貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ’09年総選挙 > 自民、両院総会開催へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民、両院総会開催へ

2009 - 07/16 [Thu] - 10:02

 自分達で不信任を「否決」しておきながら、「麻生おろし」をやめない議員達。
 これはもうマンガだ。

 両院総会開催 与謝野、石破氏も要請

 昨日の「報道ステーション」で、星浩・朝日新聞編集員が面白いコメントを言っていた。
 「今の自民党の争いは『ベンチの中の乱闘』のようなものだ。取材する側は『こんなことばかり取材してはいけない』と内心では思っていても、面白いからついつい取材してしまう」。
 
 「面白い」ねえ…(ため息)
 「面白さ」を追求した結果生まれたのが、前回の「郵政解散」が生み出した「小泉チルドレン」じゃないのかなあ。国家の大事を決める政治を「おもしろさ」でやってもらっては困るのだよ。報道する方も、政治をする方も、もっとまじめに、真剣にやって欲しいものだ。

 ネット世論と、私が運営している弱小ブログの来場数は比例する傾向がある。 
 東国原・宮崎県知事を記事にした時は、当ブログの来場者数が3桁を超えた。
 だがそれ以外の話題、たとえば教育、環境の話題を取り上げた時は、来場者数は少ない。
 私からいえば、教育も環境も、政治と同じくらい、いやそれ以上に、人間が生きていく上で必要なのものだとも思っているから、もっと注目されてしかるべきだと思うのだが。

 そこで、昨日の自民党内の騒ぎである。
 自民党は、昨日の衆議院本会議で、野党の提出した「内閣不信任案」を否決した。
 面白いのは、日頃自民党内で「反麻生」の発言を繰り返している連中だ。
 それだったら、素直に内閣不信任案に賛成すればいい。
 ところが、議場で彼らは、常日頃の言動と正反対の行動をとった。
 すかさず、野党席からヤジが飛ぶ。
 「いっていることとやっていることが違うじゃないか!」

 不信任案が否決された翌日、自民党内では、先の都議選の総括を求める声が噴出した。
 要は、麻生に対し、都議選での敗北の責任をとって辞任してくれ、ということ。
 これって、おかしくないか?
 彼らは、なぜ麻生を総裁の座に就けたのか、覚えているのか?
 
 「国民的人気」を誇った小泉純一郎が退陣した後
 「若さ」を理由に、自民党議員は安倍晋三を総裁に選んだ。
 安倍晋三が退陣した後、「安定感」を理由に、自民党議員は福田康夫を総裁に選んだ。
 福田康夫が退陣した後、「国民的人気」を理由に、自民党議員は麻生太郎を総裁に選んだ。
 安倍・福田・そして麻生を自民党の総裁の座に就けたのは有権者ではない。
 自民党の国会議員である。
 しかも麻生を選んだ時は、自民党議員はアホみたいなドサ回りまでやっている。
 その事を「忘れました」とはいわせない。
 しかも、麻生の任期は残り2ヶ月を切った。
 任期切れ退陣が近いトップをいたぶって楽しい?
 
 16年前、宮沢内閣不信任案が提出された時、自民党内からも賛同者が出た。
 だが、今回は自民党内から同調者が出なかった。
 星編集委員はその理由をこう述べた。
 ・党の公認を取り消されること
 ・無所属で出馬すると、軍資金が足りなくなること
 ・党執行部に逆らうと、党から「刺客候補」を建てられる恐れががあること
 ・無所属で出馬すると、公明党の応援を受けられないこと
 ぶっちゃけた話、「反麻生派」が党内でワーワー騒いでいるのは、自分の選挙が危ないからだ。
 何という情けない、自分勝手な連中だろう。
 その代表が中川秀直で、彼はこれまで再三麻生のことを悪くいいながら
 いざというときは日和ってきた。
 「不信任案」の時も同様で
 直前まで「麻生退任」を叫びながら、本番では「反対票」に一票を投じた。
 こんな人間が「反麻生」の親玉だなんて笑わせる。

 麻生不支持率、7割突破。
 「麻生おろし」不支持率、これもまた7割近い。
 どうあがいても、自民党は今度の総選挙で「下野」の運命だ。
 「下野」で済んだらラッキーで、ひょっとしたら「解党」の運命が待ち構えているかも知れない。
 自民党議員よ
 覚悟を決めて「その日」を待っていなさい。
 血に飢えた有権者達が
 手ぐすね引いて待っているから

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。