貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 民主党代表に鳩山氏  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党代表に鳩山氏

2009 - 05/17 [Sun] - 10:15

 選挙は近い。「お家騒動」をやっている暇はない。

 民主党代表に鳩山氏 岡田氏、重要ポストに

 鳩山と岡田という、個人的にはあまり食指がわかなかった、今回の民主党代表選の組み合わせ。
 原因は、この両氏の民主党代表時代、あまりいいイメージがなかったことにある。
 何を考えているのかわからないため「宇宙人」と揶揄され、党首討論では小泉首相(当時)に軽くあしらわされ、果ては自由党(当時)との統合問題で党内の根回しのないまま勝手に突っ走って、民主党内を混乱に陥れた原因をとってやめた鳩山。
 「原理主義者」と陰口をたたかれ、前回選挙戦では「日本を、あきらめない」という意味不明の選挙フレーズを打ち出し、結果として総選挙で党を大敗させた岡田。前回総選挙(’05年)において、岡田・民主党執行部が自民党との明確な争点を打ち出せなかったのは、岡田氏が大手スーパー「イオングループ」出身であり、その意向をくんでいるからか、彼自身も自民党と変わらない「規制緩和論者」だからだといわれた。
 代表辞任後、鳩山氏は小沢執行部の幹事長として汗をかき、岡田氏も一兵卒から修行し直して副代表に就任し、政治的・人間的にも成長したといわれた。鳩山氏は当選後の記者会見で、岡田氏を重要ポストに就けると明言している。二人とも、これまでの「修行」の成果を問われるわけで、今まで以上に職務に邁進してほしいものだ。
 それにしても、今度の代表選挙のメディアの報道ぶりはどうだろう?
 鳩山氏を支援したのは「小沢グループ」と旧社民党・旧民社党グループ、岡田氏を支援したのは前原・野田グループで、彼らは「反小沢」と見られていることから、今回の代表選はメディアによって「小沢派」vs「反・小沢派」というイメージで報道された。西松建設不法献金問題が発覚してからというもの、マスコミは終始一貫して小沢代表に対するバッシングをやめなかっただけでなく、西松が自民党にも多額の政治献金をしていた事が発覚しても、なぜかそちらの報道および検察の捜査も「お義理」だったのは、政府・与党の「マスコミ対策」が効いたからに他ならない

 2年後「地デジ(地上波デジタルテレビ)放送」がスタートするが、メディア-とりわけテレビ業界-は、政府とタッグを組んで、地デジ推進に動いてきた。地デジ以降への動きが遅々として進まないにもかかわらず、テレビ界は何とかのひとつ覚えみたいに、政権批判そっちのけで「地デジ、地デジ」とわめいている。
 新聞業界も同様で、政府諮問機関に首脳クラスが何人も入っている上、悪名高き「記者クラブ」制度のおかげで、政府に都合の悪いことを聞く記者もいない。雑誌も似たり寄ったりで、政府高官の疑惑を取り上げようとしない。これでは、心ある国民のフラストレーションはたまる一方だ。
 西松建設不法献金問題でミソがついたとはいえ、小沢前代表は「お子様クラブ」と揶揄されていた民主党の体質を変えた功労者だ。候補者をどぶ板選挙で徹底的に鍛え、与党を倒して政権奪取をするのはとてつもなく大変な仕事であり、倒すか倒されるかの真剣勝負であることを教えてくれたのは、小沢前代表の功績だという人もいる。
 次期総選挙で、新党日本から立候補しているジャーナリスト・有田芳生氏は
 「政権交代を実現するためには、自民党の背後にある官僚組織と対決しなければならないが、霞ヶ関の仕組み・人事・金の流れのポイントをつかんでいるのは小沢氏だけ(中略)選挙区では毎日、何十人の人と話すが、小沢やめろというのは1人だけで、後の人は『小沢で政権を買えなければだめだ』といっている。(メディアは)民主党内の『小沢やめろ』の声を集めて”世論”を作ったのではないか」
と述べている(2009年5月18日付「日刊ゲンダイ」)。おそらくそれが「小沢やめろ」コールの真相だろう。
 インターネットには、こんな意見が転がっていた。
 「今回の小沢辞任騒動には『日本版ペンタゴン』に警察・検察が加わった」と。
 「日本版ペンタゴン」とは政界・財界・官界・御用学者・メディア関係者のことを指す。今度の騒動には、治安機関も加わった。裏を返せば、麻生政権はそれだけ小沢が怖かったということなのだろ。そして、彼らの仕掛けた「罠」に、国民はまんまと乗ってしまった。
 戦後の一時期をのぞき、政権党として日本を牛耳ってきた自民党は、今回ありとあらゆる禁じ手を使って政敵を「追放」した。今の日本の政情を、東南アジアや北朝鮮のことを笑えない、日本は戦前の暗黒時代に戻るのではないかとおびえる御仁も多い。
 政権保持のために手段を選ばず、国民の窮状には無関心の麻生政権。
 この政権は、戦後の内閣で一番危険な政権だと断言する。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。