貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > さまよえる自民党  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまよえる自民党

2009 - 09/02 [Wed] - 10:09

 自民党はいつから変わってしまったのだろうか?

 [自民]総裁選で都道府県連に300票 党員投票を実施

 自民党内の「政権政党転落ショック」の余波は、選挙から3日経った今も治まる気配がない。ネット上では、相変わらず政治を巡って熱い議論が戦わされている。といっても活発に議論を展開しているのは左派・リベラル派で、私が知っている限り、右派・ネトウヨ連中は政治から距離を置いているように見える。ネトウヨ連中は、いつどんな状況になっても自民党の勝利を信じて疑わず、負けるにしても、民主党にフリーハンドを与えないだけの議席数を獲得すると、本気で信じていたフシがある。それだけに、今度の衆議院選挙の結果は、彼らにとっては信じがたく、勝つ受け入れがたいものであることは、容易に想像がつく。
 この政党が「保守主義」を標榜しながら、実際に施行した政策には、欧州社民主義で多く実施されている政策を取り入れてきたことは、日本の政治をウォッチングしてきた人ならご存じだと思う。竹下登・元首相(故人)はかつて会見で
 「社会党(当時)の主張する政策の10年後が、われわれの目指す政策である」
と語っていたように、当時の自民党政権は口では「反共・反社会主義」を唱えつつも、実際の政策は社民主義の影響に影響を受けるものが多かった。だから私には、自民党は「保守」政党と言うより、中道右派の政党じゃないかと見えることも多々あった。
 それでは、自民党はいつから変わってしまったのだろうか?ターニングポイントが2つあった。
 

 最初のそれは、田中角栄政権発足である。メディアから「今太閤」と言われ、貧乏人からのし上がった彼は、池田内閣の向こうを張って「日本列島改造論」をぶち上げ、道路工事やハコモノ建築などの公共政策に重きを置いた政策を実行した。インフラは整備されたが、同時に工事に関する「利権」疑惑を巡る報道がなされるようになり、「田中政治=金権政治」というイメージが国民に定着した。田中内閣退陣後も「金と政治」にまつわる報道がでる度、自民党は金権イメージに苦しむことになる。
 もうひとつは、小泉政権の発足である。「自民党をぶっ壊す」という勇ましいフレーズで登場したこの政権は、本当に自民党の体質を変えてしまった。小泉政権以前の自民党は、良くも悪くも「国民政党」であったが、小泉はこの政党を、アメリカが積極的に勧めた「グローバル・スタンダード」政策を積極的に推進すると同時に、靖国神社参拝を強行し、中国・韓国などアジア諸国との関係に圧力を生じさせるなど、不必要なナショナリズムを国民の間に蔓延させた。党内リベラル派の多くが今回の選挙で討ち死にし、金権まみれ、どうしようもないナショナリストが多数生き残ったことが、今の自民党の体質を象徴している。
 河野太郎は、選挙後に出演した番組で
 「比例で復活したベテラン議員は、責任をとって、若手に議席を譲るくらいの気持ちを持つべきだ」
と発言し、ベテラン・党内長老が若手議員の足を引っ張ったという見方を明らかにしたように、若手議員のベテランに対する不満は強い。
 ネット上では、自民党はリベラル派と極右派の党内対立が激化し、リベラル派が袂を分かつ形で集団離党し、極右政党で再出発するのではないかという見方が強い。実際、総選挙敗北の責任をとる形で辞任を表明した、麻生総裁の後継総裁選出方法を巡ってのゴタゴタが早くも表面化した。本来なら、党再建の道筋をどうするかを議論するのが先のはずなのだが、政策論争より権力闘争に走っていることが、この党のダメさ加減を象徴している。
 前回選挙で、自民党を勝たせすぎるという選択をした有権者は、今回の選挙で、民主党を勝たせすぎるという「極端から極端へ」走る選択をした。メディアは「二大政党制の成果」と喧伝するが、二大政党制がきちんと機能するためには、健全な野党が存在することが前提条件である。政治の感覚が古いか新しいという違いがあるだけで、両党の違いはほとんどないといっていい。民主党は政権移行準備を着々と重ねているが、有権者は従来以上に政権監視をしっかり行わなくてはいけない。自民党もお家騒動をさっさと片付け、共産党がことあるごとに口にする「健全野党」への脱皮を遂げないと、日本の議会制民主主義は、危機的状況に陥ることになるだろう。そういう意味では、自民党の果たすべき責任は、とてつもなく大きいのだが…。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。