貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 政治 > 針路間違えぬよう…  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

針路間違えぬよう…

2009 - 09/16 [Wed] - 10:22

 最後の最後まで「空気」を読めない人だったな…

 鳩山氏に『針路間違えぬよう』 政権引き継ぎで会談

 選挙以来20日あまり経過し、やっと総理大臣と「次期総理大臣」の面会が実現した。
 選挙の結果が結果とはいえ、特別国会で鳩山が「首班」を受けるまで、日本の最高権力者は麻生なのだから、それなりに仕事をする義務があるはずなのに、彼が首相としての職責を果たしていたという話はとんと聞かない。あげく、記事冒頭の発言である。
 「日本の針路を間違えないように」だってさ。笑っちゃうよね。
 自分は国会の解散時期を間違え、今頃になって
 「昨年の秋に解散してしたら、ここまで負けることはなかった」
なんて泣き言を言っている。あ~見苦しい。
 麻生と言えば,ネット上では「麻生氏の口の悪さを楽しむ」なんてコミュがあるくらい数々の暴言で有名だったが、これまでの暴言が知性に裏付けられたものではなく、「詳細」を「ようさい」と読んだりするなど、頭の漢字読み間違いに代表されるように、この男は「ただのバカ」だと言うことがばれてしまった。にもかかわらず「オタクに人気がある」というばかげた理由で,この男を自民党総裁選挙で推薦・投票した連中の罪は重い。今度の自民党総裁選は、麻生を選んで自民党を壊滅的な状況に追い込んだ執行部の総括も求められるはずなのだが、自民党内からはその声は上がってこない。我が身がかわいくて、そんな問題には触れたくないってか?

 鳩山は、麻生の「針路云々」と言うセリフを、どんな思いで受け止めたのか?
 表情には出さないだろうけど,心中では
 「おまえらのせいで、日本はめちゃくちゃになった。後始末をするこっちの身にもなってみろ!」
と、怒り心頭だっただろう。というか、そのくらい思ってくれなくちゃ困る。
 今世紀になってからの自民党は、自らだけでなく「国民生活」もぶっ壊した。
 「痛みに耐えろ」と言ったけど、痛みに耐え切れずに自殺する人間が,毎年30,000人以上を超える社会を生み出した。
 「米百俵の精神」と言ったけど、ほとんどの日本国民が持っていた「中流意識」幻想を奪い、富裕層と貧困層との格差を、絶望的に広げた。
 「金持ちが頑張って消費すればパイは広がる」と言ったけれど、パイが広がらない限り売り上げが上がらないのは、経済学では常識だ。倒産件数が減らないのも、売り上げが広がらないからだ。
 そんな自民党の「負の遺産」を改めるのが民主党である。
 いったい何年かかるのか、国民はいつまで待ってくれるのか、現時点では未知数だ。
 だが有権者の多くが「政権交代する」という民意を示した以上、民主党はその負託に応えなくてはいけない。
 万民が納得できる政策を示せるとは、有権者の誰もが思っていない。政治とは「その時点で、どちらがよりましか」を選択するものだからだ。
 少しでもいい。ちょっとでもいい。
 「政権交代して、本当によかった」と思える政治を、民主党はやって欲しい。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。