貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> メディア > 報道自由度:日本は37位  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

報道自由度:日本は37位

2005 - 10/22 [Sat] - 22:12

 日本も、数多くの報道タブーが存在する。
 
 報道自由度:北朝鮮最下位 米国は44位に転落

 日本は昨年度より順位を上げたとはいえ、まだまだ数多くの報道タブーが存在する。その最たるものが、天皇などの「皇族タブー」。今上天皇は、ことあるごとに「開かれた皇室」を口にされるが、側近連中は戦前のように、皇室を「菊の向こうのカーテン」に押しやりたいらしい。日本のメディアも、宮内庁から睨まれることを怖れてか、皇族関係のニュースは「大本営発表」になりがちだが、12年前の「皇太子婚約」をすっぱ抜いたのは、宮内庁記者クラブに所属しない外国の報道機関だった。

 残念ながら、この記事では報道自由度の上位にランクされている国家がわからないこと。個人的には、どんな国が上位にランキングされているのか興味がある。それらの国には「報道タブー」がないのかも、ね。
 もっとも、日本の場合は当事者にその気がなくても、周囲が勝手に「タブー」を作っているケースが少なくない。数年前までは「噂の真相」が頑張って、日本のタブーに独自の視点で切り込んでいたが、3年前に惜しまれつつ休刊してしまった。以来、我が国にはタブーに突っ込むメディアがなくなってしまった。世相の変化というべきか、記者がだらしなくなったのか?あるいはその両方か?個人的には、「噂の真相」の跡を継ぐ雑誌の発刊を心待ちにしているのだが。 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。