貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 事件・災害 > 地下鉄サリン事件で  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄サリン事件で

2005 - 03/21 [Mon] - 21:22

 「日本は安全な国家」というイメージは崩壊した。

 被害者支援、「米と雲泥」 地下鉄サリン10年

 あの忌まわしい事件から10年たった。宗教という名の衣をまとった、キチガイじみたカルト教団の手によって、無辜の一般市民の命が奪われ、今なお多くの人が、寝たきりやPTST(心的外傷後ストレス症候群)で苦しんでいる。
 小泉首相は今日、事件現場となった東京都内の東京メトロ千代田線霞ケ関駅事務所を訪れれ、芳名録に肩書なしで「小泉純一郎」と署名した後、献花し、祭壇の慰霊柱の前で手を合わせたという。補償問題について記者団の質問に「10年たっても傷を受けて大きな困難、傷を抱えている方がたくさんいる。できる限りの支援はしていかなきゃならないと思う」と述べ、被害者救済への取り組みに前向きに取り組む姿勢を示したそうだが、具体的な支援策は開かれなかった。
 事件を起こしたオウム真理教は、事件後「アーレフ」と改称して、今なお教団活動をしているが、今年に入ってからも「修行中」に関係者2人が死亡するなど、そのカルト体質は今も健在という見方が強い。

 この事件の他にも、このカルト集団は松本サリン事件など多くの事件を起こした。教団の絶対的な支配者「麻原昇晃」こと松本智津夫が率いたオウム真理教幹部の多くは死刑判決を受けているが、松本自身の第一審は異例の長期裁判におよび、控訴審も遅々として進んでいないという。この教団は当初、選挙という合法的な手段によって「日本乗っ取り」を企てた(1990年)が、世間からは「得体の知れない泡沫候補」扱いされ、総選挙で惨敗した。それがきっかけで先鋭的カルト教団に変貌したといわれている。
 この教団には一流大学や大学院を出たエリート達が、ゴロゴロいたという。エリートというのは多かれ少なかれ自己顕示欲を持っているが、彼らの多くはオウムによって、歪んだエリート意識を植え付けられた。なぜ彼らは「オウム」という化学とは全く異次元の世界に引き込まれたのか。これは憶測に過ぎないが、彼らの歪んだエリート意識と、ネット上を跋扈している「ウヨ厨房」は同類だと思うのだが。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。