない意見を寄せる人間が目立つ。昨日の某民放には元NHK記者の国会議員が出ていたが、彼のコメントも他人事そのもの。その番組に出席していた人間も強者からの立場による意見が目立っていた。このやりとりを見ていて、今の国会には「弱者を思いやる人間が、今の国会にはいない」ということをまざまざと痛感した。ネット上もまたしかり。朝日新聞に敵意を示すのは勝手だが、今回安倍達がやったことは憲法はもちろん、放送法にも違反する可能性が高いということである。そして、そのことを指摘する人間は誰もいないし、例によって「ウヨ厨房」たちはそれらのことについて知らんふりを決め込んでいる……。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。