貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> サッカー > 2001年11月の日記・3  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2001年11月の日記・3

2001 - 11/27 [Tue] - 20:52

 私の趣味の一つにサッカー観戦がある。といっても生観戦はこれまで一度もなく、ずっとテレビ観戦だが。
 埼玉に住んでいるから応援しているのは浦和レッズだが、なぜ大宮アルディージャではなく浦和レッズかというと、なんのことはない、小さい頃初めて「サッカー」なるものを見た時、一番最初に覚えたチームが「三菱重工」だったからだ。「三菱重工」は私が中学生の頃はかなり強かったのだがだんだん落ち目になり、ついに2部転落。その時は1年で1部に復帰したが、その後は下位をウロチョロ。「三菱重工」は「三菱自動車」となっても弱いまま、Jリーグが開幕して「浦和レッドダイヤモンズ」になってからもあまりの弱さに「お荷物」呼ばわりされる始末。

 だが'95、'96年とホルガー・オジェック監督の下で急速に力をつけ、'96年には最後まで優勝を争うまでになったが、翌年からはまた中位をウロウロ。'99年にはケガ人続出でとうとう屈辱のJ2落ち。J2でも苦戦を続け、最終戦でやっとJ1復帰を果たしたが、これに負けていたら復帰できないところだった。今年は小野の活躍で前半は7位に入ったが、小野がオランダに行ってからはまた元のボロチームに逆戻り。勝ち運に見放され、埼玉スタジアム2002のこけら落としでの対横浜戦FM戦では「史上最多の観衆を集めながら、史上最多のブーイングを受けた」とまで書かれる始末。だがここから踏ん張り、福岡、G大阪、札幌としぶとく引き分け、清水、柏に勝利し、今期のJ1残留を確定させたのだった。一時はどうなるかと不安だったのだが、とりあえず一安心。だが来年はキチンと強化策を打ち出し、明確なチーム戦術を確立しないと、これからも苦戦必至だろう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。