貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> メディア > 命のコンサート・2  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命のコンサート・2

2009 - 11/26 [Thu] - 23:36

 昨日掲載したコンサートの模様に引き続いて行われた立松和平氏広河隆一・DAYS JAPAN編集長の講演の要旨を掲載します。自分のメモをもとにしているので、間違いがあるかも知れないということをあらかじめお断りしておきます。理解しやすいように言葉を補っているので、結果的に当日の発言と表現が違っているかも知れませんが、おおよそこういう事を言っていたのだと理解していただければ幸いです。

 立松和平氏
 番組のレポーターの仕事でベイルートに行ったことがある。当時はパレスチナ紛争が一番激しかった時代で、ベイルートは真っ二つに別れていて都市は機能はなくなり、廃墟と化していた、突然市街戦になるので、停戦ライン上をあちこち逃げ回るが、オロオロしてどうしたらいいのかわからない。その様子を見て兵士達からからかわれていたが、ミサイル攻撃を受け、その航跡を見た時は、さすがにからかっていた兵士も伏せた。その時の広河氏は、私が打たれる瞬間を狙ってカメラを構えていた。ひどいなと思ったけれど、そのくらいの冷酷さがなければフォトジャーナリストはできない。
 現地では前線基地に泊めてもらうが、一番安全なところが司令部。3階、4階といった高いところはは迫撃砲のターゲットになるので、司令部は地下や1階に置かれていることが多い。。広河氏は、柱の陰に寝てしまうが、自分はなかなか寝付けない。それでも彼は落ち着いていて、音がしたら三つ数える。四になれば大丈夫と言うが、自分の都合のいいように数えるので、胆力がないとできない。胆力というのは、腹が据わった力だ。中途半端な功名心ではできない。正義感が強くないと胆力は育たないと実感した。
 DAYSはいい雑誌だ。もともと講談社の雑誌で、広河氏もそのスタッフだったが休刊し、憤慨した。そのことに危機感を持って雑誌を立ち上げた。
 現地に行ったのは全員がフリーだ。何があっても会社は責任を取らないという立場で現地に行った。その時の経験はいろいろ考えさせられた。
 1970年に南極に行った。極地研究所に頼んで連れて行ってもらったのだ。その時は、みられるところだけ見た。南極は人があまり入っていないので、地球環境がわかりやすい。
 我々の抱えている問題は、地球温暖化だ。これは切迫した問題として感じる。20年前の知床はプレハブ住宅一つ分の氷がやってきて、氷は春まで溶けなかったが、最近のそれは海を埋めることはなく、たちまち消えてしまうから、これだけでも地球環境は変わったと感じる。北極も消えて、毎年観測史上を更新している。その下は海、さらにその下は豊かな資源が眠っている。権益を持った国が開発競争をしている。それらの国が石油採掘競争をし、それはすぐさま温暖化に向かうという、パラドックスを感じさせる世界が展開している。

 地球温暖化は簡単に変わるわけではないが、オゾンホールを見つけたのは日本の探検隊で、それはだんだん大きくなっている。サングラスをしないと白内障になる。宇宙空間では防護服を着ないといけないが、それは宇宙に危険な光線が、縦横無尽に走っているからだ。地球は裸でもいきられる場所だが、文明のフロンガスによって塩素かを起こし、それが紫外線をカットするバリアの役目を果たすオゾン層を破壊してしまった。オゾン層を破壊する核心部分がわからないため、今も修復できていない。フロンガス使用禁止条約で、フロンガスの使用は止めているが、年々穴は大きくなっている。
 南極は厚い氷で覆われている。平均1,856m、最大4,000mの氷で覆われているが、地球上の淡水の九割が南極にある。それが溶けたら、海面が50m以上高くなり、人類の滅亡につながる。一直線上に温暖化が進んでいるかしているか諸説ぷんぷんだ。南極は年間3cm雪が積もり、それが凍ってできたのが南極だ。
 南極の氷はウィスキーにいい氷だが、それが溶け出したら塩分が薄くなり、氷が排出するときに海流の駆動力になる。それが薄くなってしまうと海流がなくなるという説がある。海流は熱交換システムの一種であり、それがなくなると極地は熱が失われた状態になり、熱帯地方は灼熱地獄になるといわれる。それに伴い、日本は寒冷化するという研究もある。
 極地研究所は基地を作り、表層を掘って研究することに取りかかった。穴を掘り、どういう環境かを研究している。普通の機械がうまく作動しない、硬い氷だとシャーベット状になり、うまく掘れない。2007年、3、035m以下の氷は水だ、ロシアの基地が同じような状態だった。
 75万年の地球の歴史はおおよそわかったが、わからないことがたくさんある。この200年間は二酸化炭素の量が多い、温暖化の世界に入っている。10万年に1度のすさまじい気候変動が起きている。厳しくなっている状態だが、これは人類にとってチャンスだ。逆境がチャンスになる。地球は生物に試練を与えている。地球に優しくと言う言葉は人間は平気で使うが、地球は人間に優しくない。地球というのはさっぱりわからない。はっきり言えるのは、本来はフィルターがあって殺人光線が届かないということだ。金星は灼熱地獄の星だ。火星は冷たい星だ。だが地球は人類が住むのにふさわしい星だ。奇跡が重なって地球ができた。24時間に換算すると、人間が誕生したのは「行く年来る年」がはじまる頃だといわれる。南極に行って、この地球を守らないでどうするんだということを知った。 

