貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> BLOG > くたばれ「ランキング」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くたばれ「ランキング」

2009 - 06/02 [Tue] - 10:07

 あなたはこれまで、心当たりがない理由で運営するBLOGがサーバーから削除されたり、BLOG運営会社から過去ログごとBLOGを削除されたり、ランキングにおいて、不当な位置づけをされて腹が立ったことがあるだろうか。
 植草一秀・元早稲田大学大学院教授が、自らのBLOG「植草一秀の『知られざる真実』」の「人気ブログランキング(以下「ランキング」)」の「政治部門」での順位が急降下したことを記事にしたのがきっかけで、ことの深刻さに気がついた心あるネチズン達が続々と自分のBLOGで抗議表明した。
 植草氏は、自分が運営するBLOGの順位が急落したことに、不審を抱いて「ランキング」事務局に質問を送った。「ランキング」事務局は同氏の質問に「『人気ブログランキング』へのリンク表示の『字数』が規定を超えている」(←規定は20字以内。登録時に表示があるはず)という回答があり、植草氏はその指摘を受けてBLOGを改修したことで一件落着と思われた。ところが、これはとんでもない罠だったことが後日判明する。
 皆様もご承知の通り、植草氏は2度にわたる「痴漢容疑」でメディア界から放逐された前歴がある。ネット上では「植草氏は無実だ」と叫ぶ人も多いが、既存メディアや世間一般は、彼に対して冷ややかであり、その言い分を取り上げることはない。かくいう私も、ネット上で本件を知るまで、彼に「痴漢常習者が何を言うか」と思っていた一人である。
 植草氏が「スター学者」から転落したのは、小泉・竹中一派が推進した「構造改革路線」に対して、同氏がこの政策に反対したためという言説が、今もネットを中心に根強く流れている。一連の「痴漢事件」は「『構造改革路線政権』を推進するために政権側がでっち上げた陰謀だ」と、植草氏を擁護・支持するする人も多く、今回の「ランキング騒動」は、「構造改革路線推進派」が「ランキング」事務局と何らかのつながりがあるか、あるいは同事務局に何らかの圧力をかけたのではないかという見方が、ネットでは急速に広がっている。
 植草氏のBLOGには毎日10,000人以上の来訪者があるにもかかわらず、「ランキング」政治部門で1位を獲得できない。「ランキング」側の指摘でBLOGを改修しても、いっこうにランキングに反映されない。不審に思った同氏は「ランキング」事務局に質問メールを送ったが、満足できる回答は得られなかった。そうこうするうちに、同氏のBLOGを定期的に訪問してくれる読者からの指摘で、この「ランキング」の裏側が判明したのである。

 こちらのサイトでは、「ランキング」の政治部門において、なぜ「右翼系BLOG」が上位を占めているのかを明らかにしている。つまり、彼等「右翼系」BLOGの多くは内容の乏しさを補うため虚飾するだけでなく、「お猿さんを雇ってかロボットにでもランキング・ボタンをせっせとクリックさせて視聴率捏造(この場合は『視聴率』というより『来訪者数』と書くべきだと思うが)をしているのは間違いない。
 「ランキング」は数多あるであろうBLOGランキングサイトの老舗で、私が5年前にBLOGデビューしたときもこのサイトに登録し、当ブログもこのサイトに登録している。だが当初からこのランキングは「右翼系BLOG」が上位を占め、本当にページビューを反映しているかどうか疑問に思う人も多かったようだ。だが私は、ネット上は右翼が跋扈しているから、「ランキング」の順位もそれに比例していると単純に思っていた。ところが植草氏の記事や、それに関連するブログの記事を見て、考えが変わった。同時に、この「ランキング」に不信感を抱くようになった。
 考えてみれば、BLOGに関するパーツを提供したり、、BLOGランキングを運営しているところの多くは、運営会社の紹介をしているところが多い。最近ネット界で注目を浴びている「にほんブログ村」や、キーワードからお似合いのブログを探すサービスを提供する「blogram」は、きちんと運営会社を明示している。ところが「ランキング」は、運営会社に関する情報を一切明示していない。だから「『ランキング』の順位は信用できない」という声が高まるのも理解できる。
 「ランキング」事務局は、なぜ運営会社を明示しないのか?
 今回の騒動に対して、一連の「圧力」はあったのか?
 「ランキング」事務局は、これらの質問に誠実な対応で答えるべきである。
 それができければ、心あるネチズン達の間からは「ランキングサイトを格付けすべきだ」という声が上がるだろう。
 「ページビュー」に関するまっとうな評価を願うのは、ブログを持つすべての人全員に共通するはずだ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。