貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 森田健作釈明会見  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森田健作釈明会見

2009 - 04/16 [Thu] - 16:12

 現在も「オレは男だ!」と思うのなら、非を詫びて辞任したらどうだ?

 森田健作知事、告発に「OK連発」釈明会見

 記者会見での彼の表情、身振り手振りを見て、気がついたことがある。
 どこかの国の最高権力者にそっくりであるということを。
 記者の質問には軽いトークで記者の気勢をいなすなど、余裕のあるところを見せようとしていたが、質問には微妙に核心をずらして答えていた。
 自民党籍を残していたにもかかわらず、選挙ポスターで「完全無所属」を名乗っていたことについては
「ある候補は推薦を出した政党と政策をすりあわせていたが、私は自分で政策を考えたから。私の考えに賛同する人は同志。(支援者に)自民党が多かったのは事実だが、一部の民主党の方からも支援を受けた」。
 自民党支部長だった件については
 「知事選出馬表明と同時に支部の解散手続きを始めたものの、手続きが煩雑で遅れていた」。
 献金を受けた当時(2005、2006年の2年)、外国人や外国法人の持ち株比率が50%を超えていたディスカウントストア大手の「ドン・キホーテ」から受けた献金が、当時の政治資金規正法に違反するとの問題では「献金は返した」
としつつも、詳細は言葉を濁した。
 ただ「ドン・キホーテ」からの企業献金については、現在外国人・外資系企業の企業献金廃止が撤廃されたことから、こちらの訴状は却下されるという見方も出ている。
 本人が「一部の民主党の方からも支援を受けた」というのなら、なぜスパッと自民党を離脱しかなかったのか?
 本人は、落選したときのリスクを考えたのだろうが、それだったら強気な発言は慎むべきだろう。
 

 今回の騒動は、選挙ポスターに「完全無所属」と書いたのが発端だが、実は本人も、9年前に対立候補の選挙ポスターを
 「公選法第235条(虚偽の事実を掲載)違反」
と主張し、
 「選挙公報の回収が難しいことをいいことに、計画的・意識的にやったとしか思えない。やり得でいいのか」
と叫んでいたそうだ(「日刊ゲンダイ」2009年4月17日付より)。
 そもそも彼は、議員になった時からある種の「胡散臭さ」が付きまとっていた。
 社会党・民社党(当時)が協力して擁立を進めた「連合の会」の統一候補として参議院選挙に当選(1992年)しながら、その直後に「思想信条が近い」という理由で、あっという間に自民党に鞍替えし、有権者の顰蹙を買った。
 自民党に入党後は、文部科学大臣次官を2回経験したが、これといった実績はなし。
 8年前の埼玉県知事選では、出馬表明をしながらも、党本部の支援が得られないことがわかるとあっさり撤回、議員も辞職した。
 4年前の千葉県知事選挙出馬表明も、唐突にしか思えなかった。千葉県と縁もゆかりもない人間だったからだ。
それでも前回知事選で善戦し、今回の選挙で勝利したのは、当人の能力というより、知名度が高かったからに過ぎない。彼のタカ派的思考も、右傾化する若者に受けたかもしれない。
 彼の知事当選後の行動は、私には薄っぺらなものにしか見えない。
 当選が決まると支持者と一緒にはしゃぎ、浮かれまくって万歳三唱を繰り返すその姿からは、重みというのがまるで感じられない。東国原英夫(=そのまんま東、宮崎県)や橋下徹(大阪府)だって、ここまでは浮かれていなかった。知事室で椅子にふんぞり返る。自分を大きく見せたいという心魂が見え見えで不愉快だ。
 だがネット世界の住人たちは、この男の行動をいさめるどころか、逆に褒め称えているのだから話にならない。
 「終わった話をいまさらガタガタ言うな。これが民主主義だ。いやなら他に引っ越せ」
というのが彼らの言い分だが、出馬時点でルール違反をしている人間を支持する彼らの意見が理解できない。
 検察は、告発者の届出を受理したという。しかも、今回の告発は幹部クラスが応対したというから、本件に関しては、検察もやる気があるということなのだろう。
 さて、いったいどうなるのかな?

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。