貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> メディア > 日テレ久保社長辞任  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日テレ久保社長辞任

2009 - 03/17 [Tue] - 21:09

 「あるある!」の教訓は生かされなかったようだ。

 日テレ久保社長辞任 「バンキシャ!」虚偽証言報道で引責

 関西テレビが起こした「あるある」事件は、外部の弱小下請け業者が起こした事件だった。
 「あるある!」はバラエティー番組という位置づけだったが、今回の事件は報道番組でおきただけに、ダメージはそのときとは比較にならない。
 久保社長は辞任会見で
 「担当者が単純にだまされてしまった」
と辞任会見で語っているが、この「担当者」が自社の人間なのか外部下請けの人間なのかは、その場では明らかにしていない。前者だったら企業体質の問題だし、後者だったら「あるある」の教訓が生かされなかったということになる。しかもこの記者会見、当初はテレビカメラの撮影すら拒否したために報道陣ともめ、改めて記者会見のやり直しをしたそうだ。「くさい物に蓋」という感じがして、なんともいやな気分になる。

 この事件の始まりは、日本テレビが「バンキシャ!」HP上で、裏金問題の情報提供を呼びかけたのがきっかけ。犯人の元建設会社役員が「岐阜県で裏金工作がある」という情報を寄せた。ディレクター以下スタッフはこの情報を鵜呑みにし、岐阜県側に「裏金の有無」を問い合わせたが、岐阜県側は裏金の存在を否定したにもかかわらず、あたかも裏金工作があったかのような報道をした。
 一番の問題点は、寄せられた情報の裏を取らなかったこと。記者にとって、ネタの「裏付取材」は基本中の基本であり、それを怠ったために、番組は計り知れないイメージをこうむった。 
 日テレと「バンキシャ!」は、失われた信用をどう取り戻すのか?
 再発防止のためにどんな対策を採り、システムをどう構築していくのか?
 「報道の自由」も大事だが、、そのためには視聴者を始め、部外者が納得する原因究明が必要だ。
 視聴者に対する義務を果たさないで、権利だけを声高に主張しても支持は広がらないということを、関係者は肝に銘じてほしいと思う。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。