貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ’09年総選挙 > 金がないなら結婚するな  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金がないなら結婚するな

2009 - 08/24 [Mon] - 10:38

 「たまにはいいこというじゃねえか」とおもったんだけど…

 麻生首相「金がないなら結婚するな」発言

 相も変わらず失言ばかり繰り返している麻生だが、この発言には評価できると思う。
 先日、twitterで相互フォローしている人間と恋愛論議になり、私は相手に
 「『愛している』だけでは腹はふくらまない。ふくらむのは別の腹だ」
といった。あとの「ふくらむ腹」が何を意味しているかは、カンが言い方はぴんとくるだろう。相手もそれを察したらしく、
 「う、うまいことをいいますなあ(笑)」
というレスを返してきた。相手は大学を出てSEをやっている人物で、私同様リベラルな思想を持ち、パンチの効いた皮肉と連歌を書高度な知性と教養を併せ持つ人だ.実世界でこんな人物と知り合いになれたら、女性にはさぞやモテモテだろう…と思うのだが、本人曰く、女性にはとんと縁がないと嘆いていた。換えみたいに高度な知性を持つ人間ですらそうなのだ。私みたいな人間は、世の女性は全く振り向かないだろう。
 実際、この世には「男女間収入格差」で破綻するカップルが山ほどいる。キャリア指向を強める女性にとって、ワーキングプア(以下WP)、それも生活保護を受けて何とか生計を維持している中年WPは、はなっからお呼びではない。彼女らのWPに接する態度は、人間以下といっていい。こんなことを書いたら、キャリア志向の強い女性や、フェミニストからは
 「ひがみ根性をむき出しにしているのだったら、せっせと自分を磨いてくれ」
というだろう。バカか!生活もできない人間に、どうやって「自分磨き」ができるわけがないじゃないか!で、お望み通りに「自分磨き」をして、彼女らの前に姿を現したとしよう。すると、彼女らはこういうって、WPをせせら笑うだろう。
 「自分の生活もままならないのに『自分磨き』だってさ」
と。世の中は所詮、そんなものである。
  

 相手にしていないのは、俗世間の女性ばかりではない。かつて関わっていた、平和運動に関わっている女性ですらそうなのだ。私にまともなコミュニケーション能力がないとわかったとたん、相手はとたんに私に対して侮蔑する態度をとる。かつて、こんなことがあった。
 私が入っているMLで、とある戦争施設見学ツアーのお誘いが流れた。私は早速参加する旨の返事をし、待ち合わせの場所に時間に間に合うようにいった。ところが約束の時間になっても、彼らはちっとも現れない。こちらはしびれを切らし、目的地に向かうと、彼らは仲間内で楽しそうにおしゃべりをしながら、施設内を建学していた。私が一人で建学していると、彼らはお義理で挨拶してくれたのの、それっきり。実はこのあと、何かしらのイベントがあり、それも一緒に行きましょうということだったのだが、気がついたら、彼らの姿はどこにも見あたらなかった。
 MLではさも親しげに話しかけてくれても、所詮私という存在は、その程度の人間だということだ。ちなみに、私がtwitterを知ったのは、その時の知り合いのブログがきっかけだが、その人間は、私をフォローリストに加えようとしない。所詮そいつにとって、私はどうでもいい人間なんだろう。相手をするのがアホらしくなってきた。
 MLネタをもうひとつ。難民支援の展示会に行きませんかというお誘いのメールが来たので、いそいそと出かけたことがある。呼びかけ人は、医者の卵達だった。そのうちの何人かは、mlじょうで知っていたのだが、実際にあったことがなかったので、オフ会としゃれ込んで出かけたのだが…あとから振り返れば「行かなければよかった」と公開している。
 彼らは私の姿を見ると、とたんに凍り付いた。それは傍目にもはっきりとわかった。彼らは仲間内で固まって行動し、身分違いの人間と知り合おうものなら、悪意のないまま何となく遠ざけてしまう処世術を使し、私という存在を消しにかかってきた。にもかかわらず、私は彼らと仲良くしたい一心で、ストーカーのごとく張り付いた。「空気を読む」能力があれば、こんな悲劇は起こらずに済んだだろう。結局、彼らとはそれっきりとなった。
 麻生の発言が出たのは、とある学生団体が開いた集会でのことだが、その発言が出た瞬間、会場は一気に凍り付いたという。記事は「若者に配慮を欠いている」と、この発言を非難する姿勢を見せているが、これが東大や京大などのエリート学生が多数集まる集会だったら、やんやの喝采を浴びていただろう。彼は、明らかに発言する場所を間違えた。
 金がない、仕事がないから結婚できない。結婚できないから子供ができない。将来展望も描けない。今の若者を取り巻く閉塞感は、高く、深く、そして窮屈だ。こういう時代を何とかするのが政府の仕事なのに、その政府は小泉政権以降、「自己責任」の名の下、強者を手厚く保護し、弱者に対しては、人間以下の扱いを推し進める政策を遂行してきた。今度の選挙は、その総括も問われているのだが、その事を追求するメディアはほとんどいない。主人公が「同情するなら金をくれ!」と叫んで一世を風靡したドラマがあったが、リアル世界でこんなセリフが飛び交おうとは、誰が想像できただろうか。
 手塚治虫のマンガ「火の鳥(アニメ版)」には、普通にセックスして子供を作るのはセレブだけで、貧乏人の子は「試験管ベビー」として誕生し、赤ん坊はロボットに世話をする世界が描かれているという。人間扱いされるのはセレブだけで、試験管ベイビーとして生まれた人間は、一生彼らに奉仕されるよう教育され、どんな無理難題にも耐えられるようにしつけられる。彼の洞察力には脱帽する。こんな視点を持った漫画家は、もう二度と出てこないだろう。
 もし彼が今も健在だったら、いったいどんな漫画を書いただろうか…

ええと...

説得力がありますね。
暮らしに困ってるワープアの女性でもだめかな。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。