貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ’09年総選挙 > 反戦・、護憲派の苦しい選択  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反戦・、護憲派の苦しい選択

2009 - 08/25 [Tue] - 10:49

 政権交代は実現したい、されど憲法9条は守りたい…

 政権交代歓迎でも民主に不安 護憲派悩む1票

 大マスコミが一斉に「民主300議席突破も」と報道し、自民党は早くも沿線ムードが漂っているらしい。野党、良識派国民が待ち望んでいた「政権交代」への夢は、また一歩近づいたようだ。
 だが、今度の選挙動静については、護憲派にとっては何とも悩ましい。ご存じの通り、民主党は旧自民党・旧社会党・旧新進党出身の議員が寄り集まってできた「ごった煮政党」であり、政治スタンスは左派・リベラルから極右派まで様々なので、口の悪い人は「第二自民党」と揶揄するムキも少なくない。もともと上記の政党煮所属する議員が、自分の「選挙対策」で寄り集まってできた政党である上、「松下整形塾」に代表される、新自由主義を信奉するネオリベ派、大企業から転身してきたエリート・セレブ組も少なからず見られる。出身母体が多彩なのはいいことだが、ここの議員があまりにも経歴が華やかすぎ、いい変えればエリート臭が強く漂っているので、とてもじゃないが仲良くできないと敬遠する向きも多いだろう。
 だから、護憲派にとっては民主党と、どう付き合っていくかという点で頭が痛い。今度の選挙に民主党から出馬した立候補者のうち、約2割が「憲法9条改憲」を標榜しているそうだ。彼らの中には、自民党の極右派と大して変わらないか、それ以上に過激なことをいう候補もいる。自民党・民主党両候補とも、極右主義の候補者しか出馬していない選挙区では、護憲派の有権者はどうすればいいのか、頭が痛いだろう。共産党が出馬していれば共産党に投票するだろうが、この党すら出馬していない選挙区で、かつ自民・民主両候補とも「極右系」しかいなかったら、護憲派有権者は、小選挙区制度は棄権するしかなくなる。こういう場合、小選挙区制度の弊害点がもろにでる。選択肢が「どちらか」になってしまうからだ。

 「左翼」活動家が集うメーリングリストでは、相変わらず小沢一郎を「右派・改憲論者代表」と見なしている。しかし、これは間違いだ。長年の盟友・田中康夫は彼のことを「新しいハト派」と称している。実際、彼が民主党代表時代の党運営は、旧社会党系を中心にした「党内左派」に配慮したものだった。歴史に「もし」は禁物だが、もし小沢前代表の「西松スキャンダル」が発覚していなかったら、環境保護派から憤激を買った「水俣特措法」も、もっと違った形で解決したのではないかと思うが、甘いだろうか?鳩山・現代表と小沢・前代表の政治路線とスタンスには、微妙な方向性の差異が見られる。鳩山・現代表になってから、民主党は「保守回帰」の方向性を打ち出していると思うのだが、その事を伝えるメディアは多くない、というか「皆無」だ。 
 ここまで書いてきて「じゃあ、お前はどこに投票するんだ」とつっこむ人がいるかも知れないが、私の腹はすでに決まっている。小選挙区では、政権交代を願う気持ちから民主党に一票を投じるし、比例代表制では、護憲を願う気持ちから、小さくてもキラリとした存在感を狙う社民党に投票する。常日頃から左派・リベラルを標榜している私にとって、この選択が一番現実的だから。
 さて、皆さんは「清き1票」をどの政党に託すのか?

こちらでは初めまして。TwitterのID:emeshです。
私は保守派なのですが、次の次の総選挙は自民もなくなって保守派が入れるところ無いのではないかとガクブルしているのですけど、もう今入れるところがないというのは護憲派の皆さんはおつらいでしょうねえ。

社民党も本当に政権という餌を前にあっさり改憲派に変節してしまうような気がするんですよ。社会党時代にも政権という餌を手にしたらその途端に「自衛隊は合憲です」と180度スタンスを転換した前科がありますし、私が護憲派というスタンスなら共産党に入れていたでしょうねえ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。