貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 杉村議員が「反省」会見  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉村議員が「反省」会見

2005 - 09/27 [Tue] - 21:06

 別にキミが「反省」する必要はない。
 「反省」してもらいたい議員は別にいる。
 
 「自覚足りなかった」 自民の杉村議員が「反省」会見

 今日の夕方、自民党の新人議員・杉村大蔵の記者会見が開かれた。自民党の立候補者募集の記事を見て応募したところ、5回にわたる面接をくぐり抜け、晴れて南関東ブロックの候補者として名前が記載された彼。ところが小選挙区での自民党圧勝の煽りを受け、彼も議員バッジをつけることになった。だが皮肉なことに、それからの彼の自由奔放な言動が、彼の運命を狂わせていく。

浮かれ気分で「年俸がこれだけある」「料亭に行ってみたい」「議員宿舎は広いらしい」とマスコミにしゃべったところ、党幹部から「しゃべりすぎ」というクレームがついたのがケチのつけ始め。特別国会召集日はマスコミのインタビューで、はつらつとした応対を見せていたのだが、一度染みついたイメージは簡単に変らない。新人議員研修とは別に、彼だけ特別に研修を受ける日々が続いたが、「日刊ゲンダイ」の報道によると、自民党執行部は、彼の発言をもてあましているらしく、除名しろという声が上がっているという。個人研修の席でも、そのくらいのことはいわれただろう。彼の表情は次第に生気を失っていった。
 記者会見で杉村議員は、神妙な表情で記者団の質問に答えていたそうだが、ネット上では「彼みたいな感覚を持った議員の存在は貴重だ」「上手く育てれば大化けするかも」「新生自民党の象徴だ」と、彼に同情的な書き込みが目立つ。むしろ、旧態依然とした自民党の体質に批判的な意見を向ける意見が圧倒的だ。自民党守旧派に負けるな、大蔵!と大いにエールを送りたい。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。