貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 西松元社長を追起訴  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西松元社長を追起訴

2009 - 06/27 [Sat] - 10:09

 贈賄側が起訴で、収賄側が不起訴というのは納得いかないけど…

 西松元社長を一転追起訴 二階氏側は再び不起訴

  そもそも、この事件は最初から「国策調査」のにおいがプンプンしていた。
 そりゃ、小沢一郎・民主党党首(当時)は、法に触れることをやったのかも知れない。
 しかし、本件で彼にかけられた容疑は、過去の大型案件に比べれば、金額的には「みみっちい」。
 ぱっと見には「大型案件」に思えるが、献金期間が長期にわたっている上、その大部分が時効に近い。
 確かに、小沢は「大物政治家」であり、地元ではそれなりに権勢をふるっているのだろうが、今は「野党党首」という立場。そんな人間に、かつての影響力があるとは信じがたい。
 それより問題だったのは、「西松」と二階経産相の関係だった。
 「地元の大物政治家」という点では小沢と同じだが「現役閣僚」であり、野党党首である小沢とは現時点での影響力は桁違いのはずだ。
 にもかかわらず検察は小沢事務所の秘書を逮捕し、マスコミは小沢をヒールに仕立て上げ、彼を民主党党首辞任に追いやり、民主党を苦境に立たせた。内閣官房も、警察庁長官の「政治的発言」でこれをアシストした。
 かくして「政官マスコミ」による「小沢失脚計画」は成功しつつあった。
 ところが、思わぬところから邪魔が入った。
 心あるブロガーとオンブズマンが強硬に異議を申し立てたのである。 

 天木直人、植草克秀ら良識派ブロガー達は、この事件での捜査の不当性を繰り返し訴えた。彼らの訴えは瞬く間にネット上に広がり、既存メディアに対する小沢擁護勢力となった。警察庁長官OB・漆間内閣官房副長官の「自民党の政治家は捜査されない」云々の発言も、ネチズン達の怒りを買った。
 現実世界では、オンブズマン達が「検察審議会」に告発した。
 「検察審議会」は、くじ引きで選ばれた有権者11人が、検察の不起訴処分の妥当性について審議する機関である。
 ・過半数(6人以上)が「不適当」と判断→「不起訴不当」
 ・8人以上が「不適当」と判断→「起訴相当」
という議決になる。従来は法的拘束力がなかったが、先月21日に法令が改正され、検察審議会の議決に検察が従わなかった場合、裁判所指定の弁護士が、検察官に代わって起訴できる制度に改められた。検察は、これらの動きに追い詰められたのである。「市民の常識」が「検察の常識」に買ったという点で、今回の追起訴は画期的かも知れない。
 ただし、手放しで喜ぶのはまだ早い。今回の追起訴の対象になったのは贈賄側だけで、収賄側は手つかずのままである。大手メディアも、このことについては知らぬふりを決め込むだろうし、官邸サイドの圧力もあるだろう。だが、市民の力はそれらの力を跳ね返し、一歩一歩前進している。ネチズン達は、これまで以上に政権サイドに攻勢を強めるだろう。なんといっても、政権サイドにいる側は強い。これからどんな謀略を仕掛けてくるか、国会解散まで油断できない展開は続く。
 政権サイドと良心はネチズンとの間に繰り広げられる神経戦は、まだまだ続く…

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。