貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> メディア > NHKなんかいらない!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKなんかいらない!

2005 - 01/19 [Wed] - 21:58

 ETV特集「戦争をどう裁くか」シリーズの「問われる戦時性暴力」についてのスッタモンダは、ますます混迷の度を深めようとしている。今日、NHKの幹部が記者会見に出てきて「圧力をかけられたという認識はない」といっていたが「エビジョンイル」体制のNHKで、口が裂けても「圧力がありました」なんていえるわけがない。「朝日記者の質問態度には、決めつけ口調を感じた」と語っていたが、中川は当初のコメントで「圧力をかけた」ことを認めていたが、ことが大きくなってきてからは一貫してこのことを否定し、最近になって「くつろいでいるところに押しかけ取材を受けた」といいだした。このことは安倍もいっているから、2人して口裏あわせをしているのかもしれない。
 もともとこの番組はNHKエンタープライズ21のプロデューサーが出したもので、実質的な資材取材・制作を、制作会社ドキュメンタリージャパンに依頼するという形で進行した。形の上では、NHK本体がエンタープライズに委託し、さらに制作会社に委託した、ということになっているが、途中からNHK本体に編集権が移った。その結果この番組がどうなったのかは、心ある方には先刻承知のことである。当初45分枠で放映さえる予定だったのだが、天皇有罪と従軍慰安婦の部分を扱った4分間を削ったため、実際に従軍慰安婦法廷に参加した人間には印象が全く違ったものになってしまい、初めてこの番組を見た人間には「?」という印象しか残さなかった。この裁判については昨日の日記に書いたから、ここでは繰り返さない。

 この企画の意義は「従軍慰安婦」と呼ばれた女性たちが9地域64人から集まり、これまでの沈黙を破って命をかけて体験を話したことである。当時海軍主計局に勤務していた中曽根康弘の回想録にも「苦心して慰安所を作ってやった」とあることから、日本国家の組織的な犯罪であることは明らかである。
 子供時代に性暴力を受けたという、この裁判を傍聴した女性は「私自身の個人的な体験では、彼女たちの発言を聞き続けることはつらいことでした。子どもの頃に受けた性暴力の記憶が蘇ってきましたし、まるで自分自身が強姦されているような気持ちに陥りました。この感覚はずっと続き、傍聴記を書いている間も、闇の中で誰かに襲われるような怖さで、眠れなかったことを覚えています。しかし「慰安婦」であった女性たちの過酷で悲惨な体験とは比較になりません」と書いている。にもかかわらず、従軍慰安婦をいまだに認めようとしない政治家や「ウヨ厨房」といわれる若者のおかげで、この国は品格が疑われる有様である。恥ずかしいことである。
 この番組以降、このシリーズをはじめ硬派のドキュメンタリーを作っていた「ETV特集」は現在に至るまで放映されていないどころか、ドキュメンタリーの外部プロダクション発注もなくなった。それもこれも「エビジョンイル」が、ジャーナリストの良心を捨て去り、政府のご機嫌をうかがうことに汲々としているからだ。「皆様のNHK」を標榜したいのなら、政府の圧力を突っぱねてからいって欲しい。このままではエビジョンイル一人がやめたところで、受信料支払い拒否件数は減らないだろう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。