貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 貧困問題 > 続・定額給付金申込書  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・定額給付金申込書

2009 - 04/09 [Thu] - 11:05

 定額給付金の申込書を改めて読み返した。そして、間違いを一つ見つけた。
 説明書には「預金通帳のコピーを添付」と明記してある。私は「通帳の表紙のコピー」と思っていたのだが、改めて読み返してみると、コピーするのは通帳の「表紙」ではなく「最初の見開き」だったのだ。
 改めて見開きをコピーして、ふと疑問が浮かんだ。
 私が記入した銀行口座通帳の見開きには、口座残高案内のフリーダイヤルと、個人番号が記入してある。
 役所が、これを悪用するのではないかという疑念がある。
 聞いてみたところで「やりません」といってくるだろうが、どうだかねえ。

 名簿に父の名前が記載されていたので、どうするのか役所に聞いてみた。
 先方の答えは「その必要はない」だった。
 名簿作成時点で生存していれば、受給対象者になるのだそうだ。
 麻生のことをボロクソにけなしていた父だったが、そのくせ定額給付金が振り込まれるのを楽しみにしていた。
 ふつうの家庭だったら、外食やおしゃれに使うだろう。
 だが我が家の場合「お返し」の一部に消えてしまう。

 麻生自身は、この政策を「いい政策」と思っているのだろうが、突っ込むところはいっぱいある。
 添付書類はコピーだが、地方には役所から遠くはなれたところに居住し、車や自転車もつかえない「異動難民」が大勢いるはずだ。また、地方にコンビニがあるのはまれだし、老人たちの頼みの綱である郵便局は、一般利用者が使うコピー機は置いていないし、コピーサービスもしていない。大体、老人の中にはコピー機に触ったこともなければ、コピー機の「コ」の字も聞いたことがない人もいるだろう。
 だから提出書類は、身分証明書や戸籍謄本・抄本も認めたほうがよかったと思う。
 「手数料がかかる」という意見もあるだろうが、申請理由を「定額給付金受給申請のため」とし、その場合は手数料を免除とするほうがよかったのではないか。

 麻生はこんな「ばら撒き」政策より、もっとましな政策を思い浮かばなかったのか?
 もっとも、一着30万のスーツを着用し、ホテルのバーを「安全」と強弁するような人間に、他人の思いやりを持てというほうが無理なのかもしれない。
 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。