貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 事件・災害 > 「世界の大富豪」といわれた  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界の大富豪」といわれた

2005 - 03/03 [Thu] - 21:22

 人物が、かように哀れな末路をたどると誰が想像出来たか。
 
 堤前会長を逮捕 東京地検特捜部

 昨日まで使われた「前会長」といわれていた男が、一夜明けたら「容疑者」呼ばわり。自業自得とはいえ、何か釈然としない。10年以上前、海外の雑誌で「世界一の大富豪」と紹介されたことがある。それが、堤前会長の絶頂期だった。
 逮捕直前、40年前にテレビ朝日(当時はNETテレビ)が製作した「堤義明氏の青春」という番組を放送していた。その番組は堤容疑者が、大磯や軽井沢を、若者の人気観光スポットに仕立てたことを、嬉々として紹介していた。
 同じくテレビ朝日で、1978年に放映された「こちらデスク」では、若かりし頃の筑紫哲也の質問に、威厳をもって答えている堤容疑者の姿があった。従業員は一斉に整列して堤容疑者を出迎え、現場にあれこれ口を挟む。電車の運転室に入り込み、駅員は彼がいる運転室に向かって一斉に敬礼する。この会社は北朝鮮か?西武ほどでもないが、この国の財界人は程度こそあれ、北朝鮮の指導者みたいな態度で従業員に接している。そのことを指摘するマスコミは皆無である。

 西武鉄道は、世間一般から「大企業」と見なされてきたが、その実態は堤容疑者が隅々まで目を通す「堤商店」である。規模が小さい時はそれでよかったのだが、規模が大きければ大きいほど個人の目は行き届かなくなってくる。にもかかわらず、堤容疑者は従来通り「堤商店」の如く態度で振る舞おうとしたところに、彼の限界があった。西武鉄道の親会社コクドは非上場で、そのコクドは長年「赤字決算」を続けてきた。上場すると経理を包み開かさず明らかにしなくてはならないから、それを嫌ってきたのは明かである。さすがに「子会社」西武鉄道は上場してきたが、株式構成を偽ったのが発覚したのが原因で、上場廃止に追い込まる事になった。
 堤容疑者の悪行は、これまでマスコミだって重々承知だったはず。にもかかわらずこのことを伝えず、犬が落ちた時を狙って「これでもか」とばかりに叩きまくる。堤容疑者のやったことも悪いが、肝心なところで知らんふりをしてきたマスコミも同罪だ。すべての新聞・雑誌は「業界紙」を名乗ることをすすめたいくらいだ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。