貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 麻生内閣支持率17%  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生内閣支持率17%

2009 - 06/16 [Tue] - 10:26

 とっとと解散して、潔く国民の審判を受けた方がいい。
 まあ、今更何を言っても後の祭りだけど。

 麻生内閣の支持急落17% 自民支持、過去最低水準

 そもそもこの内閣は「選挙管理内閣」のつもりで発足したはずだ。
 麻生自身「文藝春秋」誌上で、民主党・小沢党首(当時)に対し「正々堂々と勝負しよう」と「宣戦布告」していた。ところが内閣支持率の低さに怖じけずいた麻生は、無為無策のまま「いかに1日でも長く総理大臣をやるか」だけを目的とした政権運営をすることになる。
 漢字が読めないことに代表される無知蒙昧ぶりと、知性が感じられない数々の暴言。
 「世襲議員11人」に代表される「お友達内閣」。
 連日連夜の「ホテルバー通い」とグルメ三昧。
 「朝令暮改」を地でいくような国内政策の数々。
 「見栄を張るだけ」の外遊・外交。
 「西松事件」に代表される「国策調査」。
 警察力で粉砕した、ワーキングプア主催の「麻生邸ツアー」。
 ハローワークで求職中の若者に見せた「上から目線」に代表される、弱者への思いやりのなさ。
 「足利事件」でも問題になった、取り調べの全面可視化にも消極的。
 天下りの規制もしない。
 官僚だけが喜ぶ補正予算を通して喜ぶKYぶり。
 得するのは官僚と関連業界だけの「エコポイント」。
 「世襲議員」禁止も先送り(実質上は「実施せず」)する。
 つい数日前は、日本郵政の社長交代を巡るゴタゴタもあった。
 今思いついただけも、この内閣が国民生活に残した傷跡は、これだけあるのだ。
 国民が臨む政策は何も手をつけず、自分達の利益確保だけはえらく熱心。
 それが、この内閣の特徴だ。

 だが、こんな内閣を黙って温かく見守るほど、国民・有権者はお人好しではない。支持率が伸び悩んだのも、私にいわせれば自業自得。「西松事件」で少し支持率が上がったとはいえ、これは用意周到に準備した「メディア対策」が功を奏しただけ。民主党の党首が代わったら支持率も下がったのが、その証拠である。
 政令指定都市市長選挙(名古屋・さいたま・千葉)3連敗も、有権者の怒りが爆発したからだ。さいたまと千葉の民主党候補は「行政経験ゼロ」だが、それでも有権者は民主党を選んだ。
 泡を食った自民党は、選挙を担当する古賀誠・選挙対策委員長は麻生首相に、衆議院を解散し、来月12日の都議会選とのダブル選挙にするべきだと申し入れたことが、マスコミで報道され、周囲は一様に色めき立った。民主党も「総理がやけっぱちで衆議院を解散する恐れがある」として、各候補者に選挙準備を進める通達を出したという。
 都議会選挙とのダブル選挙は、連立パートナーをくむ公明党が一番恐れていた事態である。それが自民党幹部から出たということは、生き残りのためにはもはや相手のことを考えていられない、という自民党の本音が出たと見るべきである。
 自民党は追い詰められた。
 自民党に起死回生の一発が出た時は、国家権力が裏で糸を引いていると思って間違いない。

ブログに対する叱咤、激励

もっと勉強してから、ものごとの発言をしたほうがいいと思いますが。

だいたい、このブログの論法を見るだけで丸わかりですが、明らかに反自民関係の情報媒体からだけしか情報を得ていませんね

自分は情報弱者です、と宣言している非常に自嘲的な内容にも映ります。

あなた自身が、政治を考え、日本の将来を真剣に考えているのは大変立派なことだと思いますが、このような陳腐な内容を公に出すことは少し恥じるべきことかもしれませんね。

リベラル、保守どちらの面からも情報を得ることをお勧めします。

ただの愚痴を述べたいだけのブログで終わりたいならば、現在のままでもいいですが、公に自分の意見を主張し政治に訴えたいならば、情報を多方面から得る努力をしてください。

ジャーナリズムの腐敗は民主政治の腐敗です。
このブログのジャーナリズムが現在のテレビの低い次元でのジャーナリズムをはるかに凌駕し、またそのことにより他のブログにも影響を与え、全体として
ジャーナリズムのレベル向上、そして衆愚政治からの脱却を願い、コメントを締めさせていただきます。

衆愚政治が終わらない限り、官僚主導の政治のほうがましです。

これからの成長を期待します!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。