貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 「困ったときの若林」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「困ったときの若林」

2009 - 09/09 [Wed] - 10:29

 もう、何もいえねぇ…

 首相指名も「困ったときの若林」 後始末農水相3度

 総選挙で歴史的大敗北を喫して以来、自民党は完全にぶっ壊れている。
 twitterで、ある人がこんなことを言っていた。
 「我々は、同じ『自民党候補』でも、落とす人間を間違えたような気がする」と。
 実際、今回の選挙で無念の涙を流した議員は、比較的まともな議員も多かった。世間から評判が悪い「小泉チルドレン」の中にも、しっかりした識見・政策を持っていた人もいたはずだ。だが有権者は「坊主憎けりゃ」という気持ちで投票に臨み、自民党議員を落選させた。結果として、残った議員は箸にも棒にも筆禍かからない議員、「派閥の領袖」といわれる、欲の皮の突っ張った議員だけが残ってしまった。
 それにしても、選挙後の自民党の混乱ぶりは、目を覆うばかりの惨状だ。麻生が「総裁辞任」を表明したのは選挙後しばらくたってからだった。タイミングも問題だが、それに輪をかけてひどいのが、政治部記者から「派閥領袖」と言われる森・古賀・町村らのきな臭い動きである。選挙後彼らは結託して、自分達の動かしやすい議員を「新総裁」に擁立し、裏側でコントロールしようと画策した。しかしこの動きを察知した若手議員が反発し、党内はグチャグチャの様相を呈するようになった。

 若手議員がこれだけ反発するのだから、地方組織はもっとすごいことになっている。
 地方議員は国会議員と違い、「地元に密着した活動」を指向している人が多いので、政党色は薄く、「自民党公認」をもらったほうが選挙では戦いやすいという程度で、自民党公認をもらっている議員も少なくないらしい。今回の選挙では、滋賀・岩手・山梨の3県が「自民党国会議員ゼロ」の地域になったほか、小選挙区選出の自民党議員がいない自治体が、秋田・福島・新潟など10件にも上る。滋賀にいたっては、「もう自民党の名前では戦えない」といって、自民党所属の県会議員が、そっくりそのまま民主党系会派に合流を決めるなど、強固な結束を誇った地方組織も、内部崩壊が進んでいる。
 先ほど老母と話して気がついたのだが、自民党が勢いを失った最大の原因は、’05年の郵政選挙で離党したもと自民党議員を、なし崩しに復党を認めたからではないか。自民党サイドは、数ほしさに簡単に復党を認めるのではなく、次回選挙まで復党を認めない、あるいは自民党が「郵政改革」についての総括をきちんと行い、かくなる事情で彼らの復党を認めると、公式に発表するべきだった。だが自民党は必要最低限のことすらやらず、過去の義理人情を優先したために「何だ、自民党の体質は何も変わってないじゃないか」というイメージを、有権者に植え付けてしまった。
 16日に「首班指名」が行われるが、自民党の総裁選はそのあとに行われるために「候補不在」という、まことにみっともない事態になった。前任者の任期が残っているというのがその理由だが、その人物は選挙の結果が出たあとで、さっさと辞意を表明するべきだった。何の未練もなくスパッと辞めていたら、彼のイメージはだいぶ変わっていたはずだ。
 今回の決定は「白紙投票はイヤだ」という、まことにみっともない理由によるものだが、将来党総裁になる可能性がない人物を、本会議で首班指名するのは、まともな感覚を持っている人間から見たら、やっぱり奇っ怪である。自民党の認識のずれは、もはや度し難いレベルにきている。「右から左まで、幅広い意見をくみ取って」政策に生かすこの党の持ち味は、派閥崩壊・小泉政権誕生で消え去り、あとには利権あさりしか能がない派閥ボスだけが残った。
 連立与党として、10年にわたりパートナーを組んできた公明党は、選挙後にさっさと執行部を交代し、けじめをつけた。それが本来の公党のあるべき姿である。自民党は、政党として基本中の基本すら忘れてしまったらしい。やっぱりこの政党は、消えてなくなるべきだ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。