貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> メディア > オーマイニュース閉鎖  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーマイニュース閉鎖

2009 - 04/05 [Sun] - 13:05

 「JanJan」はおろか「日経」にもなれなかった「オーマイニュース」。
 「孫正義」ガスポーンサーになった時点で、失敗は明白だった。

 「OhmyNews」閉鎖へ 「市民参加型」ニュースサイト、2年半で幕

 先行するインターネット新聞「JanJan」に続けとばかりに、鳥越俊太郎氏を編集長に迎え、ソフトバンクをメーンスポンサーに華々しくデビューしたインターネット新聞「OhmyNews(以下オーマイ)」が、今月で撤退することになった。
 このBLOGでは2回にわたってオーマイの記事を取り上げ(「オーマイニュース敗退」、「オーマイニュース」リニューアル」)、このメディアが抱える問題点を自分なりに取り上げた(つもりである)。そして今回、危惧していたことが現実になってしまった。
 そもそもこの新聞、コンセプトからしてあいまいだった。
 「JanJan」が成功したのは、この新聞がNGO活動やNGOが主催するシンポジウムのレポートなどを積極的に掲載するなど、既存メディアとの違いを明確にしたことである。ところが「オーマイ」は、最後まで確固たるコンセプトを確立できなかった。正式オープン前から編集サイド内部で内紛が勃発し、オープン後もゴタゴタが絶えず、そのせいか広告収入も伸び悩んだ。
 だが「オーマイ」はそれでも、自分の立ち位置を模索して奮闘していたようだ。
 JanJanは「市民目線からの記事」をモットーに、NGOの記事を積極的に掲載しているが、「オーマイ」は、地方からのニュースを積極的に掲載していたそうだ。だから「オーマイ」は「地方発」のニュースに重きを置くコンセプトを前面に打ち出し、「権力を監視する」のはJanJanなど先行ネットメディアに任たほうがよかったかもしれない。


 

 「オーマイ」には、市民記者用の「SNS」が設けられ、その中での意見交換も活発だったらしいが、相手がどんな人間かわからないまま、ネット上で意見交換をするには限界がある。ある記者が書いた記事が原因でトラブルが起きたとき、編集部がクレーム対応を記者当人に「丸投げ」した事もあったという。
 それやこれやの要因が積み重なった結果「オーマイ」の市民記者と記事の信用度は低下し、昨年9月にはこれまでのコンセプトを一新し、生活面を重視する構成にリニューアルものの伸び悩んだようで、とうとう撤退を余儀なくされた。それも、これまで蓄積されてきた記事もすべてネット上から削除するという。
 「オーマイ」サイドは
 「これまでの原稿料はすべて払う」
としているが、路線転換の告知、そして今回の過去記事を含めた全面撤退・サイト閉鎖はあまりに唐突だ。市民記者たちが違和感を覚えたのは当然だろう。彼らは「お前たちの記事は全部ムダだった」と宣告し、既存メディアに対抗する「ネットジャーナリズム」の存在を否定することに等しいからだ。 
 藤田正美・「ニューズウィーク日本版」元編集長はこちらの記事
 「一番訓練されたジャーナリストが多い紙メディアが生き残る価値があると思う」
と書いているが、これはネットジャーナリズムで曲りなりに「市民記者」として活動してきた有志や、私みたいに弱小であれなんであれ、個人BLOGをたちあげ、意見を発信しているものをバカにしていないか。
 「既存メディアの論理は、一般人の目線から遠くなってしまった」
からネットメディアが盛んになっているということを、氏は理解できていない。
「ある程度」の訓練の必要性は私も認めるが、それが「権力の監視」を主目的ではなく「権力への迎合」及び「既存メディアの論理に染め上げること」につながる訓練になるのだったら、やる意味はないだろう。
  JanJanの記事
 「オーマイニュースが日本で普及しなかったのは、インターネットの匿名性と「市民記者」と呼ばれる私たち市民の成熟度にあるのではないだろうか」
という一文があったが「長いものに巻かれること」を好み「お上意識」を改めない限り、日本では「ネットメディア」が隆盛することはないだろう。
 
 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。