貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 事件・災害 > 日勤教育は  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日勤教育は

2005 - 05/07 [Sat] - 21:05

 こういう輩にこそ行うべきではないのか?
 
 延べ185人、事故発生後にゴルフや旅行 JR西日本

 これだけの大事故を起こしたにもかかわらず、やれゴルフコンペだの、ボウリングだの、旅行だの飲み会だのと遊び回っている、JR西日本社員の感覚は、凡人の感覚をすでに超越している。どんなことを言われても、常人を納得させることはおそらく不可能だろう。 ここまで来ると、もはや社風云々ではなく人間性の問題だ。

 事故発生時、沿線住民はすべての業務を中断し、人命救助に邁進していた。その時に真っ先に人命救助に駆けつけなくてはいけない当事者は、遊びの計画にウツツを抜かしていた。記者会見で、記者は社長を会見場に出せと糾弾していたが、こういう事態になった以上、組合幹部も記者会見でお詫びの姿勢を見せるべきではないか。上司の監督責任は問われて然るべきだが、人命救助活動よりも遊びを優先させた、組合員の責任も追及しなくてはいけないだろう。
 今回の事件で気になるのは、記者会見に出てくるのは社長だけで、会長・前会長とも表舞台には一切出てこない。特に会長は事故現場にやってくる際、ポケットに手を突っ込んだ姿を報道陣に見とがめられてからというもの、公の場に一切姿を現していない。
 上も上なら、下も下。彼らに、人命を預かる仕事をする資格がないということが、これではっきりした。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。