貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 企業・経済 > コンビニ割引制限不当  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンビニ割引制限不当

2009 - 06/23 [Tue] - 10:25

 「食べ物を粗末にしちゃいけないよ」。
 経営陣は、親からそう教わらなかったのか?

 公取委:セブンイレブンに排除命令へ 見切り販売制限で 

 見切り販売:制限不当、セブンに排除命令 加盟店主「大量廃棄、胸痛んだ」

 この世には、粗末にしてはしてはいけない物がある。
 ひとつは命。
 もう一つは食べ物。
 私の高校時代のクラスメートは、よく私をいじめて楽しんでいた。
 だが、そんな彼にも尊敬すべきところがあった。
 彼は、私によく言っていた。
 「米」という文字は、お百姓さんがかける八十八の手間を経て作られている。米粒のひとつたりとも、捨ててはいけない」。
 彼の言いつけを守ったわけではないが、私は持参した弁当をペロリと食べる子供だった。
 
 食べ物について、もう一つ思い出がある。
 学生時代、マクドナルドでアルバイトをしていた。
 昼のピークが終わる度に、たくさんのハンバーガーが捨てられていた。
 パートさんの一人が
 「どうせ捨てるのなら、私にください。それができなければ、困っている人に分けてあげてください」
と店長に懇願したが、店長は困った顔をして
 「気持ちはわかるのだが、会社の規則で、それはできないんだよ」 

 後年アルバイトで働いたバーガーキングは、昼のピーク時がおわる度に、時間切れで捨てたハンバーガーの数を数えていた。この会社は、捨てたハンバーガーを無断で食べると、即クビになるくらいに厳しい会社だった。
 (そしてこの会社は私に、数え切れないほどの屈辱を与えた会社でもある)
 ある日、私は捨てたハンバーガーの数を数えていたが、もったいなさのあまり、捨てられた商品を一口囓ったことがある。ところが運の悪いことに、その現場を店長に見られてしまった。
 店長:「お前、チーズワッパー(バーガーキングの主力商品)はいくつだ?」
 焦った。クビになったらどうしよう。
 二口三口囓っただけで、強引に食べものを喉の奥に押しやり、質問に答える。
 店長は何事もなかったように、その場を離れた。

 私がこんなエピソードを紹介したのは、今のコンビニ業界がいかに食べ物を粗末にしているかを証明したかったからだ。
 指定時間から「一分」過ぎただけで捨てられる弁当達。
 「捨てるのは良心が許さない」と抗議するコンビニ店長達の声に対し、本部は「弁当の発注精度を上げれば解決できる」として、彼らの声に耳を傾けなかった。
 無視して弁当の半額セールをすると、ライセンス契約を打ち切ると脅す本部。
 食べ物を捨てるより、半額で売ったりホームレスに分け与えたほうがどんなにまともか。
 この問題は前から知られていたが、メディアはどこも突っ込まなかった。
 答えは簡単だ。雑誌も新聞も夕刊紙も、コンビニは重要な委託販売先だから、彼らにとって都合の悪い記事は新聞も雑誌も掲載しない。それは政権批判を繰り返している「日刊ゲンダイ」も同じ。
 なんだかんだえらそうなご託を並べたところで、とどのつまりは「数字」を優先する日本のメディア業界。だから彼らは、ネットから「マスゴミ」と罵倒されるのだ。今回の一件も、公正取引委員会が発表したから記事にしたに過ぎない。記事の内容も、コンビニに配慮しているのがミエミエである。
 コンビニ業界の多くは「環境保護のために」募金活動を展開しているが、その一方で大量の食べ物を捨てている。世間はこれを「マッチポンプ」「偽善」という。日本一国で捨てる食べ物の量を金額に換算すると、世界中の食料援助の金額よりも多いのだそうだ。恥ずかしいことである。

 世界中から食べ物を輸入しておきながら、時間切れを理由に食べ物をすてるいっぽうで
 「農家が崩壊の危機だ」「日本の農業が危ない」と騒ぎ立てる。
 「農は国の源」という言葉は死語になりつつある。
 誰も責任をとらないまま、権力者が口にする「美しい国」はこうして滅んでいく。
 食べ物を捨てる生活を送って、何が「エコだ」「ロハスだ」スローライフだ」「環境保護だ」といいたくなる。
 「食べ物を捨てること」が最大の環境破壊だという人はいないのだろうか? 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。