貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 貧困問題 > 路上生活者狙う輩達  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

路上生活者狙う輩達

2009 - 06/14 [Sun] - 10:12

 「スポット派遣」で働く若者よりひどい状況に陥っている人たちが、ここにいる。

 路上生活者狙う現代版“たこ部屋”

去年の今頃、当BLOGで「グッドウィル廃業」を取り上げた。その記事と内容が重複するようで恐縮だが、創設者・折口某は登録スタッフの給料だから「データ装備費」をかすめとり、仕事で使う備品を高額で買わせるとやりたい放題をやっていた。そのほか数々の悪行が発覚し、グッドウィルは廃業になり、折口は海外で逃亡生活を送っているという。最近、折口は海外ニューヨークで優雅な「逃亡生活」を送っているという話を聞いた。多くの若者をこき使い、払う金を払わないでおいて、自分は贅沢三昧。いい気なものだ。
 だが、この記事を読むと、職にあぶれた路上生活者達は、若者達とは比べものにならない極限状態に置かれていることがわかるだろう。
 この記事に出てくる悪質業者は、山谷(「やまたに」じゃないよ!「さんや」だよ!)などのドヤ街に、手配師(俗に言う「勧誘員」)を派遣して、職にあぶれた高齢者に言葉巧みに接近し、会社で働かせる。提示条件の多くが「日給7,000円(宿泊費・食費除く)」だが、実際に支給されるのは1日2,000円。しかも食費・宿泊費は含まれず、休業補償もなし。あきれたことに「新年会費」で10,000を徴収されたという。この業者は家賃滞納で夜逃げしたそうだが、名前と住所を変えて別のところで営業しているのではないかという声もあるらしい。働く人は弱い立場にいる人が多く、大部分は泣き寝入り。業者のやっていることは「労働者派遣法」で禁止されているが、実際は野放し状態が続いているという。休業補償も作業員宿舎の届け出も、労働基準法で定められているにもかかわらず、である。
 実際、悪徳業者の監督をするはずの労働基準監督署(労基署)の対応も冷たい。悪徳業者の非道を訴えた労働者に対し、労基署の職員は「書面に出せ」と通告しただけ。この労基署は、東京新聞の取材に対しても「個別案件には答えられない」と回答を拒んだそうだ。

 彼ら路上生活者の支援をしている人によれば、この手の業者の社長のほとんどは「『路上生活者はメシと布団とほんの少しの酒でタダで働』くと思っている。世論だって、事件が発覚したら『ひどい社長だ』でおしまい(後略)」。本当は不安定雇用と貧困に絡む構造的な問題だと指摘するこの支援者は、最近襲撃されて負傷した。闇社会とつながっている業者が多いのも、この問題を解決困難にしている。
 一昨日の記事(「「ナイキ公園」誕生?」)でも書いたとおり、彼ら『路上生活者』だって、好きこのんで公園にテントを立てて暮らしているわけではない。路上にいれば「邪魔者」「小汚い」と忌み嫌われ、「人生の落伍者」と蔑まれ、「手配師」に誘われて働いたら、環境劣悪な他小部屋に押し込まれ、賃金はピンハネされる。そういう人たちにとって公園は、最後に残された「地上の楽園」なのである。
 5年前の大晦日の夜、都内の公園で開かれたホームレス対象の炊き出しボランティアに参加した。やってきたホームレスは、その夜だけで100名を超えた。どの顔にも絶望感が漂っていた。この記事を書いている自分は仕事と家とパソコンがあることで生きながらえているが、いつ彼らと同じ境遇になってもおかしくない。本当は年末年始の「派遣村」にも参加したかったのだが、父の介護のためにそれはかなわなかった。
 今の政治・メディアは、「上から目線」のコメント・論調が目立つのに、それを糾弾するのは心あるNGO関係者と、我々志を持つブロガーだけで、雑誌メディアですら恒常的に取り上げるところはほとんどない。メディアが機能しないなら、志を持つ者が集結して、繰り返し何度でも現状を訴えるのだ。そうすれば、いずれ大きな山は動く…と信じたいんだけどね…(ため息)。

 ※リンク先の記事は「有料記事」です。
 全文参照ご希望の方は料金を払うか、図書館で当該記事をご覧ください。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。