貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 看護 > 残務整理は面倒だ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残務整理は面倒だ

2009 - 03/05 [Thu] - 16:54

 今日「発行手数料」を支払ったことで、父が入院していた病院との関係に一区切りついた。
 本当だったら、市役所で払ってくれるはずなのだが、うちの担当者は本当に意地悪だ。たぶん病院に
 「支払いは、患者がしますから」
とか何とか言って、適当に言いくるめたのだろう。とんでもない輩だ。
 父の闘病生活を見ていて感じたこと。それは今の医療制度が「社会的弱者」に対してあまりにも冷淡だということだ。
 このBLOGで再三書いてきたが、私の父はがんに加え、認知症もわずらっていた。厄介なことに、がんの症状の悪化に伴って、認知症も進行していった。そのため看護師たちから迷惑がられ、再入院以降は我々家族を含め、彼女たちから「人を人と思わぬ」屈辱的な扱いを受けた。
 この病院は「人間の尊厳を守る医療」をモットーに掲げ、父が入院していた病棟看護部のスローガンは「博愛と奉仕の精神を持って看護する」だが、ごく一部の人間を除き、そんなスローガンは影も形も見当たらなかった。医療関係者の多くは我々の陰口をたたいて楽しみ、本音と建前を平気で使い分け、自分の手に負えないことは家族に平気で押し付けた。彼らの多くは「ここは『がん専門病院』であり、認知症患者の世話はしたくない」という気持ちを、あからさまに態度で示した。ネットで「がんと認知症の世話をしてくれる病院を探しています」と質問したが、わかったのは、認知症がこれだけ騒がれているのに、高度医療機関では、認知症患者は疎外対象になっているということだけだった。

 断っておくが、父ははたから見るよりはボケていなかった。耳が遠いために「認知症が進んでいる」と思われていただけだ。話す言葉は聞き取りずらかったようだが、新聞をめくる音は聞き取ることができたし、20年以上前に入院していた病院の名前や本籍地は、正確に話すことができた。俗に言う「まだらボケ」といううやつである。
 発行手数料は普通に払うのかと思い、病院の診療カードを機会に挿入したのだが、窓口の係員からやり方が違うという指摘を受けた。その言い口はかなり横柄だったように感じた。そんなことをいわれても、こっちは知らないのだからしょうがない。
 病院内で、父の担当だった医師の後姿を見かけた。話しかけようかなと思ったが、彼はあっという間に姿を消してしまった。院内で私の姿を見た看護士もいたかもしれない。まあいいや。もうこの病院のスタッフとは、半永久的に「赤の他人」になったのだから。
 さて父が旅立ったことで、我々は残務整理に追われている。忌引休暇の届けには死亡診断書が必要なこと、喪主とそれ以外では認められる休暇日数が違うことを、今回はじめて知った。昨日会社側から、香典をいただいた。普段は不満いっぱいだが、こういうところはいいところだと思う。
 それ以外の残務整理だが、私の場合現住所と本籍地が違うので、手続きで結構難渋している。
 49日法要の前に、菩提寺に一度相談に行こうかと母はいっている。戒名は最低30万かかるという。母は値引き交渉したらしいが、他人の目もあるので、これ以上は下げられないといわれたそうだ。塔婆は1本2,000円から。母は父がかわいそうだからと、戒名をつけてやりたいという気持ちを捨てていないが、今の経済状況ではまず無理だろう。塔婆も1本だけではかっこうがつかないから、最低でも数本はいるだろう。
 墓地の名義変更も面倒くさい。書類のやり取りだけでかなりのエネルギーを使う。戸籍謄本を取り寄せ、必要事項を明記し、本籍のある役所に送り返す。本籍異動は以前から言っていたのだが、それを怠るとこんなに面倒くさいことになるのだ。本籍地へ向かう交通手段はどうするのか、宿泊先はどうするのか、クリアしなければならない問題は多い。
 ふと、父が病院でよく口にしていた「まいったなあ」という言葉が脳裏によみがえる。父は今、どんな思い出天国での生活を送っているのだろうか……。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。