貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 大学野球 > 東都大学野球入れ替え戦観戦記  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東都大学野球入れ替え戦観戦記

2008 - 06/07 [Sat] - 18:00

 本日、東都大学野球の入れ替え戦観戦のため、神宮球場に行ってきた。
 ところが、ここ数年毎年のように行っている球場にもかかわらず、道に迷って右往左往、あちこちぐるぐる回る羽目になった。何とか球場にたどり着いたのは、プレーボール直前。切符を買って観客席内に入るころには、先頭バッターが打席に入っていた。

 さて、その試合結果はというと…
 
 駒澤  0 1 2  0 0 0  0 1 0  4
 中央  0 1 0  1 0 0  0 0 0  2

 駒澤が「負ければ2部降格」というプレッシャーをはねのけ、一部校の意地と伝統の勝負強さを発揮して先勝した。
 2回に高山のソロホームランにより1点先制すると、3回には中央先発・山崎の乱調につけこみ、連続四球と林の3塁打で2点を追加、8回にはヒット2本に犠打を絡めたそつのない攻撃で追加点を上げ、中央を引き離した。
 中央はチーム全体にみなぎる気迫と応援人数では明らかに相手を圧倒し、序盤から押し気味に試合を進めながら、勝負どころでタイムリーが出なかった。駒澤先発・加茂に10安打を浴びせながら2点どまり。5回以降は、交代した河村に2安打に抑えられた。1回と3回に連続攻撃ができていたら、違った展開になっていただろう。その差は紙一重に思えて、勝負どころで自分のペースに持ち込めるかどうか否かが一部校と二部校の違いである。
 中央は、今年から監督がプロ野球で実績を持つ人物が監督に就任すると、早速二部リーグで優勝と結果を出し、満を持しての入れ替え戦だった。それだけに今日勝って、チームに勢いをつけたかったに違いない。経験豊富な人物だけに、どうチームを立て直してくるか。
 対照的に最近の駒澤は戦力面では他校に引けをとらないといわれていながら、なかなか栄冠に手が届かない。直近の優勝は7年前にさかのぼらなければならず、翌シーズンには二部落ちを経験した。今回の入れ替え戦出場はそのとき以来であり、もし第2戦、第3戦を連続で落としたら、それ以来の2部降格ということになる。明日も勝って残留を決めたいところだが、負けたらどうなるだろうか?
 先にも書いたとおり、観衆は中央が圧倒し、駒澤はベンチ入りできない野球部員が応援の中心といった風情だった。一般観衆も多かったが、これは週末開催だったことが大きい。普段の東都大学野球は、週末を六大学に抑えられ、平日開催を余儀なくされているために観客数は少なく、週末開催は秋のリーグ戦開幕週だけに限られている。実力的には六大学を圧倒しているのだから、神宮開催にこだわらず、関東近県の球場で開催してほしいというアマ野球ファンの声は多いのだが、連盟サイドからしてみれば、やはり東京開催のメリットは大きいということなのだろう。かくいう私も、東都の週末開催を熱望する一人なのだが…。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。