貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 貧困問題 > メーデー中央大会’09  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メーデー中央大会’09

2009 - 04/30 [Thu] - 22:58

 さんざん「非正規社員」をいじめておきながら「連帯」を叫ぶ「連合」会長。
 これを「欺瞞」と言わずして、何を欺瞞という?

 連合会長「正規も非正規も連帯を」 メーデー中央大会

 昨日のメーデー中央大会(ただし「連合」系組合のみ)は、主催者側発表で36,000人が集まった。
 「メーデー」は本来、労働者の祭典として5月1日に開催され、外国では休日になっている。この日が休日・祝日になっていないのは、主要国では日本くらいらしい。そのため近年では、5月に一番近い祝日である「みどりの日」にメーデーを開催している。平日だと、労働者の動員が期待できないからだ。
 会場には「連合」が支援する民主党の小沢一郎代表や、政府代表として舛添要一厚生労働相も出席したが、この2人の発言内容は報道されていない。
 会場には「年越し派遣村」村長の湯浅誠氏も挨拶に訪れ
 「派遣村が示したのは、日本や世界のかたちがこれでいいのかということ。労組が労働者や市民と共にあるのかが問われている」
と訴えた。
 しかし、いくら労組の幹部が「連帯」を訴え、活動家が「このままでは『正社員』もつぶれる」とわめいたところで「正社員」と「非正規社員」との間に連帯感が生まれるかどうかははなはだ疑問だ。このことは、当BLOGの「職場」カテゴリに書かれた記事を読んでいただければわかると思う。

 実際、うちの職場はとんでもないことになっている。
 変える必要性がない「新体制」を強引に変更した結果、業務進行は深刻な事態に陥っている。
 私の休日が変更になったり、勤務時間の変更を余儀なくされた(実際は「強制」に近い)のはまだましなほう。
 社員にとって一番痛手だったのは、これまで地味に事務作業をしていたおじさんのパートが「新体制発足」に抗議するかのように、引き継ぎも何もしないでいきなり退職したこと。業務がどこまで進んでいるかわからないから、社員はパニックになっているらしい。事務作業は現在、他の部署のリーダーが引き継いでいるが、その人は別の部署のリーダーも兼任している。一つの部署だけでも大変なのに、他部署を兼任させるとは、会社はどういう了見だろう。その人が過労死したら、会社はどう責任をとるのだろう?
 何より納得がいかないこと。
 それは、正社員の不始末を押しつけられるのか?ということだ。
 仕事上のミスならまだ納得がいくが、体制変更で新たに生じたパートが抱えるストレスのツケは、新たな遺恨を残すことになるだろう。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。