貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 職場 > 中で働くのに灼熱地獄  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中で働くのに灼熱地獄

2008 - 07/06 [Sun] - 23:58

 私の職場は、世間一般で言うところの「流通業界」と言われているところ。毎日倉庫内で、通信販売でお客様が購入された商品を、個人顧客向けにパッケージする仕事を担当している。商品は自動システムでボンボン流れてくるので、手早くやらないといけない。リーダーや社員からは「早くしろ」と始終急きたてられているので、いつもストレスをためている。
 これで環境が良ければまだ救われるのだが、環境も最悪だから目も当てられない…

 勤務先の建物は大きな倉庫だが、壁できちんと区切られていない。つまり、大きなスペースに仮ごしらえの区切りだけを入だけだ。大きな倉庫だから、荷物の異動は当たり前で、その旅に内部はホコリがもうもうと立ち上がる。呼吸器の弱い人間には最悪の環境だが、実際リーダーの一人は、職場で何回もぜんそくを起こしている。
 暑さもひどい。夏は冷房が入るとはいえ、機械が出す熱と内部構造のせいで効果はあってないようなもの。外部の気温よりもまだ高いという、洒落にならない事態になっている。夏になると脱水症状で倒れるパートさんも、毎年何人か出る。職場の機械はコンピューター制御されているが、実は機械の最大の敵は暑さとホコリ。実際、気温上昇に比例して機械トラブルも増える。パート仲間は「うちは人間の代わりに機械がストをしている」と自嘲気味にぼやくが、会社側は外部訪問者に「うちは最新鋭のシステムを導入している」と喧伝しているから笑っちゃう。会社の言う通り、最新鋭のシステムだったら、そんなにストを起こさないだろうに。
 こんな職場だから、いつまでたっても若い人が定着しない。私がそこにいるのは、家から近いということもあるのだが、そこしか働くところがないというのが本当のところである。 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。