貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 「解党的出直し」だそうだ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「解党的出直し」だそうだ

2005 - 09/15 [Thu] - 21:05

 いっそのこと分裂したほうがスッキリする。
 
 民主代表選、前原氏が立候補へ 野田氏出馬せず一本化

 民主党の党首選びが、いよいよ煮詰まってきた。若手の論客であり、党内きっての安全保障の専門家である前原誠司議員が、党首選に立候補を表明した。ただ、任期が岡田前党首の残りの任期(1年)しかないことから、ここは緊急的にベテランを使うべきだという意見も党内には根強い。菅直人や小沢一郎が水面下で蠢いているらしいが、今更手あかの付いた人間を党首に担いでどうするんだろう。前原は「解党的出直し」を主張している。面白い、やってみろって。
 だが前原は松下政経塾OBのバリバリのタカ派で、そのタカ派っぷりは自民党も怖れるほど。彼が党首になるということは、民主党の左右分裂を意味する。でも有権者からしたら、この動きは大歓迎。右から左まで「反自民」と、選挙区事情で民主党にいる人間が多数を占めるから、有権者からしてみれば、この党の正体は理解し難い部分があった。個人的には、この政党は分裂したほうがスッキリすると思っている。

 日刊ゲンダイがすすめているのは田中真紀子「党首」、河村たかし「幹事長」である。駆け引きに長けているということで、日刊ゲンダイは小沢一郎も期待しているようだ。田中真紀子はなんといってもインパクトがあるし、河村は弁も立つし、親しみやすく、性格も明るいから、沈滞ムードを追い払うにはうってつけの存在だ。
 ウルトラCとして、辻元清美はどうだろう。もともと今回の選挙は、無所属で立候補するつもりだったらしいが、土井たか子・前社民党党首に泣きつかれ、社民党から立候補することになった。いってみれば、土井への義理立てで社民党からの出馬だったが、土井が落選した今、彼女に義理立てをする必要はなくなった。出馬前には、民主党の幹部と頻繁に連絡を取っていたらしいし。辻元は以前シンポジウムに参加した際「ピースボートをやっていたときは、政治に距離を置いていた」と語り、安全保障問題についても「単純に『日米安保反対』ではなく、複数の国を巻き込んで総合安全保障条約に発展させ、そこから段階的に基地撤去をすすめたほうが現実的」と述べているから、民主党の安全保障政策とは大差ないと思う。
 蛇足だが、共産党がなんていうかって?この党は今でこそ「憲法9条を守れ」といっているが、以前は社会党の「非武装中立論」に対抗して、党の規約に「独立国は、国防のために必要最低限の武器を持つ権利がある」といっていたし、さかのぼれば戦後まもなくは、日本国の非武装化に反対していた党だ。徴兵制はともかく、自衛隊を認めている以上、安保政策の転換にはあまり抵抗しないのではないかな。  

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。