 広河隆一編集長
 まず最初に、チェルノブイリの現場にいったときのことを話す。現場から280km離れた村は消えてしまった。事故の影響でなかったことにされた場所が増え、なくなる前に写真に残したいと思ったが遅かった。どこに村があったかわからないところが多かった。(事故でなくなった場所の墓の写真のスライドを見せながら)わだかまりが残った。森も木が真っ赤になり、土の中に埋められた。それが失われる前の情景が撮影される機会はほとんどない。(本日のゲストである)ナターシャはこの場所のすぐ近くに住んでいて、現場にあった文化会館はフィルムが散らばっていた。保管していた人と連絡が取れ、フィルムに収まっていた人と連絡を取る仕事をしたことがある。写真は生きている人のために撮られる機会が多いが、僕の場合は消えてしまったあとに撮影することが多い。活気づいているときの写真を探すのは難しい。あるのが当たり前だと思っているが、生きていることが普通であることに気がつかないことが多い。
 現場では、想像力を保つのが難しい状態で撮影する。(女の子の写真のスライド)ガンになってしまい、手術しても死んでしまうかも知れない。その子は甲状腺ガンと白血病で、頭の毛がなくなっていた。あなたを記録してチェルノブイリ救援に使いたいとから頑張ろうというと、彼女はハイと言った。どんどん撮っていった。ある時最後に裏切りみたいなことであって、彼女自身が泣き崩れ、シャッターも切れずフィルムも回せなかった。彼女が目の前で倒れてもシャッターが切れなかった。感情移入しすぎて撮れなかったが、もし撮っていたら救援物資がたくさん届いただろう。
 (助からない女の子のスライド)望みがあるときに「この子を撮ってください、他の子が助かる道につなげてください」と頼む親。「チェルノブイリは人災だ」ということを持っていたりする親がいる。撮れなかった女の子は奇跡的に持ち直し、健康になったあとで、この写真を外に出したくないと思うようになった。その写真を見せないのはそのためだ。フォトジャーナリストにとっては基本的なことで、その人が何を言おうと撮るのが仕事だが、その人のためにシャッターを切っていたという気持ちのために撮っている。
 大学を卒業して、すぐに戦場の世界飛び込んだが、この時は何の訓練も受けていなかった。一番大事な写真ほど撮れていないし、発表されいていない。(パレスティナ人を撮影した)この写真は、パレスティナ人が土地を取り上げられ、農民から日雇いに落ちぶれていくことに抗議した時の写真。自分達は誇り高き農民だといってデモをやるが、イスラエル軍は発砲して6人殺された。遺族が「ジャーナリストがいてくれれば、残忍なことをしなかっただろう」といった。だがほとんどのじゃーなりすとは、自分自身も殺されることを恐れて現地に行かない。自分もそうだ。だが本当は死なないように、今起きている現場に立ち会わなければならない。死んだあとでシャッターを切るのは遅い。事件が起きたときに現場に行かなかったことには、いつも負い目を感じている。
 ジャーナリストは銃口を向けられている。銃口を向けられているということは、そこで起きていることを伝える人に向けられているのだと理解したい。ジャーナリストがいなかったら、権力者はどんな乱暴狼藉を働いていたわからない。現場が権力によって封鎖されたら、中に入るのは難しい。現場に入るのはほとんどの場合、事件が終わってから入る時が多い。
 (ガザの様子や戦争によって傷ついた少女のスライド)(戦場から逃げなければよかったのだが)そこから逃げたことをスクラムを組んだらできたこともできず、死ななくてもいい人が死んだこともある。誤爆で死んでいく人々を撮影することについて、殺された子供の親が希望・怒りを持っている場合は、連帯がうまくいく場合が多いが、殺人事件が起きた場所に1時間早く入っていたらどうだったろうと自問自答し、負い目につながる。戦争は隠されて起きるし、荷担する人間だけを登場させるため、人間と人間の尊厳が侵害されるのが戦場だ。戦場で起きていることを伝える人間をもっともっと増えるようにしなければならないが、実際はうまくいっていない。現在のメディアは軍と一体となっているから、戦場で何が起きているかを報道しない。軍といっしょにグループを組んで同じ道を進み、目の前で爆発する爆弾に注目している。
 (祝島のスライド)祝島に建設が計画されている上関原発の建設問題は、山口では地元の大きな事件だが、全国放送ではほとんどやっていないし、地元の声はほとんど届かない。日本の原発も、チェルノブイリクラスの災害が起きたら大都市はほとんど壊滅し、地域は封鎖される。こんなことあり得ないというのも想像力だが、起きたらどうしようというのも想像力だ。チェルノブイリみたいにならないように写真を撮る人もいるだろう。生きていることを記録するのは素晴らしい。我々が生きて、記憶に焼き付け、それを守ることもフォトジャーナリストの大事な仕事だ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。