貧乏人が綴る、以前運営していたHPの日記コンテンツを引き継ぐブログ。

  平和を希求する中年男PSILAのつぶやきのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 看護 > ぼったくり銀行  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼったくり銀行

2008 - 07/12 [Sat] - 12:36

 昨日、振込みのために銀行に言ってきた。
 ガンを患っている父は病院から退院したが、自力で自宅と病院を行き来するほどの体力がないため、通院のときは地元の社会福祉協議会(以下社協)が提供する車両移動サービスを利用している。料金は往復で2,000円ほど。同じ距離でタクシーを利用した場合は、往復で4,000円を超えるから、貧乏人にとっては大助かりである。
 先日、社協から車代の請求書が送付されきた。先月は自宅と病院を2往復したので、料金は4,000円也。同封された案内書には、料金納付方法として、社協指定の銀行口座か、直接手渡しで納付してくれと書いてあったが、直接納付の場合、どうやって納付したらいいのか未記入である。だから、指定口座に料金を納入することにしたのだが…

 いやはや、はらわたが煮えくり返った。
 行内で案内してくれた人は、とても感じのいい人。
 振込自体は機械でできるので、そのこと自体は便利なのだが、怒りを感じたのは、手数料で300円を取られること…

 なんかおかしくないか?

 振込のために訪れたのは、先方の指定口座がある銀行。同じ銀行の他支店や、違う銀行から振り込んだ場合に手数料が発生するのならともかく、同じ銀行の○○支店に口座を持っているところに料金を振り込んだのだ。その場合、手数料免除というのが一般社会の常識だと思うのだが、銀行が言う「常識」は、われわれ世間一般の常識とは違うようだ。
 預金の利子は上げず、なんやかんやといろんな口実を設けて手数料をぼったくる銀行。しかもその銀行は、数年前に経営危機に陥り、政府から多額の税金で支援してもらって、やっと経営を立て直した銀行なのだ。普通だったら、一切の手数料を廃止するというのが道理だと思うのだが、彼らの感覚は世間のそれとはかけ離れている。
 こんな連中に、われわれの血税が投入されたのかと思うと腹が立つ!

 繰り返す!

 なめたことをやってるんじゃねえぞ!
 クソ銀行!!

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カレンダー

プロフィール

PSILA

Author:PSILA
「平和」・「自由」・「平等」を愛する、ワーキングプア階層に属するしがない中年フリーター。
ひょんなことからボランティア精神に目覚め、某NGO主催のクルーズに参加したことがきっかけで「9・11」以降都内近郊で開かれた平和関係イベントに積極的に参加し、その模様をネットに公開するようになる。
このBLOGは、生活苦と闘うワーキング・プア中年男性フリーターの軌跡を綴るものである

最近の記事

カテゴリー

トラックバック

 

コメント

 

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

プラグイン

Powered By イーココロ!
↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い にほんブログ村 政治ブログ 平和へ
にほんブログ村 ブログランキング参加中! あわせて読みたいブログパーツ

ジオターゲティング
FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。